ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:クラインガルテン ( 28 ) タグの人気記事

グローバルネット記事『都会の子供の遊び場』

月刊誌『グローバルネット』で連載中の「ベルリン発サステナブルライフ考」。7月号では都会の子供の遊び場というテーマで書きました。ベルリンほど子育てしやすい”都会”というのはそうそうないように思います。あくまで”都会”の話ですが。

原稿で取り上げたのは主に子供の遊び場ですが、ベビーカーと一緒に入れる映画館、子供の遊ぶスペースのあるカフェやパン屋さんそしてビアガーデン、子育て中でも多くをあきらめまいとする子育て世代の親のためのサービスも充実しています。

===================================================================
(以下、地球・人間環境フォーラム発行の月刊誌『グローバルネット』7月号より転載)
ベルリン発サステナブルライフ考
都会の子供の遊び場
翻訳者 ユミコ・アイクマイヤー


 「少年少女は誰でも本能のおもむくまま思いっきり遊ぶ性分だ。それには動物や水、泥んこ、草むら、遊ぶための空間といった彼らと同じく徹底的にエレメンタリーなものが必要だ。これらなしで、絨毯やぬいぐるみ、舗装された道路や庭で育てることもできる。それでも生きるのには困らないが、彼らが後になって基本的な社会性の一部を体得できていなくても驚かないことだ。」アレクサンダー・ミッチャーリッヒ(ドイツの精神分析医兼作家)

 都心での子育てには車の交通や大気汚染など心配がつきまとう。ドイツ各地にある市民農園クラインガルテンは別名シュレーバーガルテンといい、自宅に庭のない都会の子供の健康を保つ機能としてシュレーバーさんという医師の提唱で19世紀半ばから広まったものだ。私たち家族もささやかな自家栽培のために4年前から借りているが、おかげで息子もミミズやカエル、ハチ、てんとう虫などと出会い、野菜づくりの様子を目にすることができている。

 子供の一般的な遊び場としての児童公園は、ベルリンでは充実している。街のいたる所に見受けられる印象だが、公的な児童公園は18歳以下の子供50万人に対し1,850ヵ所で、ベルリン児童公園法の指針の6割に過ぎず増設中だという。標準的な児童公園で2,000m2以上とゆったりとしており、起伏があったり近自然的な小川が流れたりと、画一的ではない。遊具は木製がスタンダードで、周囲の植栽にもよくとけ込んでいる。EN 1176というヨーロッパ19ヵ国共通の安全基準が遊具には適用され、認証機関TÜVの検査と認証が求められるため安全性も高い。ここはバイキング、あちらはインディアンと、公園ごとにコンセプトが異なり、カフェめぐりならぬ遊び場めぐりをするのも楽しい。
f0157115_17205010.jpg
 ベルリンの素敵な遊び場ランキングの上位にいつも入ってくる遊び場、通称ドラゴンランド(写真上)。それもそのはず、子供が計画に参加してできた遊び場だ。子供たちからの注文は、大きな子も小さな子も安全に遊べ、外からも中からも登ることができ、すべり台がついていて水遊びができるドラゴンだった。都市計画を請け負う会社が計画ワークショップに地域の子供たちと親を招き、そこで出た案を景観計画会社がモデルに起こした。仕上げの塗装なども子供たちが手伝い、全長17mの木製のドラゴンができあがった。この地区だけでも三つの遊び場が子供参加プロセスによって誕生している。

東で始まったプレイカー運動

 近所の教会前広場には、多彩な遊び道具を満載したワゴンが毎週やってくる。遊びを出前するというアイデアだ。このプレイカーは春から秋までの間、区内五つの広場を日替わりで回っている。今でこそ行政からの補助で2人の保育士が雇われているが、もとは旧東ドイツ時代に人口密度の高いこの地域で親たちが自主的に始めたもので、当時はリヤカーで遊具を運んだという。今は大概どの広場にも遊び場はあるのだが、プレイカーが運んでくるのは遊具だけでなく「テーマ性のある遊び」だ。今週は鍛冶屋、来週は病院、再来週は船乗り、と原っぱに別世界が登場する。とはいえ道具は板や棒などの廃材や布やロープで手作りしたシンプルなものばかりで、遊び方は子供たち次第だ。保育士は子供たちのサポートはするものの、想像力の邪魔をしないよう極力口は出さない。こうした可動性のある遊び場なら子供人口の変動にも柔軟に対応できる上、何しろコストが少なくて済む、といいことづくめだ。

西で始まった子供農園と冒険遊び場

 私たち家族がよく足を運ぶのがクロイツベルクの子供農園だ。園内ではヤギやウサギ、ロバやアヒルなどの動物が飼育されており、子供たちは指導を受けながら動物に触れたり餌をやったりできる(写真下)。ハーブガーデンがあったり、砂場などの遊び場やカフェも併設されている。就学年齢にもなれば、廃材などのガラクタを使って隠れ家作りなどができる冒険遊び場というのもある。ツリーハウスを作ったり、藁と土でレンガを作って壁に積み上げたりと、大人でも夢中になりそうだ。ここではノコギリもトンカチも、火を使うことも許される。親としてはハラハラしそうな場面もあるが、そこは指導員がいて安全面に配慮しているだけでなく、こうした場での事故や怪我がむしろ少ないことは証明されている。
f0157115_17213184.jpg
 この冒険遊び場は、整備された遊び場を子供に与えるよりも、荒れた空き地に子供自身が世界を作るほうがいいという発想で1940年代にデンマークで始まり、以後ヨーロッパに広まった。ドイツでは戦後の復興で時を待ったが、1960年代終わりから70年代頭の学生運動が盛んな時期に、オルタナティブな教育が求められた流れで、冒険遊び場が西ドイツに次々と建てられたというのもうなずける。ベルリンの壁崩壊後には、東ドイツでプレーカー運動をしていた人びとが中心となって、旧東にも子供農園や冒険遊び場が作られ、現在はドイツに400ヵ所以上存在するという。ドイツでは子供農園と冒険遊び場は、都会で自然環境への責任や、限りある資源を実践で学ぶ施設として共通の理念やコンセプトを持ち、併設されていることも多い。家畜の糞からコンポストを作り、それで野菜づくりをしたり、冒険遊び場に小動物のための巣を設けたりと、二つを線引きする必要がないのだという。ここでは年齢も性別も国籍も異なる子供が、違いを個性として尊重して共に遊び、社会性も育める。持続可能な都市づくりの先駆的な例としても広く認められている。

みんなの自発性から育てる遊び場づくり

 これらの遊びの場はいずれも親が主体となってボランタリーに始めたもので、活動が行政に認められてサポートを受けるようになった点が共通している。誰もがアクセスできるようにと利用料というのはない。だが、自治体の財政も逼迫するなか、寄付やボランティアは重要な支えとなっている。また、プレイカーでは遊具のメンテナンス、子供の農園では家畜小屋の掃除などと、子供も遊ぶだけでなく主体的に手伝う。これら施設には誰もが自主的に関わっているのだ。

 私自身は田舎で育ったので、幼い頃の遊び場は田んぼのあぜ道や庭や畑、用水路など、たまにお寺のブランコに乗るくらいで公園で遊んだ記憶がない。ベルリンは都市なりに上述のような魅力的な遊び場があるが、それでも都会での子育てには戸惑いがある。そうこうするうちに、とりわけ日本では、安全な空気や水、土壌が手に届きにくいものとなってしまった。子供たちから水たまりや砂場を取り上げることなど誰がしたいだろうか。今、子育て世代の自発性が試されているような気がしてならない。

[PR]
by yumikov | 2011-08-24 17:04 | 環境のこと

エルダーフラワーのシロップづくり

今年こそ忘れずにやりたかったことのがエルダーフラワーのシロップづくり。5月頃から公園やあちこちに自生しているこの白い花を咲かせる木がそうです。
f0157115_592980.jpg
f0157115_520622.jpg
これが熱冷ましに効くというので、息子の保育ママから奨められたのが最初。飲んでみると実においしいく、以後我が家では常備品となっています。シロップはスーパーで買えます。

こないだキャンプ帰りにこのエルダー(セイヨウニワトコ)の花を摘んで、水に一昼夜浸しておいたら・・・、とってもかぐわしくおいしい!公園の木はもう実をつけていたけれど、クラインガルテンではまだ花を咲かせていたのでもう一度作りました。儚いものは尊いなぁ。シロップにすれば保存がきくけど、いつかたくさん収穫できたらにしよう。
[PR]
by yumikov | 2011-06-22 05:31 | ベルリン生活のこと

ラクレットで収穫祭

ドイツでは10月頭に実りの秋に感謝する収穫祭がある。クラインガルテンの仲間と収穫祭をやりたいね、と言ってようやく実現したのがこの週末。庭で揃うことも滅多にない仲間たちが勢ぞろいしてテーブルを囲めないほどになった。

収穫したじゃがいもでラクレットをしようというのは私の発案。ラクレットとは炭火であぶったチーズをナイフで切り落としてパンやジャガイモなどと食べるスイス料理だけれど、専用の卓上グリルは8人用。同じ釜の飯、ではないけれど、みんなで輪になってそれぞれマッシュルームだのパプリカだの具をのせて焼くのも楽しいし、みんなで話もしやすい。友だちの友だちでつながってきた庭仲間。またちょっと連帯感が深まったかな。

庭でとれたエルダーベリーの実のシロップ&りんごジュースから作ったホットドリンクや、プラムのケーキも登場。プラム酒の味見も考えていたのにすっかり忘れてしまった。寒くなる前にクラインガルテンで火を囲めたらそれこそよかったけれど、それなりに収穫祭らしいかたちになった。
f0157115_4332461.jpg
クリスマス前のアドベントの時期に入れば、みんな贈り物の準備などで忙しくなる。そうこうするうちに土は凍り、雪に埋もれ、クラインガルテンも実質シーズンオフ。みんなそれぞれ庭でやりのこしたことや反省点を話しつつ、来年の作業に夢を馳せるのでした。来年はそれぞれに転機を迎える仲間も多いけれど、また新しい仲間も増えそうだ。
[PR]
by yumikov | 2010-11-22 04:38 | ベルリン生活のこと

A100が住民投票に持ち込まれる?

f0157115_565987.jpg
リヒテンベルク地区の建設予定地付近のアパートにさげられた横断幕
「A100の計画にはここからここまでの分だけで1,600万ユーロかかる」

ベルリン市街で建設延長予定のある高速道路A100ですが、ひとまず次回の州選挙まで工事が見送られるということを先月あたりに読んでひと安心していました。

過去の投稿「A100を止めろ!
過去の投稿「アウトバーンA100計画が白紙撤回に?

次回の州選挙では緑の党が与党となる可能性が高いので、そうしたらもう延長の話も消えるのではと期待していたのですが、ここにきてCDUが州選挙と同じタイミング(2011年秋)で住民投票をしてはどうかと言い始めたようです。緑の党やFDPは住民の請願もないのに住民投票に持ち込めないと反対しています。

ところで、工事はストップしても、延長計画のあるノイケルンからトレプトウにかけての土地からの強制退去は進められているようで、対象区域にあるクラインガルテンでは300以上の区画が今月11月末で立ち退かなくてはなりません。ひどい話です。市民グループは強制退去の撤回を求めて運動しています。

CDUは住民投票に持ち込めば有利になると考えているようですが、実のところはどうなのでしょう?

上のアパートですが、あれ?ここも取り壊されるのかしら?と思ったらそうではなく、道2本ほど先に建設される計画です。騒音&大気汚染はもちろん、渋滞緩和どころか渋滞悪化につながると近隣住民からは歓迎どころか反対されています。
[PR]
by yumikov | 2010-11-17 05:24 | 環境のこと

ビールの苦味と香りの決め手 ホップ

ただいまミュンヘンでは恒例のオクトーバーフェストの真っ最中。今年は200周年ということで例年以上に盛り上がっているようです。そんな長い伝統があるんですね。ビール好きな割にまだ足を運んだことがありません。

ところで今うちのクラインガルテンにホップが咲き乱れています。
ホップというのはビールの苦味と香りの決め手となる植物で、天然の保存料の役割も持っているそう。実のような花のようなものは毬花というそうでその姿は一度みたら忘れません。少し切って持ち帰ったら、なかなかどうしてリビングに秋らしさを運んでくれました。
f0157115_349476.jpg
ホップはつる性の植物で繁殖力が高く、あちこち勝手に自生するそう。だからうちの庭のホップもきちんと取り払わなければならないんですって。冬で土が凍る前にさーて、もう一仕事だ。
[PR]
by yumikov | 2010-09-23 03:25 | ベルリン生活のこと

2色のプラム

f0157115_2139457.jpg
昨年はプラムもりんごも不作でしたが、今年は2本あるプラムの木の両方がたくさん実をつけました。フローリアン特製のアッカーシャハテルハルム(つくし)エキスの虫除けが効いたかな?ひとつは紺に近い深い紫色で、もうひとつは鮮やかな黄桃色。

さてどうするか。ジャムにするのが手近ですが、私なぜかジャムに手が出ません。なのでもちろん作らない。黄桃色のほうは梅酒代わりにプラム酒にしよう!と急に思いついてプラム酒を仕込みました。
f0157115_2140277.jpg
3ヶ月後が楽しみ♪青紫のほうは夫がオーブンでムースにして瓶詰に。
[PR]
by yumikov | 2010-09-15 17:04 | ベルリン生活のこと

この夏の収穫

f0157115_0521911.jpg
8月があっという間に過ぎ去って、もう9月だなんて。休暇気分もたたんで通常モードに切り替えるぞ!という矢先に、体調を崩してしまいました。季節の変わり目は気をつけないととわかっていても、特にドイツは急速に季節が移るからまだそのスピードに対応できていない私。慌ててノースリーブの服はしまい、セーターなどをタンスに戻しました。

クラインガルテンのりんごはそろそろ収穫の時期をむかえます。昨年は実がつかなかったけれど、今年はたくさん。獲りに行きたいけれどもうちょっと自宅でおとなしくしてよう。

ところでこの夏のズッキーニの出来といったら!食べきれないほどの収穫でした。スープにパコダにリゾットにマリネ。
f0157115_0571823.jpg
f0157115_0574436.jpg
特大ズッキーニは大味かしら?と思いきや全然水っぽくなくおいしかった。きゅうりもよくできた。素揚げうどんに酢の物に、漬け物、炒め物。
f0157115_10426.jpg
プラムもだいぶまた虫がついちゃったけれど、ムースにして瓶4つ分できた。

ジャガイモも大成功!ひとつの苗にたくさん実がついていたようです。キタアカリのようなホクホクしたジャガイモを満喫中。

ベランダトマトはうまくいかず、赤い実をつけたのは数えるほど。4階だと高すぎるのだろうか??大葉はとってもよくできて、夏の食卓で大活躍。ほんのり日本の味が幸せにします。
[PR]
by yumikov | 2010-09-02 01:03 | ベルリン生活のこと

ジャガイモ大国最前線

リンダにアナベル、ラウラ、アドレッタ、ニコラ、クリスタ。
これ全部じゃがいもです。じゃがいもの品種に女性の名前なんて、なんだか台風みたい。
f0157115_17114960.jpg
真夏に新じゃがとはちょっと変?だけど、ドイツの春は短いので今が新じゃがシーズン。いつものリンダだけでなく違う品種も試している。
クラインガルテンで栽培しているアドレッタも白い花が咲き終わってそろそろ収穫をむかえている。今年の収量はどれくらいかな?
f0157115_17122137.jpg
新じゃがの醍醐味はなんといっても皮つきのまま食べられること。
ローズマリーで風味をつけてオーブンでじっくりローストしたら甘味が凝縮。
f0157115_1718347.jpg
シンプルに皮つきのまま米粉をまぶして揚げたらかりっとほくほくのポテトフライに。手間暇かけたジャンクフード?
f0157115_17191321.jpg
これ以上の贅沢なし。
[PR]
by yumikov | 2010-07-28 17:23 | ベルリン生活のこと

「小さな庭」から「わたしたちの庭」へ

今朝の朝食はクラインガルテンで採れたブラックカラント(カシス)といちごのバターミルクシェイク。
f0157115_2274297.jpg
クラインガルテンを借り始めて3年。
3歩進んで2歩さがるような感じでどうにかやってきた。

なんといっても敷地面積が広い!この土地を活用しきれていないなぁと思う。前の持ち主の庭をそのままの状態で受け継いだので、ハーブガーデンや果樹、コンポストや砂場など、ある程度そのまま生かして使ってきた。それが良くも悪くも使い方を左右して、思い切った改良に踏みきれていない。

仲間5〜6人と一緒にやっているけれど、立地からしてうちから自転車や電車で30分、1時間かかる仲間もいる。みんな平日は仕事や大学があるのであまり作業はできない。となると週末だけれど、雑草の勢いがつく今頃は行楽シーズンでもあり毎週末を庭仕事にあてることは難しい。

クラインガルテンの区画は、日本の市民農園ほどでないけど、ある程度作り方のガイドラインがあって、敷地の何割は花壇や畑にすること、お隣の区画とは30センチ空けること、区画は垣根で仕切ること、区画前の道の草刈りは各自がすること、などが決められている。ただ作物が植わっていれば雑草だらけでもよいというのではなく、「整然と」「景観としても美しく」作らなければならない。隣人の目も楽しませる必要がある。このあたりがヨーロッパ的だなぁと思うところ。

責任の分担もある程度は必要。それぞれのやりたいことやスキルを考えると自然とうまいように役割分担もできた感はあるけれど、義務じゃないから担当個所の進み具合を追求するのもむつかしい。とにかく借主は自分たちなので、仲間にプレッシャーをかけないようにしてクラインガルテンの管理者との調停などにもあたっている。なーんて書いてくるとまるで会社のお仕事みたいですね。
f0157115_16202420.jpg
でも植物は生き物ですからね。サボると目に見えて大変なことになります。ということでなんとか仲間を庭に誘致しようと(笑)、特にこの季節はBBQをエサに声かけあってクラインガルテンに集合。オイルで数日マリネしておく野菜はおいしいし、仲間がエルダーフラワーで作ったシロップは爽やか。
f0157115_16253627.jpg
りんごの木にはブランコをぶらさげ、お隣さんに今度はプールをいただいたので、息子もひとりでいい子に遊べるようにもなった。やっぱりこの庭はあくまで「今の庭」。子どものことも考えても、遠くない将来には「わたしたちの庭」を持ってそこで自由に庭造りをしたいものだ。

ラベンダーをたくさん収穫して吊るしておいたので、今はうち中にふんわりラベンダーの香りが漂っている。
[PR]
by yumikov | 2010-07-21 16:13 | ベルリン生活のこと

野菜とハーブに咲く花

カモミールのつぼみが今朝ひらいた。摘みたての花でお茶を飲むのが楽しみだ。

ルッコラには灰紫色の花(写真)、水菜には小さな黄色の花がついた。花が咲くと味が落ちるそうなので咲かせたくなかったのだけれど時既に遅し。種が落ちて次が生えるのを待とう。ルッコラは強い種らしくクラインガルテンにも自生しているけれど、日当たりが良すぎると苦味が強くなるらしい。どうりで。
f0157115_23353199.jpg
ところでドイツのオーガニック市場で「アジア野菜」が流行ってきているらしい。昨日もエコマルクトで"Mitsuna"を見つけて驚いた。(水菜のようですが音が濁っていませんね。)先々週にいつもの市場でチンゲンサイを発見して感動したばかりだというのに。水菜と一緒に売られていたのは「わさび風味のアジア野菜」としか表示されていなかったけど見た感じは春菊。味見させてくれたさせてくれたので少し買って来た。辛味が強いのでおひたしにでもしてみようかな。からし和えもいいな。
f0157115_043332.jpg
それにしても野菜の生産者はまずなんでもかんでも生で食べてみるらしい。女性ばかりの有機農家Marktfrauenのひとたちはとにかくなんでもかんでも生で食べるし、その場で試させてくれる。ごぼうも生食すると聞いてお腹壊さないのかなぁとちょっと心配した。
f0157115_23362141.jpg
写真はセイヨウアサツキ(チャイブ)の花。華やかさはないけれど素朴で美しいので飾ってみた。Schnittlauch=アサツキだと思っていたけれどどうやらちょっと違う品種らしい。花がついたセイヨウアサツキはかなり固くなっていて食べるにはやっぱり不向き。トマトと一緒に植えるとアブラムシを寄せ付けないらしいので、庭から少し持ち帰ってベランダのトマトと寄せ植えにしてみよう。

ベルリンはここ1週間ほど30度にもなる夏日が続いていたから、植物もさぞかしびっくりしたことだろう。勝手なもので、どんよりした天気が続けば快晴を願い、快晴続きだと涼しさが欲しくなる。

そらまめが手に入ったのでそらまめご飯を炊いて、葉の柔らかなとんがりキャベツでキンキンに冷えたコールスローを作ったら春の匂いがした。
[PR]
by yumikov | 2010-06-12 23:40 | ベルリン生活のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧