ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:気候変動 ( 24 ) タグの人気記事

グローバルネット記事『暖房キノコとたばこのいい関係?』

月刊誌『グローバルネット』に連載中の記事、3月号には暖房キノコと呼ばれる屋外用ヒーターを取り上げました。
f0157115_7242847.jpg
===================================================================
(以下、地球・人間環境フォーラム発行の月刊誌『グローバルネット』3月号より転載)

ベルリン発サステナブルライフ考
暖房キノコとたばこのいい関係?
翻訳者 ユミコ・アイクマイヤー


ヨーロッパでの暮らしでカフェは身近な存在で、皆ゆったりと時を過ごしているように見える。とくに人気なのが店外のオープンカフェスペースだ。夏場など外は満席、店内はがらがらということはざらだ。肌寒い季節でもコートを着たまま外に腰かける人も珍しくない。それが何年前からだろうか、カフェやレストランのオープンスペースで長身の円筒型のヒーターを目にするようになった。アルミニウムの反射板が傘となっているその姿から暖房キノコと呼ばれている(写真)。

煌々と火が焚かれるそばに腰を下ろせば、暖をとりながら食事やお茶ができるというわけだ。調べてみると2004年の冷夏の際に人気が急上昇し、2008年までにベルリンだけでも5,000台に増えたといわれる。

喫煙者の健康を守る?ガスヒーター

 暖房キノコの繁殖に拍車をかけたのは禁煙法だ。ドイツでは2007年から州ごとに法を定めて公共の場や飲食店内での喫煙禁止を導入してきた。バーやビアホールでもたばこが吸いたければ外に席を取らざるを得ない。それで冬場の客足を確保するために暖房キノコを導入する店が増えた。禁煙法はEU(欧州連合)全体で導入が進んでおり、フランスやスウェーデンなど他のEU諸国でもこうしたガスヒーターが増えている。

 しかし温暖化対策の観点から規制する都市も増えている。暖房キノコ1台が排出する二酸化炭素(CO2)は、年間最大4t(ガス式で週36時間使用の場合)にのぼるという。テュービンゲンやプフォルツハイムなどでは完全に追放した。しかしシュツットガルトのように逆の展開もある。すでに市街地では規制されていたが、禁煙法導入後に強い反発が起き、20時以降は使用していいことになった。スイスでは連邦議会にかけられたが国レベルでの規制には至らなかった。店外でたばこを吸わざるをえない喫煙者を肺炎から守るためには必要という声もあったというからあきれる。

 しかし、「喫煙者は外、嫌煙者は内」がいいアイデアなのかは疑問だ。喫煙者が外に追いやられていると感じている一方で、嫌煙者にはオープンカフェの外のベストな席を喫煙者が占有しているように見える。メインの部屋とは別に喫煙室を設置することは認められているが、それができない小さな店には外しか残されていない。禁煙法は各州で波紋を呼んでおり、いまだに嫌煙者と喫煙者の共存が議論されている。

行政とメーカーの攻防戦

 現在ベルリンでは気候保全法制定の動きがあり、その枠組みで州レベルでの暖房キノコの禁止が検討されている。しかし法案の調整に時間がかかり、思うように進んでいない。12のうちの5つの区は、しびれを切らして2009年から公道での暖房キノコ規制を独自に開始した。路上での営業には道路法の特別営業許可が適用されるが、暖房キノコは対象外とする。しかし地区ごとに取り締まりが異なるため、効果もばらばらだ。撤去が進んでいる地区もあるが、行政の通告を無視している地域もある。年中旅行者が絶えないため100ユーロ程度の罰金など痛くもかゆくもないようだ。2つの地区での規制を導入しているハンブルクでも同じことが言える。

 禁止から2年が経った現在も、一部のレストランやカフェではあいかわらず暖房キノコを使っている。なんと、よく見ると半数近くが電気式だ。暖房キノコは当初ガス式だったが、メーカーが「環境にやさしい電気式」を出し始めたのだ。現状で規制対象はガス式だけだからである。外壁に固定するタイプの赤外線暖房も登場している。路上に設置するわけではないので将来的にも道路法の規制対象にならないだろうと踏んでのことだ。暖房キノコの名づけ親でベルリンで販売・リース会社を営んでいるミヒャエル・シュルツ氏は規制対策に追われている。同社のWebには「ここはいつでも常夏さ!」のうたい文句が目につく。暖房キノコが1本売れるごとに、木を1本植樹するキャンペーンを開始したのは、規制への反発からとしか思えない。

ニーズを踏まえたサービスを

 飲食店の本音はどうなのだろう? ふたを開けてみれば規制を歓迎している飲食店も少なくない。暖房キノコの維持には当然コストがかかる上、安全管理も必要だ。お客が流れるのを恐れていただけで、近くに暖房キノコを使う店がなければあまり問題はないわけだ。お客の方も本当に外の暖房を必要としているのかは疑問だ。多方面で環境政策が導入されているお国柄、暖房キノコは結構目立つ存在だ。怪訝そうな顔でその脇を通りすぎるのは私だけではない。地元の人に愛される店になるには、もっと長期的な視点で見て別の面でサービスに力を入れるべきだろう。

法的規制か、自主協定か
 
暖房キノコの規制によって、ガスから非効率な電気の熱利用へ切り替わったのは悩ましいことだ。緑の党はこうした状況を受けて、「暖房キノコは毒キノコ」キャンペーンを開始した。ガスだろうが電気だろうが、固定式も可動式も、公道でも私有地でも、いかなる方法であれ外気を暖房するという愚かなこと自体を禁止せよという主張だ。ヒーターの種別で規制してもいたちごっこになるのは経験が証明しているからだ。州政府の気候保全法制定に時間がかかるなら現行のベルリン省エネ法を改正して規制するよう求めている。それができればいいとは思うが、ドイツ全体で暖房キノコが減るわけではない。

 ドイツ連邦環境庁も屋外での暖房使用自体を問題視して、環境負荷をわかりやすくパンフレットにまとめて配布しているが、連邦レベルでの規制に踏み込む様子は今のところない。EUレベルで暖房キノコを法的に規制することも考えられるが、大変な事務作業を伴うため、むしろミュンスターの自主協定のような自主的な放棄が望ましいとしている。

 ミュンスター市はホテル・飲食店組合と協力して、店ごとの自主的な取り組みを呼びかけている。ブランケットを無料配布し、暖房キノコ放棄宣言をしてもらうというものだ。約30店舗が参加しており、卓上にはシロクマの写真の宣言文が並ぶ。これは一人の市民の行動から始まった。映画館を営むトーマス・ベームさんが暖房キノコの設置を検討した際に、これがいかに環境負荷の高いものかを知り、市に暖房キノコの使用禁止を求めるべく住民提案(市議会が特定の事項を取り扱うことを請求する制度)を提出した。提案は退けられたものの、市は啓発キャンペーンを約束した。それが実ったかたちである。

 個人のベランダに暖房キノコを見かけたときにはぎょっとしたものだ。人間の飽くなき欲望のために非効率な方法でエネルギーを無駄にするのがいかに愚かか、それが人間としての自分の尊厳を傷つけるものだとは、外から言われてすぐに気づくことではない。温暖化対策といっても聞く耳は持たないだろう。ケルンでは景観を損ねるという理由から、ニュルンベルクでは店外に喫煙者がたむろするのを防ぐ騒音防止の観点から、暖房キノコが禁止されたそうだ。こうしたアプローチも悪くないのかもしれない。
===================================================================
f0157115_725062.jpg

[PR]
by yumikov | 2011-04-21 07:15 | 環境のこと

ドイツで猛暑対策

ただいまドイツは昼下がり。我が家の温度計は30℃を指しています。
このところほんとにほんとに暑くて、アンチ冷房の私も思わず「クーラーが欲しい・・・」とつぶやきそう。これでも昨晩雷雨がきて少しは涼しくなったんだけれど。8年前に中央ヨーロッパを襲った熱波のときも家にいられないほどの暑さで、毎日のように湖に泳ぎに行っていたことを思い出した。

なんとか頭をクールダウンして家で仕事や勉強ができるように、我が家に欠けてる対策ないかしら?と探してみたら、energieeffizienz – jetzt!キャンペーンなるものを発見。
f0157115_21473187.jpg
さてさて、なにができるかな。

建物の断熱を良くする→ 持ち家でないから×
最新型の窓ガラスにする→ これも持ち家でないから×
壁面の緑化→ ベランダではちょっとやってるけれど、残り部分は他のフロアの人と相談しないといけないだろうし即効性はない。
熱の源となる電気機器をコンセントから抜く→ やってる。
スタンバイモードの回避→ やってる。
陰を作る、陽があたる窓は日中カーテンやブライドを下ろして暖気が入りこまないように→ やってる。
涼しい時間帯に換気、朝晩に徹底的に換気→ やってる。でももっと徹底できるかも。
空気がこもったら扇風機をまわす→ 買おうかなぁ。。。

クーラーなど無くて当たり前だったドイツの家庭。近頃の暑さで簡易的なクーラーが流行ってきている模様。それが大変な電力(=エネルギー)消費型でおまけに効果も少ない非効率型ときてる。気候変動への影響を心配し、環境団体はこうした非効率なタイプのクーラーを市場から排除しようとしています。こんなに安いならっ、て思う人が結構いるのでしょうね。

f0157115_21483043.jpg室内の暖気をホースで窓から排出する??ってどんな代物か気になります。このサイトのイラストみたいなシステムでしょう。ホームセンターとか家電製品店で手頃な値段で買えてしまうようです。いくらエネルギー効率ラベルで最高のAの商品でもエネルギー消費もランニングコストもかさむそうで、冷蔵庫1台に年間かかるのと同じ程度とのこと。キャンペーンでは、どうしてもクーラーが必要なら室外機と室内機に分かれている取り付け工事が必要なタイプを買うように!と勧めています。さっきのサイトの下のイラストのタイプ。日本で一般的なタイプですね。でも室外機が外気を暖めるんですよね。

とりあえずクーラーの導入は考えていないので、まずは上の対策を徹底してみよう。それ以外にやってみようと思うのが、お風呂の残り湯でベランダの打ち水。うちわはもう使ってるし。料理するのも暑いので熱をあまり使わない調理はどうかな?

他にも役に立ちそうな日本の知恵なかったかな?
[PR]
by yumikov | 2010-07-13 21:41 | 環境のこと

自転車発電で観る映画

ベルリン国際映画祭ベルリナーレは先週20日に幕を閉じましたが、今日はちょっと変わった映画上映のお話。その名もFahrradkino(自転車映画館)。

映画をみるために必要な電力を自転車発電でまかなおうという作戦です。
フィットネスセンターじゃなくて映画館においで〜、とグリーンピースベルリンが企画して、昨日と今日と、フリードリヒスハインにあるクラブLoveliteで行われました。13台の自転車を26本の足でこぎながら映画を観る様子を私は見てみたかった!

ちなみにこの企画はブリティッシュ・カウンシルの後援で行われたそう。さすがは温暖化対策に力を入れているイギリス。
[PR]
by yumikov | 2010-02-24 06:09 | 環境のこと

バレンタインにはにんじん!?

f0157115_5263248.jpg明日はバレンタイン。

誰かになにか贈るならフェアトレードのバラなんてどうでしょう?
温暖化防止にも貢献できちゃいます。

2月13日(土)
9.00 〜18.00 Uhr
„Floristik Männertreu“
Bornholmer Straße 78

と、告知するつもりが間に合わなくなってしまいました。
自分でも買いたかった気もするけれどタイムアウト!
このお花屋さんでは、この日の売り上げの56パーセントを省エネ対策に投資するそうです。

これはCarrotmob Berlinのアクション。
馬を走らせるにはお尻をたたくか、目の前ににんじんをぶら下げるかのどちらか。人を動かすにしても、にんじんぶら下げたほうがいいじゃないか、というのがこのコンシューマー運動 from サンフランシスコ。2009年6月にドイツ(ベルリン)初上陸。

理念にそぐわない商品をボイコットする不買行動ではなくて、いいものを買いに出る行動。どっちのほうが人を動かすことができるかな?
う〜ん、どっちも大事そうに見えるし、アクションとしてでなくても自分では心がけているところ。でもアクションには多くの人を引きつける楽しさがあるのだから、こうした運動が広まるのに越したことはないな。

greenz.jpでもこのキャロットモブが紹介されています。
[PR]
by yumikov | 2010-02-14 05:43 | 環境のこと

A100を止めろ!


高速道路モンスターがベルリンを喰い尽くす

今週のBerliner Woche(ベルリンのローカルフリーペーパー地域版)のルポルタージュはA100を取り上げています。A100とは現在ベルリンで延長が計画されている高速道路。今年2010年以降、NeuköllnからTreptower Parkまでの区間が増設される予定です。その後は、Ostkreuz駅をくぐってFriedrichshain地区を抜け、Storkowerstr.まで続きます。

この計画で、300区画ものクラインガルテンが消え、18世紀から残る集合住宅が壊されます。公園や駅のそばを車が粉塵巻き上げて排気ガスを出し、多くの住民の肺に入るでしょう。ただでさえ鉄道沿いで既に騒音に悩まされているだろう地域です。これからはひっきりなしに車の通る音を聞かなければならないのでしょうか?公園周辺の側道も渋滞が避けられません。
f0157115_1720442.gif
フリードリヒスハイン地区でも、その先のリヒテンベルク地区でも住民の反対運動が起こっています。BUND(ドイツ環境自然保護連盟)ベルリン支部ももちろんこれに協力して活動しています。

以前反対運動に署名をした問題なのですが、ほんと嫌だな〜。日常の行動範囲の外側をぐるりと囲むように走る計画。自転車でクラインガルテンに行くときにはこれを突っ切らないといけない(幸いうちの区画に影響は無し)。夏にはよくトレプトウパークを抜けて運河を眺めながらリングバーンと平行して走ったけれど、そんなことも楽しめなくなります。

必要な道路ならわかります。が、なんで住民にメリットの無いおかしな計画ができてしまったんでしょう?

BUNDベルリンはお金の流れを暴いています。
このA100延長のコストの大半は連邦政府が払って「くれる」のだそうです。連邦交通路計画によって高速道路の建設のみに使途が限定されているお金があるのです。州政府としては、負担額が少ないならじゃあここを延長しちゃいますか、ということでしょう。とはいえ、建設計画コストなどで州に2000万ユーロはかかっているという話。

こういう紐付きの補助金が地方政府をダメにするんじゃないでしょうか?そのお金を、既存の道路の手入れや、トラムや自転車道の整備などに使えるようにしよう、とBUNDベルリンは訴えています。

あるお金は有意義に使いましょうよ!
[PR]
by yumikov | 2010-01-28 17:32 | 環境のこと

グリーンピースの船&グリーン電力へ乗換えパーティー

この週末はドイツの11月には滅多にみられぬ秋晴れでした。

f0157115_2375938.jpg
© Christoph Piecha/Greenpeace

土曜日までGreenpeaceの船 Beluga IIがベルリンに立ち寄っているとのことでちょこっと見てきました。フリードリヒシュトラーセ駅からすぐのシュプレー川に停泊中。 来月7日からいよいよ始まる気候変動会議(COP15)についての情報公開やアクションへの呼びかけを行っていました。Beluga IIはベルリンをあとにし、コペンハーゲンへ向かいます。

夜には"グリーン電力切替え&不用品交換パーティー"なるものに招待されていました。招待状には電気料金の請求書と不用品を持ってきてね!とあります。

こうしたグリーン電力普及のためのパーティーというのは、ベルリンでは結構開かれています。なんかおもしろそうなパーティーに行ってみると、スタッフが実際の使用状況に合わせておすすめのグリーン電力サービスを紹介してくれ、その場で契約までできる。グリーン電力の良さだけでの勝負ではなく、好奇心旺盛な若者がターゲットですね。

うちは既にlichtblickのグリーン電力を買っていますが、今回は友人主催だったので見直しを兼ねて行ってみたかったのですが、ばたばたして行けませんでした。日本では知人の丹羽順子さんがxChangeという古着の交換会を広めているけれど、このパーティーはどんな雰囲気だったんだろう?

ベルリンの秋はほんとうに短く、あともう少しでアドヴェントに入るとあっという間に街はクリスマス一色になります。クラインガルテンに行くのもあと何度だろう。
[PR]
by yumikov | 2009-11-17 00:13 | 環境のこと

アートな気候変動アクション

f0157115_1845412.jpg
(ロイター/Tobias Schwarz)

一昨日ジャンダルメン広場に登場したのがこちらの氷でできた1000人の人間。広場の中心にあるコンサートハウスへと登る階段に、ひとり、ひとりと座らせたかと思えば次々と溶けてゆく・・・。

WWF(世界自然保護基金)ドイツの気候変動をテーマとしたアクションです。WWFでは気候変動による北極の変化とその地球への影響についての研究を新しいレポートにまとめました。その発表に合わせて人々に警鐘を鳴らすべくこのアートアクションを実施。その場に居合わせた市民やツーリストが一体一体座らせていく様子が、WWFドイツのウェブサイトでご覧いただけます。

ブラジル人女性アーティストの作品で、すべて手作りだそう。
ヨーロッパではこうした芸術的なアクションがうまく民衆の目を惹きますね。月曜に予定されている大きな反原発デモではなにが登場することやら?
[PR]
by yumikov | 2009-09-04 18:12 | 環境のこと

子連れで街を移動する

赤ちゃんが生まれてから実にたくさんの郵便物が届きます。やれ、育児手当ての申請やら、保健局の自宅訪問通知やら。ちなみに、赤ちゃん本人宛に最初に届いた郵便物は納税者番号の通知でした・・・。さすが、ドイツ。

そんななか、ベルリン工科大学からもハガキが届きました。ここ数か月に子どもが生まれたお母さんが対象で、日常の移動方法についてのアンケート。車や徒歩、自転車そして公共交通機関での移動の頻度や、環境に配慮した移動方法を意識しているか否か、などが主な質問事項でした。

協力いただける方には電話でさらに詳しく聞きたいとあったので、返送しておきました。すると、数日後にベルリンのモビリティに関するパンフレットがたくさん送られてきたのでした。ベルリン市内の公共交通機関の路線網や、カーシャアリングのパンフレット、ベルリンの壁跡沿いのサイクリングロードのパンフレット、バリアフリーの情報などなど。なんだか、宿題を渡された気分でした(笑)。
f0157115_1864663.jpg
それももう2ヶ月ほど前の話だったと思うのですが、忘れたころに昨日電話がかかってきました。

ハガキの回答の確認のほか、現在の移動方法の中心はなにか、さらに昨日と一昨日の移動距離と移動方法について、移動目的と所要時間について事細かに訊かれました。送付したパンフレットで役立った情報はなにか?とも訊かれたのですが、もう忘れちゃってました。ただ、ベルリンの旧東側だけに走るトラムの路線網は、通常無料で配布されていないので、とっても役立っています。
f0157115_1882757.jpg
このPro Klima Berlinは、「持続可能な消費」をテーマとしたキャンペーンで、ベルリン工科大学がベルリン州健康・環境・消費者保護庁との協働で実施している研究プロジェクトの一環だそうです。

最近赤ちゃんが生まれたお母さんが対象ということだったので、ベビーカーでの移動のしやすさなどが問われるのかと思っていたら、特にそういった内容ではありませんでした。今回の調査で、安全で快適かつ温暖化対策につながる移動がしやすい街づくりに協力できたのかもれないと思う半面、ベルリンに長期的に住む可能性のある比較的若い層のファミリーを対象に、環境に配慮した移動について考えてもらうための市民教育なのだろうなと思いました。

ところで、私たちはまだベビーカーを持っていません。これまでどこへ行くのも抱っこ紐です。なので赤ちゃん連れだからと言って機動性に欠けるということはありません。ただ、移動方法は自転車から公共交通機関へと大きく変わりました。そして夏が来て、抱っこだと汗びっしょりになってしまうし、重さが腰にも負担になってきたので、そろそろベビーカーを導入しようと思っているところです。日常では大体トラムしか利用しないので、ベビーカーでの乗車はあまり問題ありません。ただ、これがSバーンや地下鉄、バスに乗り継ぐとなるとやっぱり、乗り換え駅にエレベーターがあるかどうか、が気になってきます。ドイツのベビーカーは平気で15キロくらいしますから、赤ちゃんを乗せてひとりで持ち上げるなど不可能です。

ときに、ベルリンでは今、電車移動の中核を担うSバーンが不規則な運行をしていて、街での移動は混乱気味です。なんでも、ベルリン交通公社がSバーンの定期点検を怠ったのが発覚し、そのつけがまわって11月までの間に運行ダイヤを3分の1に減らして、まとめて点検をするのだというのだから情けない話です。

市民の車利用を減らすには、公共交通機関の便をよくして利用しやすくするほかありません。バリアフリーの駅を増やすのはもちろんだけれど、壊れたエレベーターは迅速に修理するのは当たり前、通常ダイヤで安定して走らせるというのは大前提ですね。
[PR]
by yumikov | 2009-07-24 18:09 | 環境のこと

『日独米気候政策自治体パートナーシップ』プロジェクト

気候変動政策をテーマに日独米の地方自治体が交流する『日独米気候政策自治体パートナーシップ』プロジェクト。
f0157115_3203819.jpg
これまでドイツ連邦環境庁の助成のもと、気候同盟(Klimabündnis)とハイデルベルクエネルギー・環境研究所(Ifeu)が主導してきたもので、2008年3月には名古屋大学でワークショップが行われました。プロジェクトの詳細はこちら(PDF)。

このプロジェクトの一環で、ドイツの地方自治体の気候変動対策の取り組みがこの度パンフレットにまとまり、私も日本語版作成のお手伝いをさせていただきました。この日本語版のパンフレットは気候同盟のウェブサイト<こちら>でダウンロードできます。直接PDFファイルをダウンロードしたい方はこちら
ドイツ各地の地方自治体の気候変動対策がコンパクトにまとまっています。ご興味ある方はぜひどうぞ!

私は地域の取り組みほど面白いものはないと思っています。
地域住民が問題を身近に自分たちのものとして捉えて関わるには自治体ベースの対策は大きなチャンスで、問題がどんどん複雑化している今、行政担当者にも市民の積極的な参加が必要になってきます。

気候対策の分野でも実際に世界各地でユニークな取り組みが行われています。そうした情報は他の地域の行政担当者や市民の励みになるためにもどんどん発信されるべきで、メディアでもこれからもっともっと自治体の取り組みがクローズアップされてよいと思います。
[PR]
by yumikov | 2008-12-21 23:05 | 環境のこと

ベルリン政府の毒キノコ暖房撲滅

ベルリンはめっきり寒くなり、最高気温が10度にとどかない日も出てきました。
私の感覚的にはすっかり冬なのだけれど、ドイツ人は「まだ秋だよ」と言います。
f0157115_265712.jpg
さすがに、夜に外で食事をする人も俄然減りましたが、気になるのが例の毒キノコ暖房。(過去の投稿『真夏の夜のベジタリアングリルパーティー』参照)

上の写真にあるのがそうです。寒くても外で食事をしたい人やタバコを吸いたい人(ほとんどの州では店内全面禁煙になった)のためにレストランの外に設置されている、ただいま増殖中の暖房です。温暖化なんて知ったこっちゃないという代物です。

が、ついにベルリン政府がこの毒キノコこと暖房キノコ退治に乗り出したのです!すばらしい。

なんでも、現在、政府は暖房キノコを法的に規制できるかをチェックしているそうで、近々その結果が出るそうな。数ヶ月前には無理かと思われたこの法的規制ですが、既に市内の5つの区では、条例を作ってこのハイツピルツェを1月から禁止することにしたそうです。パンコウ(Pankow)地区では既に2月から禁止しています。(古い営業許可証を持つレストランは年末までは許可)
知りませんでした~。残る区も11月半ばまでにはこの条例を結ぶとのこと。

パンコウ地区の議員イェンス・ホルガー=キルヒナーさん曰く
「エネルギー消費はさほど大きくないとしても、エネルギーの無駄遣いには違いない」
まったくその通りでございます。

ホテル・レストラン連合はこの規制に反対しています。
「レストラン側には環境に配慮しながらハイツピルツェを使用するよう勧告する」
・・・無理でしょう。

「ずっと点けるのではなく、お客さんが希望したときにだけ」
・・・これからの時期に外に暖房なしでいられる人はいないでしょう。

「数の規制も考えられる」
・・・無駄には違いありません。何もこの寒いときに暖房焚いてまで外で食事などしなくてよいでしょう。

区の条例で禁止する方法だと、公共の土地でしか禁止ができず、私有地での使用までは踏み込めません。

ベルリナー・モルゲンポスト紙は、「結局は店内禁煙により喫煙者が外に追い出されたことによる影響が大きい」としています。喫煙者の皆さん、タバコは食事の後、自宅に帰って、というのはいかがでしょう?店先でタバコを吸うこと自体も、結局は歩行者に迷惑ですしね。
[PR]
by yumikov | 2008-11-15 02:12 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧