ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

25万人反原発デモのベルリンの様子を写真で

既に日本でも報道されているように土曜のデモには計25万人ほどが参加したという。ベルリンは12万人などと報道されていたが、ここ4年近く見ていて一番の人手だったのは間違いない。
f0157115_16542130.jpg
土曜のデモでは「原子力?おことわり」ポスターが配られ大勢が手にしていた。この太陽は長い伝統を持つ反原発運動のシンボルだが、先日その誕生逸話が南ドイツ新聞で紹介されていた。1975年デンマークはオーフスにて、アンナ・ルンドさんという当時22歳の女子学生がこの笑う太陽のシンボルと文句「ATOMKRAFT? NEJ TAK」を考案したという。以後これまで40ヶ国語に翻訳されている。ドイツ語は「ATOMKRAFT? NEIN DANKE」、日本語は今回の事故後初めて目にしたが以前からあったのだろうか?
f0157115_1753455.jpg
ポツダム広場の地下鉄駅を上がると人、人、人。交差点が人で埋め尽くされていた。
f0157115_1763918.jpg
ソニーセンタービル前。
f0157115_1772339.jpg
1979年ハリスバーグ(スリーマイル島)、1986年チェルノブイリ、2011年フクシマ。
f0157115_17103973.jpg
フィルハーモニー前。
f0157115_17112654.jpg
日本大使館付近。
f0157115_1712193.jpg
f0157115_17125468.jpg
Siegessäuleへ向かう道。
f0157115_17153439.jpg
このカードも配布されていた。同じ言葉の入ったTシャツを売る姿も目にしたが買う気にはどうしてもなれなかった。
f0157115_17132079.jpg
反核つながり。
[PR]
by yumikov | 2011-03-28 17:24 | 環境のこと

シンボルとなったフクシマ

Anti-Atom-Demo am 26.03.2011
「フクシマは警告する、すべての原子力発電所を停止せよ!」
2011年3月26日@ベルリン、ハンブルク、ケルン、ミュンヘン

福島の原発事故のあとドイツでは各地での一斉デモが組織され、先々週は450ヵ所で11万人、先週は700ヵ所で14万人が集まり原子力発電所の停止を求めました。明日のデモは福島の事故とは無関係に各州選挙前に予定されたものですが、一体どれくらいの人が集まるでしょうか。フクシマという言葉を耳にしない日はなくその度に胸が苦しくなります。

2週間前の今日、これほどの長期戦になろうとは一体誰が予測していたでしょうか。それでも前を向いていかなければならない。いらないものを順々に整理して(まずmixi、twitter、facebook等SNSはすべてやめました)大切なものを問い直したら、ようやく一歩進む気持ちになってきました。
[PR]
by yumikov | 2011-03-26 05:05 | 環境のこと

どうかどうかもってくれ原子炉

東北地方太平洋沖地震の後の初の投稿です。金曜朝に地震の報道を聞いてからまったく試験勉強が手につきません。
f0157115_7271999.jpg
ベルリンでは今日18時に日本の被災者追悼の行進が行われました。アレクサンダー広場というだけで待ち合わせ場所も指定されていなかったけれど世界時計のところにパトカーが数台停まっていたのですぐわかりました。
f0157115_7382639.jpg
今日の行進は、反原発団体などが中心となりtwitter等で緊急よびかけがあったもの。私も知ったのが1時間半ほど前でしたが結局家にいてもずっとニュースをみている以外できないしと、日本人の友人中心にダメもとで声がけして出かけました。
f0157115_739532.jpg
思ったよりもたくさんの人手で500人はゆうに越えていたと思います。直接呼びかけた友人たちは反応してくれましたが、そのほか日本人らしき姿はあまり見かけませんでした。
f0157115_7394640.jpg
参加者が手に持っている赤の蝋燭はお墓に飾るものだそうです。
f0157115_7401310.jpg
緊急デモなのにウンター・デン・リンデンを通行止めにできちゃうんだなぁ、と感心。
f0157115_7403792.jpg
横断幕には"Der Atomausstieg ist alternativlos. 脱原発以外に道はない"の文字。
f0157115_741424.jpg
首相官邸のある角に着いたところその先まで近づけません。正面玄関前でのデモの許可が降りなかったということでしょうか。ここで私たちは黙祷して日本の被災者の方への祈りを捧げました。昼間にはシュトゥットガルトで6万人規模の反原発デモがあったドイツです。脱原発撤回路線のメルケル首相は退陣せよ!と声を荒らげる人も。

幸い私の家族は皆無事、大切な友人にも連絡がつき、危ない地域にいるはずの人もほぼ安否確認ができたのは幸運なことだと思います。不安なのは福島をはじめとした原発の事故の可能性。既に被曝した方もいると聞き、遠いドイツでやきもきしています。チェルノブイリの経験から最悪の事態を分析予測するドイツでの報道と、日本のパニック回避重視の報道との違いに戸惑いも感じます。ドイツのメディアも「日本政府や当局の説明も矛盾していていたり、隠そうとしていたり」と説明不足への不安が隠せません。

とにかく、今は原子炉にもってくれとしか言えない。
[PR]
by yumikov | 2011-03-13 07:58 | 環境のこと

景観パークHerzbergeとリトル・ベトナム

トラムのM8で東に行ったところにちょっとした景観パークHerzbergeがあります。以前MarzahnのGärten der Weltへ行った帰りに通りかかり、いつか息子を連れてきたいと思っていました。羊がのんびりしている原っぱの脇には木立に囲まれた素敵な園庭のある教会系の幼稚園があって、反対側にはこれまた美しい建物の病院の楝が並んで、周りのリヒテンベルク地区の景色とはだいぶ異なります。
f0157115_4425421.jpg
残念ながら中には入れませんでしたが、果樹の植えられた原っぱで存分にボール遊びができました。とても静かなので暖かくなったらのんびりしに来たいと思いました。

帰りにはベトナム・マーケットに立ち寄りました。日曜でもやっているのは知っていましたが、皆ぞろぞろと車で買い付けにきていたのには驚きました。
f0157115_4274579.jpg
大きな倉庫のような建物がいくつも並び、屋根には太陽光発電パネルがずらっと設置されています。中は写真のような感じで通路の両側に店が立ち並んで、日用品から食材までびっくりする値段で売られています。
f0157115_4561377.jpg
レストランも各棟にいくつかあります。ウェイトレスのお姉さんはドイツ語があまりわからず、ジャスミンティーを頼んだらカモミールにレモンスライスを入れて出してくれ、箸を頼んだらハサミを出してくれました・・・。どうやらドイツの法は通用していないようで、禁煙の張り紙の目の前でタバコの煙がもくもく。でもそんなこともあんまり気にならない大らかさが身につきそうな世界でした。お味のほうは、街で食べるベトナム料理よりもオーセンティックな感じがしたのは場の雰囲気からでしょうか?おいしかったです。
f0157115_458138.jpg
ドイツ暮らしで喋れたら楽しそうだと思う言語のひとつがベトナム語。あとはトルコ語とロシア語。
[PR]
by yumikov | 2011-03-11 05:06 | ベルリン生活のこと

海がみたくて

というわけではないのですが、ロストックに行くからにはWarnemündeまで足を伸ばさないことはないでしょう、と。
f0157115_4405619.jpg
育児休暇から復帰した大学の今期の初試験。教授学の基礎理論と環境教育教授学の2分野だったのですが、いろいろと誤算がありベルリンで受けられずロストックまで行くことに。このところ3月にしては嘘のように気持ちの良い晴天続きで、そんななかかんづめだったから気分転換になって結果としてよかったよかった。
f0157115_4434177.jpg
Warnemündeに来るとなぜかいつも軽井沢を思い出します。屋台で魚を注文しようかな、それとも海の見えるレストランに入ろうかなと考えて後者に。今回は魚はやめて季節もののムール貝料理を。Moules Marinièreといってベルギーの名物だそうですが、デュイスブルクでホストファミリーと一緒に食べて以来なのでかれこれ8年ぶり?+アルトビールで自分へお疲れさま!しました。砂には体の毒素を流す作用があるそうなので、浜にたくさん舞う凧でも眺めながら砂に埋もれてごろんとしようかと思ったのですが、海風がまだまだ冷たいのでパス。と思うと、シスターに扮装した人々や動物のかぶりものが海に駆けだしていきました。なにかと思えばカーニバルの日だったんですね。浜に忽然と置かれた遊具が不思議。(上の写真と見比べてください)
f0157115_593045.jpg
さあて、第1弾終了!試験はまだまだ続く・・・。
[PR]
by yumikov | 2011-03-08 05:24 | 大学院のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧