ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:お産/子育て ( 17 ) タグの人気記事

グローバルネット記事『都会の子供の遊び場』

月刊誌『グローバルネット』で連載中の「ベルリン発サステナブルライフ考」。7月号では都会の子供の遊び場というテーマで書きました。ベルリンほど子育てしやすい”都会”というのはそうそうないように思います。あくまで”都会”の話ですが。

原稿で取り上げたのは主に子供の遊び場ですが、ベビーカーと一緒に入れる映画館、子供の遊ぶスペースのあるカフェやパン屋さんそしてビアガーデン、子育て中でも多くをあきらめまいとする子育て世代の親のためのサービスも充実しています。

===================================================================
(以下、地球・人間環境フォーラム発行の月刊誌『グローバルネット』7月号より転載)
ベルリン発サステナブルライフ考
都会の子供の遊び場
翻訳者 ユミコ・アイクマイヤー


 「少年少女は誰でも本能のおもむくまま思いっきり遊ぶ性分だ。それには動物や水、泥んこ、草むら、遊ぶための空間といった彼らと同じく徹底的にエレメンタリーなものが必要だ。これらなしで、絨毯やぬいぐるみ、舗装された道路や庭で育てることもできる。それでも生きるのには困らないが、彼らが後になって基本的な社会性の一部を体得できていなくても驚かないことだ。」アレクサンダー・ミッチャーリッヒ(ドイツの精神分析医兼作家)

 都心での子育てには車の交通や大気汚染など心配がつきまとう。ドイツ各地にある市民農園クラインガルテンは別名シュレーバーガルテンといい、自宅に庭のない都会の子供の健康を保つ機能としてシュレーバーさんという医師の提唱で19世紀半ばから広まったものだ。私たち家族もささやかな自家栽培のために4年前から借りているが、おかげで息子もミミズやカエル、ハチ、てんとう虫などと出会い、野菜づくりの様子を目にすることができている。

 子供の一般的な遊び場としての児童公園は、ベルリンでは充実している。街のいたる所に見受けられる印象だが、公的な児童公園は18歳以下の子供50万人に対し1,850ヵ所で、ベルリン児童公園法の指針の6割に過ぎず増設中だという。標準的な児童公園で2,000m2以上とゆったりとしており、起伏があったり近自然的な小川が流れたりと、画一的ではない。遊具は木製がスタンダードで、周囲の植栽にもよくとけ込んでいる。EN 1176というヨーロッパ19ヵ国共通の安全基準が遊具には適用され、認証機関TÜVの検査と認証が求められるため安全性も高い。ここはバイキング、あちらはインディアンと、公園ごとにコンセプトが異なり、カフェめぐりならぬ遊び場めぐりをするのも楽しい。
f0157115_17205010.jpg
 ベルリンの素敵な遊び場ランキングの上位にいつも入ってくる遊び場、通称ドラゴンランド(写真上)。それもそのはず、子供が計画に参加してできた遊び場だ。子供たちからの注文は、大きな子も小さな子も安全に遊べ、外からも中からも登ることができ、すべり台がついていて水遊びができるドラゴンだった。都市計画を請け負う会社が計画ワークショップに地域の子供たちと親を招き、そこで出た案を景観計画会社がモデルに起こした。仕上げの塗装なども子供たちが手伝い、全長17mの木製のドラゴンができあがった。この地区だけでも三つの遊び場が子供参加プロセスによって誕生している。

東で始まったプレイカー運動

 近所の教会前広場には、多彩な遊び道具を満載したワゴンが毎週やってくる。遊びを出前するというアイデアだ。このプレイカーは春から秋までの間、区内五つの広場を日替わりで回っている。今でこそ行政からの補助で2人の保育士が雇われているが、もとは旧東ドイツ時代に人口密度の高いこの地域で親たちが自主的に始めたもので、当時はリヤカーで遊具を運んだという。今は大概どの広場にも遊び場はあるのだが、プレイカーが運んでくるのは遊具だけでなく「テーマ性のある遊び」だ。今週は鍛冶屋、来週は病院、再来週は船乗り、と原っぱに別世界が登場する。とはいえ道具は板や棒などの廃材や布やロープで手作りしたシンプルなものばかりで、遊び方は子供たち次第だ。保育士は子供たちのサポートはするものの、想像力の邪魔をしないよう極力口は出さない。こうした可動性のある遊び場なら子供人口の変動にも柔軟に対応できる上、何しろコストが少なくて済む、といいことづくめだ。

西で始まった子供農園と冒険遊び場

 私たち家族がよく足を運ぶのがクロイツベルクの子供農園だ。園内ではヤギやウサギ、ロバやアヒルなどの動物が飼育されており、子供たちは指導を受けながら動物に触れたり餌をやったりできる(写真下)。ハーブガーデンがあったり、砂場などの遊び場やカフェも併設されている。就学年齢にもなれば、廃材などのガラクタを使って隠れ家作りなどができる冒険遊び場というのもある。ツリーハウスを作ったり、藁と土でレンガを作って壁に積み上げたりと、大人でも夢中になりそうだ。ここではノコギリもトンカチも、火を使うことも許される。親としてはハラハラしそうな場面もあるが、そこは指導員がいて安全面に配慮しているだけでなく、こうした場での事故や怪我がむしろ少ないことは証明されている。
f0157115_17213184.jpg
 この冒険遊び場は、整備された遊び場を子供に与えるよりも、荒れた空き地に子供自身が世界を作るほうがいいという発想で1940年代にデンマークで始まり、以後ヨーロッパに広まった。ドイツでは戦後の復興で時を待ったが、1960年代終わりから70年代頭の学生運動が盛んな時期に、オルタナティブな教育が求められた流れで、冒険遊び場が西ドイツに次々と建てられたというのもうなずける。ベルリンの壁崩壊後には、東ドイツでプレーカー運動をしていた人びとが中心となって、旧東にも子供農園や冒険遊び場が作られ、現在はドイツに400ヵ所以上存在するという。ドイツでは子供農園と冒険遊び場は、都会で自然環境への責任や、限りある資源を実践で学ぶ施設として共通の理念やコンセプトを持ち、併設されていることも多い。家畜の糞からコンポストを作り、それで野菜づくりをしたり、冒険遊び場に小動物のための巣を設けたりと、二つを線引きする必要がないのだという。ここでは年齢も性別も国籍も異なる子供が、違いを個性として尊重して共に遊び、社会性も育める。持続可能な都市づくりの先駆的な例としても広く認められている。

みんなの自発性から育てる遊び場づくり

 これらの遊びの場はいずれも親が主体となってボランタリーに始めたもので、活動が行政に認められてサポートを受けるようになった点が共通している。誰もがアクセスできるようにと利用料というのはない。だが、自治体の財政も逼迫するなか、寄付やボランティアは重要な支えとなっている。また、プレイカーでは遊具のメンテナンス、子供の農園では家畜小屋の掃除などと、子供も遊ぶだけでなく主体的に手伝う。これら施設には誰もが自主的に関わっているのだ。

 私自身は田舎で育ったので、幼い頃の遊び場は田んぼのあぜ道や庭や畑、用水路など、たまにお寺のブランコに乗るくらいで公園で遊んだ記憶がない。ベルリンは都市なりに上述のような魅力的な遊び場があるが、それでも都会での子育てには戸惑いがある。そうこうするうちに、とりわけ日本では、安全な空気や水、土壌が手に届きにくいものとなってしまった。子供たちから水たまりや砂場を取り上げることなど誰がしたいだろうか。今、子育て世代の自発性が試されているような気がしてならない。

[PR]
by yumikov | 2011-08-24 17:04 | 環境のこと

ベルリンママグループのチャリティイベント

f0157115_18231323.jpg
ベルリンのママグループが震災後に始めたチャリティー料理コースも次の土曜で3回め。同じ子を持つものとして妊産婦さんや乳幼児の助けができればと、現地で助産婦派遣などを行っているジョイセフに寄付を送っています。開催場所は子どもの遊び場の充実したFamilienzentrum。寄付だけでも構いませんのでぜひお立ち寄りください。
[PR]
by yumikov | 2011-04-28 18:27 | ベルリン生活のこと

バースデーのフォカッチャの味

息子が先日2歳の誕生日を迎えました。
f0157115_6131744.jpg
f0157115_6123576.jpg
ケーキづくりがてんで駄目なもので、アンパンマンぱんを焼きました。ディンケル粉のバナナ入りフォカッチャあんこ抜き。特別にSamba(通称öko nutella)のチョコクリームデコ。躊躇せずかぶりついてもらえて本望でした ^ ^ )

なんと前日に熱性けいれんをおこした息子。本で読んで知識はあっても、夫も気づいた時には既に救急車を呼んでいて・・・。あぁ、怖かった。ぞっとした。そんなこともあいまってなんとも感慨深い2歳のバースデーとなりました。

待っててね、あと1ヶ月待っててねと心の中でつぶやきながら、息子と遊ぶ時間も惜しんで猛勉強してきた今日この頃。なにかあればパパーパパー、新しいボキャブラリーはドイツ語ばかり・・・。子どもに勝るものはなんにもないはずだ。でも今回を逃すと・・・というのが苦しいところ。これまで仕事や子どもそして暮らしかたを優先した結果のつけがまわってきて、これ以上はというところまで来てしまった。ドイツには学生のうちに子どもを産んで、という人が少なくないけれど、子育てしながらの仕事よりも子育てしながら学生のほうが大変じゃないか?と思ってしまう私。自分マネジメントが下手なんだろうけども。この山を越えたらじっくり向き合う必要があるな。
f0157115_6483028.jpg
さて、フォカッチャは私でも簡単に焼けるのでこのところリピートしています。ローズマリーと赤玉ねぎがポイント。
[PR]
by yumikov | 2011-02-25 07:09 | ベルリン生活のこと

ナラの木と熊

秋らしく背景画像を変えてみた。
いつだかの足元の葉っぱたち。

私のドイツの姓にはヨーロッパナラを意味することばが入っている。ここが日本なら家紋はきっとナラの葉っぱだろう。そんなことからナラの木に愛着を持ちはじめた。下の写真の若芽がヨーロッパナラ。周りに落ちてる葉もそう。カシワの葉に似たやわらかなぎざぎざの葉。
f0157115_2356610.jpg
ところで、このところ日本でツキノワグマが随分と殺されているらしいことが気になっていた。池田香代子さんのブログで「熊にドングリを」の記事を読んで、日本のナラ枯れ被害のことを知った。何年も前からひどい状況にあるにも関わらずまったく知らなかった。

ナラの木が病死して熊のエサとなるドングリが激減する→
エサを求めてクマが人里に降りてくる→
射殺処分される、ということらしい。

詳しい原因は知らないけれどヨーロッパナラはドイツで最もダメージを受けている樹種だそう。でもクマは困らない。ドイツには動物園以外にクマはいないから。ドイツでは確か100年以上も昔に野生のクマをすべて退治してしまったそう。ドイツワールドカップの年にドイツに迷いこんだ熊ブルーノが射殺された話を今泉みね子さんが書いていた。うちの近所の公園にあるクマの像には「憐れなブルーノ」といたずら書きされている。ベルリンに越してきたばかりの頃発見して思わず苦笑したのを思い出した。

秋になってから息子はポケットにどんぐりやら栃の実などを詰めてよく帰宅する。預け先のクリスティーナが丘のある公園に連れてゆき落ち葉や木の実を拾って遊ぶからだ。

私は田舎育ちとはいえ平野の田園地帯だったので山や森のことはまったく知らずに育ってしまった。自然のなかに出かけるときはポケット図鑑を持っていこうと思っているのについ忘れてしまう。「ママー、あの木はなんて名前?」「どうして病気なの?」なんて質問を息子に浴びせられる前に勉強しなきゃ。
[PR]
by yumikov | 2010-11-03 00:53 | 環境のこと

「小さな庭」から「わたしたちの庭」へ

今朝の朝食はクラインガルテンで採れたブラックカラント(カシス)といちごのバターミルクシェイク。
f0157115_2274297.jpg
クラインガルテンを借り始めて3年。
3歩進んで2歩さがるような感じでどうにかやってきた。

なんといっても敷地面積が広い!この土地を活用しきれていないなぁと思う。前の持ち主の庭をそのままの状態で受け継いだので、ハーブガーデンや果樹、コンポストや砂場など、ある程度そのまま生かして使ってきた。それが良くも悪くも使い方を左右して、思い切った改良に踏みきれていない。

仲間5〜6人と一緒にやっているけれど、立地からしてうちから自転車や電車で30分、1時間かかる仲間もいる。みんな平日は仕事や大学があるのであまり作業はできない。となると週末だけれど、雑草の勢いがつく今頃は行楽シーズンでもあり毎週末を庭仕事にあてることは難しい。

クラインガルテンの区画は、日本の市民農園ほどでないけど、ある程度作り方のガイドラインがあって、敷地の何割は花壇や畑にすること、お隣の区画とは30センチ空けること、区画は垣根で仕切ること、区画前の道の草刈りは各自がすること、などが決められている。ただ作物が植わっていれば雑草だらけでもよいというのではなく、「整然と」「景観としても美しく」作らなければならない。隣人の目も楽しませる必要がある。このあたりがヨーロッパ的だなぁと思うところ。

責任の分担もある程度は必要。それぞれのやりたいことやスキルを考えると自然とうまいように役割分担もできた感はあるけれど、義務じゃないから担当個所の進み具合を追求するのもむつかしい。とにかく借主は自分たちなので、仲間にプレッシャーをかけないようにしてクラインガルテンの管理者との調停などにもあたっている。なーんて書いてくるとまるで会社のお仕事みたいですね。
f0157115_16202420.jpg
でも植物は生き物ですからね。サボると目に見えて大変なことになります。ということでなんとか仲間を庭に誘致しようと(笑)、特にこの季節はBBQをエサに声かけあってクラインガルテンに集合。オイルで数日マリネしておく野菜はおいしいし、仲間がエルダーフラワーで作ったシロップは爽やか。
f0157115_16253627.jpg
りんごの木にはブランコをぶらさげ、お隣さんに今度はプールをいただいたので、息子もひとりでいい子に遊べるようにもなった。やっぱりこの庭はあくまで「今の庭」。子どものことも考えても、遠くない将来には「わたしたちの庭」を持ってそこで自由に庭造りをしたいものだ。

ラベンダーをたくさん収穫して吊るしておいたので、今はうち中にふんわりラベンダーの香りが漂っている。
[PR]
by yumikov | 2010-07-21 16:13 | ベルリン生活のこと

ポツダムの地ビールBraumanufaktur〜本編

さて、ようやくたどり着いたブラウワリーの話。
f0157115_16501914.jpg
Braumanufakturでは2007年5月からビオのビールの製造を開始、有機認証機関Naturlandの認証を取得している。ベルリン&ブランデンブルク州でオーガニックビールを製造しているのはここだけだそう。ここのビールは酵母が生きていて熱処理していないため瓶で購入しても賞味期限が冷蔵保存で14日と短い。ろ過もしていないためビタミンや微量元素を多く含むそう。定番のピルスナータイプのHellや黒ビールDunkel、小麦ビールWeizen以外に、季節もののBockビールなどをつくっている。
f0157115_16512950.jpg
同社は当初すべて地元の原料でつくりたかったのだが、ブランデンブルクでオーガニックのホップを栽培している農家がないためバイエルンから取り寄せているとのこと。地元の原材料でまかなえるようになればなおよいですね。
f0157115_16525669.jpg
f0157115_444943.jpg
ドイツ対イングランド戦の最中だったのでこんな天気なのに人々はみんな中へこもってる。お店の人も試合が気になるもようで入り口からしきりに覗いていた。ビアガーデンはおかげでがーらがら。外にいるのは子連れか犬を連れた人のみ。ようやく自由になった息子はビアガーデンを駆けずり回り、水遊びで上機嫌。目の前のテンプリナーゼー湖畔はビーチになっているので今度はそこで遊ばせてあげよう。
f0157115_451316.jpg
f0157115_4525780.jpg
今回はキッズバイクトレーラーを使っての初の自転車旅行だった。子どもと一緒だとやれお腹がすいた、のどかわいた、退屈だ、眠らせろと時間がどうしてもかかる上、おむつに着替えにおやつに飲み物と荷物もぐっと増えるけれど、それもまた楽し。帰りはレギオナルバーンに自転車を積んで一気に東駅まで。電車に自転車持ち込みokなのも嬉しいところ。(とはいえサッカー帰りの人で混んでたのでトレーラーはちょっと邪魔そうだった。)キャンプに向けていい予行練習になった。

自転車はちょっと・・・というかたにはポツダム駅からバスも出ています。テンプリンの森のブラウワリー、ベルリンからの夏の日帰り旅行におすすめ。

Braumanufaktur Forsthaus Templin,
14473 Potsdam, Templiner Straße 102
[PR]
by yumikov | 2010-07-01 04:56 | 環境のこと

持続可能な消費意識調査〜Pro Klima Berlinキャンペーン

このところ電話アンケートが続いている。昨日は牛乳についての消費者意識アンケート。地元の牛乳を意識して購入しているか。
以前の投稿「子連れで街を移動する」で書いたPro Klima Berlinキャンペーンからも先日また電話がかかってきました。モビリティに関するアンケートです。

前にかかってきたのが10ヶ月前で、パンフレットが届いたのがその2ヶ月前、最初のハガキはその数日前に届いたものだったから、かれこれ1年以上追跡していることになります。

今回の設問は前回とまったく同じだと思う。過去2日間の移動目的と移動時間、距離。移動手段について日頃なにを意識しているか、車の使用を意識的に減らそうと心がけているか、それは難しいと感じるか。気候問題を意識すれば将来的にはどんなことを心がけるつもりか。自由回答式ではなくすべて選択式。また、いくつかの意見に対してどの程度自分の見解と一致しているか4段階で答えるというものも。

ところで内容についてですが、自分個人をふりかえって見ると、子どもができるまでは「もっぱら自転車か徒歩+たまに公共交通」でした。それが産後しばらくは「徒歩&公共交通が圧倒的で自転車は皆無」。子どもが1歳を過ぎて春到来の今現在、子どもを自転車に乗せてあちこち移動するようになった。お天気が回復したらもっと自転車移動は増えるだろうから「自転車と公共交通と徒歩が同じくらい」になるかもしれません。

ママたちの間では「子連れだと車があると便利」としばしば耳にします。そうなのかな?私たち家族は車はどうしても必要なときにレンタカーを借りて、あとはこの街で暮らしている限りはあまり必要性を感じません。ただ子どもがもう少し大きくなったり二人目ができたりしたら状況も変わるのかもしれないし、公共交通が充実していない片田舎に住むことになればまた話が変わるのかもしれない。
[PR]
by yumikov | 2010-05-26 16:25 | 環境のこと

母の日には1歳のママが集合

映画『かもめ食堂』をみたらシナモンロールが食べたくなった。翌朝目覚めてキッチンに行くと焼きたてが並んでいるではないか。恐れいります^^)
f0157115_20185932.jpg
この日は両親学級で一緒だったひとたちとの再会。どの子も1歳をむかえて新米パパもママも1歳になりました。公園でピクニックをする予定が、肌寒いお天気のためカティアのところに集合。だいたいみんな近くに住んでいるので気軽に集まることができていい。

持ち寄ったティラミスやチョコレートケーキ、スコーン、サラダにフルーツがずらりと並び、ほおばりながら近況報告。マーシャもオレもルカも元気そう。うちの子が一番早く生まれただけあって、体は小さいけど歩くのは一番最初。リビングはあっという間に子どもたちの食べかすだらけに・・・。どの子も選り好みをする時期に入ったみたい。
f0157115_20234130.jpg
夫婦で内務省に勤務するクラウディアのところは今度はオリバーが育児休暇をとってルカをみている。男性でも堂々と育児休暇を取れるのはパートナーにも子どもにもよいこと。うちも夫が息子を大学のKinderladenに連れていってくれなければどうなっていただろうかと思う。大学生だったマライケはなんと助産師をめざすことに決めたのだという。彼女も助産院を選んだ。きっといいお産をしたんだろうなと思った。カティアとフィリップは結婚することにしたのだそう。妊婦時代からみんな知っているのでなんだか不思議。次は全員集合なるかな?
[PR]
by yumikov | 2010-05-11 20:31 | ベルリン生活のこと

あっ!こいのぼり

f0157115_21192399.jpg
花冷えのドイツの5月。市場に行くとなんとこいのぼりが木にぶら下がっていた。はためくのではなくだら〜んと。

見るとそこは魚屋さん。鮮魚ではなくて燻製の魚を串にさして火であぶっている。

う〜ん。確かに鯉は魚だけど。いつも下げてたのかな?私が気づかなかっただけ??子どもの日のこと知ってるのかな???頭がはてなだらけ。

子どもの日には日本の両親から送られてきたミニこいのぼりでささやかなお祝い。ちらし寿司には同じく送ってもらったひたし豆&夫の手作りキムチを添えて。ちらし寿司の酸味は息子の口にあわなかったもよう。バナナ蒸しパンはお気に入り。
f0157115_21212374.jpg

[PR]
by yumikov | 2010-05-08 21:30 | ベルリン生活のこと

やめないで!助産師さん

こないだ息子を小児科に連れていった際に気がかりなニュースを目にした。
ドイツで助産師という職の存続があやぶまれるような状況になりつつあるというのだ。
f0157115_21544531.jpg
助産師の仕事はひとの命に関わるわけだから、当然のごとく責任重大であるしリスクはつきもの。助産師さんの過失により赤ちゃんに重大な損害が起こるケースが増えているわけではないし、医療の発達で難しいお産でも命をつなぎ止めることができるようになっているのだけれども、親御さんからの損害賠償請求は増えているのだそう。

そのため助産師さんが支払う賠償責任保険の負担額が今度の7月から前年の50パーセントもアップする予定で、そうなると助産師さんは本業である"お産"ではいよいよ食べていけなくなってしまう。これまでの報酬だって仕事に見合った金額とはほど遠いものだったのだから、これではとどめを刺すようなもの。

1992年には年間179ユーロだった負担額が年々引き上げられ、2009年にはついに2370ユーロにという具合。おかげで助産師さんの数は23%にも減ってしまった。このままではこの7月以降3689ユーロに上げられてしまう。

ドイツには約1万8千人の助産師さんがいてその多くはフリーで仕事をしているという。フリーの助産師さんはひとりあたり年に30〜40人を抱えている。病院でのお産の介助をする場合の収入は237ユーロ、助産院の場合で445ユーロ、自宅出産の場合で537ユーロだという。これがどれくらいになるかは計算すればわかるけれど、そこから諸々の税金や問題となっている損害責任保険の3689ユーロを差し引いたら手元には一体いくら残るというのだろう・・・。

そうなると、助産師さんはお産の介助は諦めて両親学級や産後の自宅訪問などをするしか道はない。締めざるをえない助産院もでてきているそうだ。

私はひとにお産のことをたずねられてもつい「よかったよ〜」と答えてしまう。痛みもどうも忘れてしまったらしい。友人に「そんな答えを返されたの初めて!」と驚かれてから、あらためて自分のお産体験が幸せなものだったことを実感した。

一番の理由は助産師さんの介助で出産できたことだと思う。助産院のアットホームな雰囲気ももちろん私には大切だったけれど、助産師さんたちの温かい充実したサポートなしではこのような満足感は残らなかったと断言できる。

妊婦検診に自宅に通ってくれ、臨月には鍼を打ち、息子をとりあげ、産後も赤ちゃんのお世話の仕方から母体の回復まですべてをケアしてくれたマリーナ。若くてオシャレなシングルマザーで、発言に迷いがなったからいつも安心できた。予防接種の相談にも乗ってくれ、よい小児科医も紹介してくれた。
アニーナも産後の新生児黄疸をすばやく見抜いて病院に案内してくれた。
臨月に腰痛を和らげるマッサージをしてくれたエファは、産後に乳腺炎になりかけたときにも相談に乗ってくれた。体だけでなくて心もリラックスさせるのが上手な彼女は、新米ママの心の問題にも踏み込みどっしり構えていて頼もしいことこの上なかった。

マリーナも半年ほど前にはお産の介助はもうやめて妊婦と産後のコースだけをするようになったと聞いた。やはり経済的な理由からだろう。次は他のひとにお願いするのかと思うとさみしい。

次のお産もドイツの助産院で!と願う自分にはとっても気がかりなニュース。助産院で産まれた子どもたちを中心に診る小児科の先生のところでは署名を集めていた。あと10日ほどのあいだに5万筆を集めて連邦議会に請願書を提出したいとのこと。署名に協力できるかた、ぜひお願いします!詳しくはドイツ助産師連盟のサイトをご覧ください。
[PR]
by yumikov | 2010-05-07 22:06 | ベルリン生活のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧