ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:自然体験/動物 ( 15 ) タグの人気記事

スコットランドで夏休み(大自然編)

f0157115_22463983.jpg
幼稚園の夏休みに合わせて休暇に出かけてきました。今年はここスコットランド。
f0157115_2248253.jpg
上は岩山の上に立つエディンバラ城とカールトンの丘からの街並みですが、今回は街はあまり出歩かず、ほぼ大自然の中で過ごしました。
f0157115_22504033.jpg
ラムサール条約に登録されるローモンド湖とそこに浮かぶ島々を眺めながら山歩き。一帯は国立公園に指定されています。顔の黒い羊たちがそこここで草をはんでいました。
f0157115_225119100.jpg
グレンコーの谷では2泊3日でキャンプ。スコットランドはワイルドキャンプが認められているそうなのでそれも魅力的だったのですが、旅の途中ともなると衛生設備は欲しかったのでキャンプ場利用。ロケーション最高です!が、スコットランドでは今年はブヨ(midge)の発生が例年の800倍だとかで、ブヨ予報などがあるくらいだそうですが、防ぎきれずに何ヶ所かやられました。
f0157115_2320327.jpg
f0157115_22515930.jpg
スコットランドではナショナル・トラストに指定されている地域や施設もあちこち見かけ、さすがはナショナル・トラスト発祥の御膝下だなぁと思いました。グレンコーの谷でたまたま遊歩道を見つけ散策。
f0157115_2317895.jpg
f0157115_23173140.jpg
息子もだいぶ自分で山歩きをしてくれましたが、重宝したのがこちら。危ない道、疲れちゃった&寝ちゃった時など、背負うほうはバックパックを背負っての登山同様なので大変ですが(笑)、とっても便利。ボックスハーゲナー広場のフリマでの掘り出し物です。前から欲しかったのですが結構値がはるので渋っていましたが、偶然中古を見つけてラッキー。
f0157115_22524978.jpg
グレンコーのビジターセンターは建物もエコロジー建築で素敵ですが、内容もとても充実しています。これくらいの時間とレベルで眺めのいいスポットを歩きたいなどと言うと、お勧めのルートを詳しく案内してくれます。グリーンツーリズムのゴールド認証を受けているだけのことはあります。スコットランドではグリーンツーリズムに力を入れているようで、この認証マークもホテルの☆並みに目にしました。環境に配慮した運営を行っている観光施設などで認証がもらえ、取り組みに合わせてブロンズ、シルバー、ゴールドとランク分けされています。

ドライブしていると、うわぁこんなところに自転車で!?というサイクリストにたまに出会いました。(あれはドイツ人かもしれない。)ドイツで自転車道に慣れてるほうからすると、自転車道がほぼないのは残念ではあるのですが、そうでなくともスコットランドを自転車でまわるのはアップダウンが多いので結構しんどいだろうと思います。それでも一部の地域ではグリーンツーリズムの一環として自転車道の整備にも力を入れているようでした。(つづく)
[PR]
by yumikov | 2011-08-01 00:16 | ベルリン生活のこと

エルダーフラワーのシロップづくり

今年こそ忘れずにやりたかったことのがエルダーフラワーのシロップづくり。5月頃から公園やあちこちに自生しているこの白い花を咲かせる木がそうです。
f0157115_592980.jpg
f0157115_520622.jpg
これが熱冷ましに効くというので、息子の保育ママから奨められたのが最初。飲んでみると実においしいく、以後我が家では常備品となっています。シロップはスーパーで買えます。

こないだキャンプ帰りにこのエルダー(セイヨウニワトコ)の花を摘んで、水に一昼夜浸しておいたら・・・、とってもかぐわしくおいしい!公園の木はもう実をつけていたけれど、クラインガルテンではまだ花を咲かせていたのでもう一度作りました。儚いものは尊いなぁ。シロップにすれば保存がきくけど、いつかたくさん収穫できたらにしよう。
[PR]
by yumikov | 2011-06-22 05:31 | ベルリン生活のこと

雨のプレンターヴァルト(の入り口)

焼きたてのクロワッサンが今日一日の始まり。夫は着実に腕を上げていて何層にも重なる生地がさっくさく。今日は私がフォカッチャを焼く予定だったのだけれど。。。
f0157115_4262136.jpg
雨の日に森を散策すると、清々しい空気がさらに浄化されて歩いているこちらにまで生命力がみなぎってくる感じがする。この週末は霧雨続き。あんまり散歩向きの天気でもないのだけれど、「環境意識を構成する行動意図がどう行動につながるのか」だとか、「ESDの学びがおきるための制度的な前提条件」だとか、試験勉強のことで頭の中がいっぱいのわたしには新鮮な空気が必要だった。

Es gibt kein schlechtes Wetter, nur schlechte Kleidung(悪い天気というものはない、服装が間違っているだけだ。)とはよく言ったもので、つくづくドイツ人らしいなぁとくすくす笑えてしまう。でもアウトドアの装備が揃ってくると、いかなる状況でも対応できるようになって、雨だろうが雪だろうが大丈夫。子どもだってレインスーツ+長靴で水たまり遊びが大好きだ。
f0157115_4335451.jpg
ドイツではちょっとの雨で傘をさしている人をあまり見ない。ほとんどの人がなぜかフード付きの上着を着ていて、ぱらっと降ってきてもフードをかぶってやり過ごしてしまう。わたしは外出先でかなりの確率で傘をなくしてしまうということもあって、あっという間にこの習慣に慣れた。

トレプトウパークから船着き場沿いに南下していくとそのままプレンターヴァルトの森へ入る。観覧車を遠目に見ながら進んでいくとビアガーデンがあり、このまま進むと森に入って廃墟と化した遊園地跡を脇目に適度な散歩ができる。あれ?こんなところに橋があったっけ?これまで気づかなかっただけだろうけれど、こんな道の先にある橋を渡るとシュプレー川に浮かぶ小島へ着いた。
f0157115_4362544.jpg
車も来ないしとても静かで、子どもが駆けずりまわるには絶好の場。ひとしきり遊んで、結局今日のところは森に入らず引き返しましたとさ。

ブログの更新が滞っていますがわたしは元気です。今はしっかり大学生しています。
[PR]
by yumikov | 2011-02-07 04:55 | ベルリン生活のこと

ナラの木と熊

秋らしく背景画像を変えてみた。
いつだかの足元の葉っぱたち。

私のドイツの姓にはヨーロッパナラを意味することばが入っている。ここが日本なら家紋はきっとナラの葉っぱだろう。そんなことからナラの木に愛着を持ちはじめた。下の写真の若芽がヨーロッパナラ。周りに落ちてる葉もそう。カシワの葉に似たやわらかなぎざぎざの葉。
f0157115_2356610.jpg
ところで、このところ日本でツキノワグマが随分と殺されているらしいことが気になっていた。池田香代子さんのブログで「熊にドングリを」の記事を読んで、日本のナラ枯れ被害のことを知った。何年も前からひどい状況にあるにも関わらずまったく知らなかった。

ナラの木が病死して熊のエサとなるドングリが激減する→
エサを求めてクマが人里に降りてくる→
射殺処分される、ということらしい。

詳しい原因は知らないけれどヨーロッパナラはドイツで最もダメージを受けている樹種だそう。でもクマは困らない。ドイツには動物園以外にクマはいないから。ドイツでは確か100年以上も昔に野生のクマをすべて退治してしまったそう。ドイツワールドカップの年にドイツに迷いこんだ熊ブルーノが射殺された話を今泉みね子さんが書いていた。うちの近所の公園にあるクマの像には「憐れなブルーノ」といたずら書きされている。ベルリンに越してきたばかりの頃発見して思わず苦笑したのを思い出した。

秋になってから息子はポケットにどんぐりやら栃の実などを詰めてよく帰宅する。預け先のクリスティーナが丘のある公園に連れてゆき落ち葉や木の実を拾って遊ぶからだ。

私は田舎育ちとはいえ平野の田園地帯だったので山や森のことはまったく知らずに育ってしまった。自然のなかに出かけるときはポケット図鑑を持っていこうと思っているのについ忘れてしまう。「ママー、あの木はなんて名前?」「どうして病気なの?」なんて質問を息子に浴びせられる前に勉強しなきゃ。
[PR]
by yumikov | 2010-11-03 00:53 | 環境のこと

ベルリンの森

葉が色づいた今は森を散歩するのに絶好の季節。
トレプトウパークの脇から入るプレンターヴァルトのさびれた趣きも好きだし、グルーネヴァルトの山歩き気分も楽しい。今日はバルニム自然公園を自転車で走ってきた。

こないだは『ベルリンの秋』に登場するカールスホルストの森を散策。駅を降りて歩き出すとすぐに競馬場が見えてきた。競馬と言っても繋駕(きょうが)レースという2輪馬車に乗って競うものだそう。ヨーロッパではこのスタイルが人気だとか。へぇ〜、知らなかった。
f0157115_6375513.jpg
散歩していると秋の風物詩である凧揚げをする大人たちにたくさん出会った。息子はサイズアップした赤い長靴をはいて、でこぼこ道を自分の足でよく歩いた。落ち葉をばらまいて大はしゃぎ。
f0157115_75313.jpg
ベルリンの約18パーセントが森だという。面積にして2万9,000ヘクタール。第二次世界大戦で少なくとも5,000ヘクタールの森が消失したが、その後アカマツが植えられた。ブランデンブルク州のほうが森林の面積が少ないという事実には驚く。

樹種別に見てみると、一番多いのがアカマツ(Kiefer)で68パーセントを占める。続いてナラ(Eiche)、ヨーロッパブナ(Rotbuche)、白樺(Birke)、ハンノキ(Erle)の順。ベルリンの森は氷河期に形成された地形の影響で、栄養の少なく保水力の弱い砂地が多い。そのためその条件下で成長できるアカマツやブナ、白樺などが多いのだそう。

葉が落ちる前にもう少し森へ出かけよう。
[PR]
by yumikov | 2010-11-01 07:07 | 環境のこと

エコロジーキャンプ場とはなんぞや?

一時帰国をするたびに、ついでに(日本)国内旅行をすることにしている。こないだの春の訪問先は四国。旅のハイライトは「子連れキャンプ」だった。

当初、四万十川流域を予定していたのだが、高知県の南西の端の海岸沿いにエコロジーキャンプ場なるものを見つけ、そこに決めた。なぜここがエコロジーキャンプ場なのか?それはまず国立公園内という自然環境にあるからでしょう。日本各地にいくつかエコキャンプ場があるが、統一のガイドラインのようなものがあるかというとそういうわけではなく、各キャンプ場が独自にそう名乗っているようだ。
f0157115_531471.jpg
四国ではあいにく嵐のような天候にぶつかり、急遽、キャンプ場と経営の同じ海沿いのホテルに部屋をとり、天気が回復しないため連泊した。子連れで装備も不十分となると無理もできない。写真はホテルからの眺め(出発日)。撮影場所から海まで下ったところがキャンプ場。このエコロジーキャンプ場のロケーションはすばらしいし、四国には無料のキャンプ場も多くあることがわかったので、陽気の安定するような時期にリベンジしたい。

ヨーロッパにはエコキャンプ場の認定制度があり一定のガイドラインがある。近々訪れる予定なのでいずれ詳しく紹介しようと思う。キャンプ前には遠足前夜のようなわくわく感がある。晴れるといいな。
[PR]
by yumikov | 2010-07-30 05:36 | 環境のこと

ベルリン産のリースリング

ビールの次はワインの話題。
f0157115_2285685.jpg
フライブルクでは土地のバーデンワインをよく飲んでいた。ベルリンで少しさみしいのは地ワインがないということ。ところが先日ベルリン産のワインを飲む機会があった。フォルクスパーク・プレンツラウアーベルクの脇にある葡萄園で収穫されたリースリングで作ったワインで、爽やかながらも酸味が強すぎずおいしかった。初めての収穫で400本の木から200本ほどのワインができたという。これらは趣味で作っているもので残念ながら市販されていない。こじんまりとした葡萄畑で特に高台にあるわけでも傾斜地にあるわけでもない。

場所は移ってこちらはプレンツラウアーベルクの給水塔。ベルリンではあちこちに給水塔が建っているが、この美しい給水塔がベルリンに一番古くから存在するもの。
f0157115_2214731.jpg
給水塔のあたりから北側はバルニム高地という氷河期に作られたプレートからなる地形で、葡萄作りに適した砂地になっている。そのため以前はあたり一面に葡萄畑が広がっていたという。ベルリンでのワイン作りは500年以上も昔に始まっていた。給水塔のあたりの土地は17世紀にフランクフルトオーダー付近の村からベルリンに移り財をなした大地主ヴォランク一族のもので、1800年当時はこちらの風景画のように北はエバースヴァルデあたりまで一面に葡萄畑が広がり、風車のある牧歌的な光景だった。Sバーンのプレンツラウアーアレー駅付近のプラネタリウムのところにも昔は風車がたっていたという。
f0157115_22222881.jpg
© www.ansichtskarten-pankow.de
f0157115_22344167.jpg
© www.ansichtskarten-pankow.de

現在のトア通りは昔はヴォランク通りという名前だった。確かにトア通りから北側は自転車で移動すると勾配があり徐々に高くなっていくのが感じられる。トア通りから北、カスターニエンアレーの手前は葡萄畑の道(Weinbergsweg)という。ほんとうに一昔前まで上のような葡萄畑があったとは想像しがたい。道沿いの公園Volkspark am Weinbergswegには葡萄畑を復元しようというプロジェクトが2008年から始まり葡萄の木が植えられたそう。クロイツベルクなどでもワイン作りが行われているらしい。こうしてベルリン産ワインが少しずつ復活していくのかもしれない。

ちなみに、これらは「都市の自然の長い一日(Langer Tag der Stadtnatur)」というイベントの一環で6月に訪問したもの。毎年この時期に開かれ、その週末は街の至るところでテーマに関するガイドツアーなどが行われる。自然農法の福岡正信さん式畑作りがベルリンで行われていると知りそれにも参加してみた。ミッテ地区のど真ん中に、農薬&肥料はもちろんなし、草取りもせず水やりも気が向いたときだけという日本発の自然農のほったらかし農地が広がっていた。
f0157115_22145510.jpg

[PR]
by yumikov | 2010-07-03 22:26 | ベルリン生活のこと

ベルリンのお花見スポット

週末は近所のフォルクスパーク・フリードリヒスハインでお花見があった。
f0157115_20293638.jpg
日本の代表的な桜はソメイヨシノだけれど、ドイツでは八重桜が多いのかな。咲く時期が1ヶ月も違うもので、週末に満開を迎えてちょうど散りだしたところだった。
バーベキューあり、おにぎりあり、唐揚げあり、ケーキあり。友だちの友だちが友だちをよんで、いろんな人が来ていろんな美味しいものを頂いた。

今年は四国で旅の道中山々に咲く満開の桜を見て、代々木公園で若手社会人の環境グループと典型的なお花見をして、ベルリンでもお花見をしてと、桜を満喫した。
f0157115_210756.jpg
f0157115_20394666.jpg
f0157115_20441042.jpg
f0157115_20444711.jpg
ベルリンでも街のあちこちに桜が点在しているけど、まとまって植えられているところはあまりみない。それでも桜に反応してしまうのは日本人。土曜は公園の向こう側のKäthe-Niederkirchner-Straßeで初の桜祭りがあった。来年はマールツァーンのGärten der Weltの日本庭園に見にいくのもいいかもしれない。
[PR]
by yumikov | 2010-05-03 20:55 | ベルリン生活のこと

野外博物館ドメーネ・ダーレム 

f0157115_0612100.jpg
案山子はドイツ語ではフォーゲルショイヒェ(Vogelscheuche)と言うのだそう。晴天の下、農と食をテーマとした野外博物館ドメーネ・ダーレムに行ってみた。

ダーレムと言えばベルリン中心部の南西にある郊外で、ヴィラが立ち並ぶ高級住宅地。電車で30分も行っただけなのにまた違った風景。地下鉄の駅を降りた時点で空気の質が違うのに気がつく。

ここドメーネ・ダーレムは、ベルリンに数多くあった都市農場の最後の砦だったのだそう。他の農場がつぶされて宅地化される中、ここダーレムの農場だけは残そうと市民が立ち上がって現在の野外博物館に至ったという、民主主義の象徴でもある。ドメーネとは「国有地」「領地」「公営の農地」などの意。

ここには有機栽培のBioland認証農場があって、ニワトリや羊などの家畜も飼育されている。田舎生まれの私にはそんなに広大な農地にも映らないし、ここだけが他の田舎から切り取って持ってこられたみたいでなんだか違和感があった。それでも栽培されている野菜などを見るのは楽しい。イチゴの畝の間にタマネギのようなものが植えられているのが目についた。相性がいいのかな?
f0157115_074626.jpg
広場の店ではオーガニックのハーブの苗や種を販売していたので、いくつかベランダ用に買ってみた。先日Biolandの種を注文したばかりだったけれど、品揃えが豊富なのでまた利用したい。土曜にはここの農産物を販売するエコマーケットが開かれているそう。

こうした取り組みが評価されて、ドメーネ・ダーレムはESDの10年のドイツ公認プロジェクトに認定されてもいる。

ところで、野外博物館に入ってすぐの広場にスタンドがたくさん出ていてお祭りでもあるのかと思ったら、今日は「第8回ベルリン焼きソーセージ杯」なるコンテストの日なのだった。妙に賑わっていてどこもかしこもお肉ばかりと思ったらなるほどね。

f0157115_59666.gif最初のスタンドでNeulandのマークが気になって覗いてみたら、お姉さんが「ノイラントって何か知ってる?」って訊いてきた。「環境に配慮して飼育された家畜のお肉に対する認証マークでしょう?」と私。エッヘン、知ってますヨ。正確には環境だけでなく動物自体に配慮した飼育方法だけれど。
フリードリヒスハインに住んでることを伝えると、自宅近くのNeuland肉を取扱うお肉屋さんを紹介してくれて、さらにはNeuland肉のケバブの店まで教えてくれた。う〜ん、エコケバブねぇ。。。とにかく、このNeulandのマークはお肉屋さんやレストランの看板にもよく使われているので、環境にやさしく質の良いお肉を買いたい時の目印にするとよいでしょう。

コンテストでは、チリ・レモンソーセージにチリ・コン・カルネソーセージ、行者にんにくソーセージ、バーベキューソーセージetc、どれもこれも試食させてくれた。極めつけはラベンダーソーセージ。香りも味も確かにラベンダー。。。
[PR]
by yumikov | 2010-04-26 04:55 | 環境のこと

都心で動物とふれあう

晴れ間に雪がちらつきながらも、ベルリンには徐々に春が近づいてきている。このところまた寒の戻りでグーンと寒くなったけれど、日差しができるのが何といっても嬉しいところ。

青空がみえるといてもたってもいられずに「外へ!」という指令が自分の奥底から出され、ばたばたと出かける準備。

ベルリンの雪がほとんど解けたその日は、朝一で思い立って旧東ベルリンにあるTierparkへ出かけた。年間パスを持っているので、四季を通じてママ友と一緒に、はたまた、ふと気が向いては子供と二人で気軽に足を運んできた。
f0157115_0143524.jpg
前回はゾウやサイ、キリンなどを見てニヤッと笑うだけだった息子も、今回はヒツジを触ったり、ウサギに大喜びしたり、ブタに嫌な顔をしたりと、ぐっと反応するように。

年間パスもぼちぼち切れる。ベルリンの動物園では、出産したばかりのママはマミーカードという年間パスが10ユーロでもらえる。赤ちゃんは遠くにいる動物にはあまり反応を示さないので、どちらかといえばママ向けのサービス(というか広報)ですね。旧西ベルリンのZooもまた然り。こちらはまだ期限が先なので春まで楽しむことにしよう。

ベルリンのあちこちの公園にキッズファームなるものもある。
ヒツジにヤギ、ロバ、イノシシ、アヒル、ウサギなど、餌をやったり気軽に見にいくことができる。無料というのがまた嬉しい。
f0157115_0115775.jpg
都心に住みながらも気軽に動物と触れ合うことができるのは、特に子を持つファミリーにはありがたい。暖かくなったらそろそろ歩き始める息子ともっと自然へ出かけることにしよう。
f0157115_0124580.jpg

[PR]
by yumikov | 2010-03-09 00:18 | ベルリン生活のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧