ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:行政/市民参加 ( 12 ) タグの人気記事

私たちの水

f0157115_537038.jpg
明日の日曜日には住民投票があります。

ベルリンの水道公社は1999年より一部が民営化されていますが、その契約に関する完全な情報開示のための法が必要かどうか、その判断が市民に委ねられるようです。Berliner Wassertischという市民団体が中心となって問題に取り組んできた結果が実を結んで契約公開が達成されたものの、どうやら完全に公開されていない疑惑があるようです。51.1パーセントを所有する水道公社に35パーセントだけしか利益がいかないのには、公開されていない密約があるに違いない、という見方です。

一部民営化の後、ベルリンの水道料金は2001年から2010年までの間にぐんぐん上がって約35パーセントも値上がりしました。その理由は水道公社の一部民営化。一部といっても49.9パーセントとほぼ半分です。値上げの一方で、買い取った会社では大幅な人員削減、いくつかの浄水場の閉鎖、など経費節減を進めて利益を上げています。飲料水という人間の最低限の生活基盤となるものを金儲けの対象にし、生活水準の低い市民を追い詰めるのは倫理的に問題がある。Berliner Wassertischの主張からは、このように水道公社の民営化自体に反対する市民運動の結果という見方もできます。

ベルリンでは2005年に住民投票が導入されて、今回で10回目だそうです。最低612,000票が必要ですが、結果はどうなるでしょう。先日紹介したジャンダルメンマルクト広場の木の伐採の問題とは違って、この住民投票ではドイツ国籍でない私は投票権がありません。住民投票にこぎつけるための署名に協力したけれど、あれも無効になったのかな?
[PR]
by yumikov | 2011-02-13 05:39 | 環境のこと

ジャンダルメンマルクト広場改造計画に思うデモクラシー

ベルリン屈指の観光地ともなっているジャンダルメンマルクト広場。その改造計画が持ち上がって早1年。行政担当者と周辺にオフィスや店舗を持つ企業、住民が議論を続けてきました。

当初の改造計画というのは、「ベルリンにエレガントで由緒ある商業的なサロンを」というコンセプトで、DDR時代からある敷石やコンクリートのプレートや段差を取り除き、100本以上あるカエデの木をほとんど切り倒して新しい木を植えなおすというものでした。改造計画全体に反対する人もありましたが、多くはこの「木をほとんど切り倒す」というアイディアに反対しました。計画側としてはこれらの木が視界を遮っているというのが理由でしたが、反対する市民は夏に署名活動を開始して、23,000筆を集めました。この署名の3分の1は住民以外のツーリストによるもので、法的基準を満たせなかったため無効となりましたが、政府は今一度みんなの意見を聞こうと住民アンケートの場を用意したのです。

そして先月1月25日にコンツェルトハウスで住民アンケートが行われました。結果、900人近く中596人がカエデを残すことを選択。州政府はその結果を受けて木は残し、敷石などは改修するという方針に変更しました。

すごいな、と思うのは、法的拘束力はないけれどもみんなの意見を聞こうと行政側がアンケートの場を用意し、拘束力がなくてもその結果をきちんと尊重するということ。さらにすごいと思うのが、この投票には誰もが参加できたということ。ジャンダルメンマルクトはツーリストが立ち寄る場であり、ベルリンの歴史の一片であるのだからベルリン市民だけの問題ではない、という理由で、住民だろうがツーリストだろうが、ドイツ人だろうが外国人だろうが、ジャンダルメンマルクトの改造に関心を持つものなら誰でも参加できたということ。すごいな〜。エジプトで今すごい動きがありますが、このジャンダルメンマルクトの件も民主主義についてあらためて考えさせられる明るいニュースでした。

ちなみに私も参加する気満々でしたが、週末に出かけてベルリンに戻った翌日ですっかり行くのを忘れていました。大事な予定はカレンダーに記入しないとダメな年齢になってきました。。。
[PR]
by yumikov | 2011-02-11 05:50 | 環境のこと

ベルリンに緑の市長誕生か?

レナート・キュナストの出馬が昨日正式に表明されました。次期選挙でベルリンに緑の党の市長が誕生する可能性大です。
f0157115_2246208.jpg

今日の南ドイツ新聞には彼女のバックグラウンドなどが詳しく紹介されています。写真を見ると襟を立てちゃって「やってやろうじゃないのよ〜」といった風に見えますが(笑)、彼女は大体いつもこんな感じ。革ジャンにジーンズ、短いブロンドを逆だてた髪型は表情と相まってちょっと威嚇しているかのように見えますが、彼女のような人、私は結構好きです。(彼女が男勝りに育ったエピソードなども新聞では紹介されてます。)一度パネルディスカッションで見たことがあるのですが、いつでもどこでもキリッとして、辛辣にユーモアまじえてはっきり意見するところなんて、なんとも気持ちがいい。かつて消費者保護・食料・農業大臣としてドイツの有機農業の敷地面積を10年で20パーセントに引き上げるぞ!と意欲的な目標を打ち出したことなど記憶しています。(これは本当に意欲目標でしたが・・・)

ベルリンに本当に緑の市長が誕生すれば、これはすごいことです。これまでにもフライブルク市などで緑の党の市長は誕生していますが、州レベルではまだ前例がありません。ベルリンは単独で州扱いになる特別市のため、州レベルで緑の党が第1党に立つことになります。それに首都ベルリンの首長が緑の党なんて先行きがいいじゃありませんか!

次期選挙は2011年9月。がんばれレナート・キュナスト!
もっとグリーンなベルリンを見てみたい。
[PR]
by yumikov | 2010-11-06 22:53 | 環境のこと

持続可能性戦略に市民の声を反映しよう〜サステナビリティ・ダイアローグ

ESD-Jの地域ブログに投稿した記事ですがわたしのブログにも残しておきます。

ドイツ政府は2002年に作成した持続可能性戦略の内容の精査を定期的に行っていますが、市民の声を集めるために今回導入されたのがサステナビリティ・ダイアローグ(Nachhaltigkeit Dialog)です。
f0157115_322926.jpg
これはウェブサイト上で市民が気軽に自分の声を上げることができるしくみで、出たアイディアに対して市民同士が意見を交わすこともでき、オンライン上で対話できるという仕掛け。このオープンで民主的な市民対話のしくみは市民予算制度でもよく取り入れられています。

サステナビリティ・ダイアローグ(Nachhaltigkeit Dialog)のサイト(ドイツ語)
http://www.dialog-nachhaltigkeit.de/

サステナビリティ・ダイアローグは9月27日スタート。11月14日まで続きます。今回の声は2012年初頭に発行される進捗報告書に反映される予定です。


冬に環境省が企画したMitreden-Uというオンライン市民環境対話がありましたが今度はその拡大版でしょうか?
[PR]
by yumikov | 2010-09-09 03:24 | 環境のこと

環境モデル都市 梼原町

四国ネタがもう少々続きます。

前回の風車が建っているのは高知県の梼原町というところです。ゆすはら町と読みます。梼原町は政府から環境モデル都市として選定されています。環境モデル都市は全国に13あるそうですよ。

この梼原町の環境モデル都市アクションプランの冒頭にある「ゆすはら発、森の資源が循環する 公民協働の“生きものに優しい低炭素なまちづくり“ 宣言」を、以下引用にてご紹介します。

我が町は、2050年に二酸化炭素量の吸収と排出比率において、吸収量が排出量を大幅に上回る山村社会として「森の資源が循環する公民協働の“生きものに優しい低炭素社会”」を目標として、次の宣言を行い、その実現に取組みます。

1.私たちは、良好な生物生存環境が維持され清浄なる「空気と水」を生み続ける「資源循環型の生活様式で成り立った低炭素社会」をつくります。
1.私たちは、「地球は、将来世代からの借り物であり、将来世代が安心して暮らせるか否かは、我々の行動にかかっている。」という認識を忘れることなく、自然の生態系に配慮した「資源循環と地域活力の持続とが調和した低炭素社会」をつくります。
1.私たちは、「エネルギーの構造変革と地域内自給により、自立する地域社会としての低炭素社会」をつくります。

f0157115_0165643.jpg
梼原町は四万十川の源流地域の山あいに位置し、森林の豊かな地域です。町の面積の9割が森林で、おもな産業は建設業と林業。ですから林業を活性化させ、森林資源を建設にもっと活用するというのはとっても理にかなったことです。

行き届いていない人工森の手入れを強化してCO2排出のオフセットに充てるために様々な対策が出されています。間伐の促進、FSC認証林の拡大、農家の温室を暖めるための熱生産用ボイラーへ木質ペレットを導入、家庭への木質ペレットストーブの導入助成などに取り組んでいます。それから、例の2基ある風車を使って発電し売電して得た利益は環境基金として環境事業にあてたり、家庭への太陽光温水器やソーラーパネル設置の助成、川の流れを生かした小型水力発電、棚田のオーナー制度や景観保全などもやっています。

木質バイオマスやCO2森林吸収など数値に現れる部分ももちろん大切ですが、私がいいなと思ったのが人づくり・仕組みづくりのところ。森林を地域の目玉産業として観光客や住民など人を呼び寄せよう、林業における雇用を確保・安定させよう、木造住宅を見直して地元民の健康にも役立てようと、大学との連携をはかったり、森林セラピービジネスの導入や森林インストラクター等の指導者の育成も行っています。
f0157115_0141314.jpg
梼原町の人口は2005年時点で4600人程度。住民の3人に一人がお年寄りという典型的な少子高齢化地域です。減少の一途をたどる人口ですが、環境モデル都市アクションプランではこれを4000人に保とうという構想を持っています。単純に考えれば、目標が現状を下回っているなんて・・・と思ってしまいますが、これは実際は大変なことなのでしょうね。

住民の移動手段はもっぱら自家用車です。公共交通を拡充しようということにはなっておらず、電気自動車への転換やBDF製造があがっていることからすると、車利用を減らすこと自体は土地柄現実的ではないのでしょう。

ここのところ書き綴ってきた四国の旅の振り返りも今回でとりあえず終了です。当初は梼原町にも泊まる予定だったのですが、天候の関係で予定を変更。四国カルストにちょっと立ち寄るのみでした。森林セラピーロードというのもちょっと気になっていたのですが。四国はまたゆっくり訪れることにしようと思っています。

森林経営について私は詳しくないのですが、ドイツとくらべて豊かだなぁと感じた四国の山。樹種が多いのでしょうか?春にはあちこち桜が咲いていて、山の色が一様に緑でなく黄緑や黄色、桜色と色彩豊かに見えたのでした。この豊かさをぜひ守ってほしいものです。
f0157115_3301148.jpg

[PR]
by yumikov | 2010-09-03 03:30 | 環境のこと

壁にぶつかった?地元の市民予算制度

このところ市民予算制度の話題が続いていますが、さて、地元フリードリヒスハイン=クロイツベルク地区の市民予算はどうなっているでしょうか。

今年の集会の日時が決まり、ローカル紙に載りました。
f0157115_19372696.jpg
12月に集会が予定されていましたが間際になって延期されたのです。延期の経緯には、州政府との関連で予算がまだ確定していないということがあったようです。今度の集会では2010年へ向けた提案のうちの何が実現するかということが話される予定です。これについては、満足に議論できておらず、特にコストがかかる提案については実現ができないというのが現状のようです。

2009年には80万ユーロが市民予算のために費やされましたが、2010年はゼロ。。。それでも、市民の意見は聞こうということで、2011年への提案募集は行います。提案募集は、これまでどおり郵便、電話、FAX、投書、メールです。他の自治体で盛んになってきているオンラインでのやりとりなどの話はまだ出てきません。

ということで、フリードリヒスハイン=クロイツベルク地区の市民予算、なかなか苦戦しているようです。こうなると、予算についての提案はもとより、制度構築のための提案が必要だろうな。(ロゴもなんだかかっこ悪いし・・・!?)両地区に住む皆さんはせっかくの機会ですから、まず集会に参加して行政の人や他の市民と街づくりについて話してみてください!
[PR]
by yumikov | 2010-01-21 19:41 | ベルリン生活のこと

オンライン対話が売り!ケルンの市民予算

"Deine Stadt, Dein Geld(あなたの街、あなたのお金)"をモットーとした市民予算制度で、ケルンが一躍脚光を浴びています。年末にSüddeutsch Zeitungでも大きく報じていました。
f0157115_0192063.jpg
ケルンの市民予算は2007年にスタートしました。
ケルン市では2年ごとに予算編成を行うので、今回で2度めの市民予算です。

ここの市民予算の一番ユニークな特徴がオンライン対話。出された提案はオンラインで公表され、その提案に対し他の市民は賛否をコメントできるようになっています。提案を出す期間は4週間。出された提案のうち上位100の案が管轄の市の部局で検討、市議会が提案を実施するか廃案にするか決めます。

また、ケルンでは重点分野を設定し、その分野での提案を集めるかたちをとっています。前回の2008/2009年の予算編成時の分野は、道、広場、緑地、スポーツでした。今回の分野は学校/教育、環境保護。

支出を求める提案だけでなく、削減を求める提案も出すことができるのもミソです。

1万人以上の市民がオンライン登録し、教育と学校のテーマで396、環境保護のテーマで465の提案が出されたそうです。インターネットの活用で注目を浴びているケルン市の市民予算制度。手紙や電話での参加も可能にしているけれど、8割以上がオンライン参加だそう。

明後日からはベルリンで市民予算制度モデルに関する国際会議が開かれます。不況の影響もあってこのしくみに注目する自治体がいよいよ増えているようです。
[PR]
by yumikov | 2010-01-19 00:21 | ベルリン生活のこと

ベルリンの市民予算の話を聞く

f0157115_2321592.jpg
大阪から行政の方が視察にみえるということで、先日、リヒテンベルク地区とマールツァーン=ヘラースドルフ地区の市民予算制度の視察に同行させていただきました。

初日、マールツァーン=ヘラースドルフ地区の区役所を訪れました。区長のダグマー・ポーレさんと、市民予算の行政担当の女性、そして市民の有志代表である男性とアシスタントという豪華なお出迎えです。

まずポーレ区長が地区の概要を説明。この地区はベルリン市の旧東ドイツ側にあり、北と東はブランデンブルク州に接しています。2001年に2つの地区が合併してできた新しい地区です。70年にプラッテンバウというコンクリート建築の住宅がたくさん建てられたことで、住民数が急増したそうです。住民の3分の2はプラッテンバウに住んでいるそうです。

f0157115_22425951.jpg市民代表の男性は、完成間近のポータルサイトを紹介してくださいました。ここでは、市民から上げられた提案ひとつひとつへの対応状況が確認できます。この地区では、出された提案をカテゴリー分け(ABC)して、優先順位を決めます。内容の充実具合に感心してしまいました。

翌日は、この制度の先駆けであるリヒテンベルク地区を訪問。日頃の行動範囲をちょっと出たくらいの場所なんですが、街の風景ががらりと変わってしまいます。こちらもエムリッヒ区長が直々に対応してくださいました。この日は子どもを預ける目処が立たずベビーカーで訪問したのですが、熊のぬいぐるみ(冒頭写真)で歓待してくださいました。(ベルリンといえばベアー)子連れでも首長さんのところへ出向いてしまえっ!と思える気風がドイツのありがたいところのひとつです。

この日の訪問時間は短く、質問事項に答えていただくかたちでダイジェストで話を伺いました。さすがはリヒテンベルク地区、毎年の市民予算の結果を立派なパンフレットにまとめてあり、細かい数字も公表しています。ウェブサイトを見ても、海外からの市民予算制度視察が多いようです。これからじっくり資料を読み込んでいきたいと思います。

f0157115_2243377.gifリヒテンベルク地区にもポータルサイトがあり、こちらのトップページにずらっと並んでいるのが、住民からの提案のひとつひとつです。



大阪市の方の関心は当然、どうやってその市民予算に当てる予算を捻出するのかということ、行政内部でどうやって制度化の理解を得られるか、ということでした。「導入の際に職員から反発はなかったのか?」とエムリッヒ区長に質問すると、「そりゃあったけれども、こういうのは誰かが始めないと動かないんだから、私がトップダウンで導入したのよ」。かーっこいい!ちなみに、導入当時はもちろん仕事が増えるので職員は乗り気でなかったけれど、今は職員もこの制度を楽しんでいるとのこと。

今回訪問したどちらの区長さんも偶然女性でした。両地区とも政治的には左が強いところで、両首長とも左翼党(DIE LINKE)です。

どちらの地区についても、正直なところこれまで私はあまりよい印象を持っていませんでした。柄の悪い子どもたちや、歩きタバコ、昼間からの飲酒、この地区で目にするのはそういったネガティブな光景が多いからです。高層コンクリート建築が濫立する様子はちょっと薄気味悪く、ネオナチが多いということもよく言われます。先日の新聞でも負債を抱える人口の割合が高いと読みました。

ですが、今回の訪問では、両地区ともに特に若い住民層の関心を区政に積極的に取り入れ、将来の街作りの基盤を固めようとしている姿勢が見られました。言葉にしてしまうとどこの地方自治体でも当然目標として掲げているような理想でしょうが、両地区ともそれをこの市民予算制度を通じて具体的に実現しようとしていると言ってよいと思います。また、トップダウンで制度を導入したとしても、最終的にイニシアチブをとっているのはどの地区でも市民の有志ですから、必ずしも行政主導とも言えません。

そして、フリードリヒスハイン=クロイツベルク地区の市民予算はまだまだ発展途上だなぁということを確認しました。2011年度の予算編成についての会合は12月前後に開かれる予定でしたが、それが延期されたことを先日地元新聞で読みました。自分の住む街の市民予算制度、今後の動きも追っていきたいと思います。

コペンハーゲンの気候会議は予想以上にひどい結果でグローバルな政治は絶望一色といったところですが、ローカルな政治は目に見えやすいし影響を与えやすいという点ではかなりオモシロイ。もちろん長期的に、グローバルに考えるのを諦めてはなりませんが。
[PR]
by yumikov | 2009-12-29 20:49 | ベルリン生活のこと

市民予算が実現!

以前ご紹介した我がフリードリヒスハイン・クロイツベルク地区の市民予算制度ですが、市民の希望を反映して2009年の予算を追加配分することになりました。

過去の投稿 『税金の使い方に市民が関与~市民予算スタート
過去の投稿 『市民予算(BürgerInnenhaushalt)のその後

Berliner AbendblattやDie Tageszeitungによれば、2008年の黒字分83万ユーロ(1億円以上!)を来年にまわすとのことで、うち半分以上が緑地の整備と音楽スクールの提供内容の充実にあてられます。
ほかには、子供向けプログラムや図書館蔵書の充実。いずれも市民の要望の高さを反映したもの。自分が票を入れた要望(緑地整備)もとりあげられた感じがしてやはり嬉しいです!

ベルリンには、この市民予算制度をなんらかのかたちで導入している地区は他にもありますが、実際に市民の希望を反映して予算化までこぎつけたのは、リヒテンベルク地区に引き続いて2番目だそう。

次回からは会合だけでなく、郵便や電話、インターネットでも参加できるようになり便利になります。前回は市民への告知が足りなかったとの反省もあるようですが、形式だけでなく市民の間でももっと動きがでればいいなと思います。(前回、市民の有志でメーリングリストを作りましたが最初の挨拶で終わった・・・)

Die Tageszeitungの記事
[PR]
by yumikov | 2008-11-02 20:46 | ベルリン生活のこと

60対40~ベルリン初の住民投票

今日4月27日、ベルリンで初めての住民投票が行われました。
問われたのは、テンペルホフ空港を存続させたいかどうか
街中にはこのところ廃止派、存続派のポスターや広告が張り巡らせられ賑やかでした。

ベルリンにはテーゲル、テンペルホフ、シェーネフェルトと3つ空港があります。
シェーネフェルト空港を拡張することによってこの3つの空港を統合することを市が決定しており、10月末にはテンペルホフ空港は閉鎖されることになっています。
f0157115_6451191.jpg
これに対して市民の反対運動が起こり、署名によって住民投票が行われるということになりました。

1時間前に出た結果によると、60対40でなんと存続派が多数

単純に考えれば、ベルリン市内に空港が3つある必要はありません。
なぜ存続派の市民が存在するかというと、、冷戦が激化して起こったベルリン封鎖(1948~1949年)で西ベルリンへの交通が遮断された際に、アメリカなどからこのテンペルホフ空港に空輸で物資が届けられたという歴史があるためです。詳しくはこちら

BUNDベルリンやNABUなどの環境保護団体は廃止派でした。
街の中心部にあることで騒音の問題があるし、350ヘクタールもの土地が市街地にあれば新しい住宅地やスポーツ施設や緑地などにあてることができます。
また、この空港は滑走路が短く、大型機が利用できない→つまり国内移動のためなどの小型機専門の空港と化していて利用者が少ない上に、一部の特権階級にしかメリットはないのです。そのために空港の維持には税金があてられているなんて無駄だというのです。

投票したうちの60%は存続派でしたが、では今後どうなるのでしょう?
もともと廃止する方向で決まっていることだったので、投票に積極的に足を運ぶ人には存続派の人が多いわけで、有権者の4分の1以上が存続に「賛成」して初めて効力を持つものでした。が、ふたを開けてみれば21.7パーセント。届かずじまいで「市民の声」にはならず、存続派の最後の頼みの綱は断ち切られました。
そもそもこの住民投票には法的拘束力はなく、廃止延長にもちこめるかどうかをかけたもので、ベルリン市長は投票結果にかかわらず廃止する姿勢でしたので。

驚いたのが投票率の低さと、私の周囲の人間の関心の低さ。(投票率は35パーセントほどでした。)ベルリン出身者が少ないからかもしれませんが、「あと40年もしたらどのみち西ベルリンの人間もいなくなるわけだから・・・」という声も。確かに、近所の投票所にも出入りする人の年齢層も高かったようでした。
私は自分が住んでる街のことならなんでも関心あるけどなぁ。。。

個人的にはもちろん廃止派!でした。近距離移動のために飛行機を利用すること自体No!だし、税金にはほかにいくらでも使いみちがあります。空港としての機能を失っても、ターミナルは建造物として歴史を伝える博物館などとして残し、敷地は過去ではなくこれからを生きる市民のために使って欲しいものです。
f0157115_17173760.jpg
Platz der Luftbrücke駅から臨むベルリンへの架橋の記念碑



環境関連のブログランキングに参加しています↓よかったらクリックしていってください♪
にほんブログ村 環境ブログへ
FC2 Blog Rankingエコロジーランキング

[PR]
by yumikov | 2008-04-28 07:09 | ベルリン生活のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧