ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

中庭の神樹切られる

ベルリンの気温はただいまマイナス11.5度。ひさしぶりの白銀+晴天を味わっています。

さて、ちょっと遡りますが、新居に越してきて1ヶ月ほどたったある日、中庭の木が切り倒されました。

その切られ方が「切り倒す」という表現では不的確で、バラバラ事件で想像されるような痛々しい切り刻み方だったのです。とはいえ、人間ひとりがこの木にするするとみるみるうちに登りつめ、命綱を適宜吊るしながら、少しずつ丸太状に落としていくというプロセスは、ちょっと見物でした。

f0157115_19232574.jpgこの木は神樹(しんじゅ)という別名を持つニワウルシという落葉高木で、ドイツ語で文字通りGötterbaumというのですが、てっきり住民に神様のように神聖に扱われ親しまれてきた木なのだと勘違いしていました。幹の根元は直径1メートルはあったではないでしょうか。立派なものでした。

前のアパートメントの中庭は、年間管理費がかなり投入されていると住民の間で噂されるのも無理もない感じの手のかけられたガーデニングでした。金の熊の彫刻が門番をしているような表門からも覗けるその庭は、さながら高級住宅といった威圧感を醸していて(ほんとはそんなことないのですが)、ご近所さんによく「あの庭がきれいなところ」と指摘されたものです。それとはまったく雰囲気が違う今度のシンプルな中庭の風景を楽しんでいたのに、この木が切られてしまったのはとても残念です。

この木は病気で、私たちが入居する際には既に切られることが決まっていたのですが、この1ヶ月、キッチンと寝室から見える中庭の中心はこの木だったので、どうにか先延ばしにならないものかとほのかに期待していました。4階の窓をも悠々超えて上へ伸びる枝とそこについた葉が、すっかり中庭の風景となり、対岸(?)の住民との視界を互いに遮る役割も持っていました。今は中庭からは寒々しく対岸が見渡せ、寝室からはプラッテンバウという旧東ドイツ特有の高層プレハブ建築の寒々しい建物が見えることが発覚。

「既に数年前に木が病み出した時に管理者に対処を依頼したのに、それをきかずに結局切られることになってしまった。」7年前から住む住民はこう話していたそうです。彼女はTagesmutterといって自宅で子どもたちを預かる仕事をしていて、木が切られる当日には子どもたちと涙目で現場に立ち会い、切り株をもらって記念に自宅の裏庭に置いてあります。この日中庭で夫が立ち話をしたのがきっかけで、うちの子を預かってもらう話も急浮上したのですが、現行は役所が斡旋するシステムのため、既に申請していた他の希望者で埋まり、この話はおじゃんになってしまいました。まぁ、なにごとも縁ですから仕方がないですね。

管理者は代わりの木を植えるといっていましたが、なんとも寂しい話です。
[PR]
by yumikov | 2009-12-19 21:44 | ベルリン生活のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧