ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

母乳にいいもの?悪いもの?

今日は日本では子供の日ですが、国際的には助産師さんの日だそうです。産後体操のインストラクターであり、自身も助産婦さんであるミヒャエラが話していました。

ドイツでは産後8週間頃にお母さんたちを集めて、骨盤や腹筋などを戻すための体操コースが無料で受けられます。産後の女性のからだにのちのち問題が出て保険料を払うより、体の戻りが順調にすすむようサポートしたほうが結果的に国にとっては安上がりなんですね。環境政策だけでなく医療でもドイツの予防原則がみられます。
週2で4週間ですからなかなかの頻度。同じ月齢の赤ちゃんが集まるのも楽しいです。最終回にはみんなでママカフェに行こう!なんて話も出ていますが、私は明日日本に飛ぶので今日が最後。

f0157115_0545059.jpgさて今の時期、ドイツの街のあちこちにシュパーゲル(=ホワイトアスパラガス)の露店が立っています。このシュパーゲル、ドイツで一番のご馳走です。ドイツ料理といえばソーセージにじゃがいもにシュニッツェルに・・・というのが定番ですが、私は何を置いてもシュパーゲル!です。ついに我が家にもシュパーゲル専用鍋がやってきました。

ところがこのシュパーゲル、授乳中のお母さんは要注意!らしいのです。
食べると母乳の味が変わる。場合によっては赤ちゃんが嫌がって飲まないこともあるらしいのです。
先日恐る恐る試してみましたが、問題なく受け入れてくれました。よかった〜。

シュパーゲル以外で要注意!なのが、キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、たまねぎなど。赤ちゃんのお腹にガスが溜まりやすいそうです。大根、ラディッシュなど辛味のある野菜、にんにく、唐辛子などの刺激の強いもの、イチゴなどベリー系&柑橘系のフルーツも要注意。市場でSchwarzrettich(黒大根)を買おうとしたときに、お姉さんが「授乳してるならやめといわほうがいいわよ〜」と教えてくれました。酸味があるものは赤ちゃんのおしりがかぶれやすいみたいです。出産準備コースでも、確かに母乳育児についていろいろと教えてくれましたが、実際に試してみないとわからないものです。

あと、母乳は血液でできているので、血液さらさらにする物を食べると母乳の出がよくなるとか、餅や乳製品など高タンパクの食品を食べると母乳がつまりやすいとか、いろいろあるんですねぇ。白身魚や海藻が母乳をおいしくするとのことなので、産後は週に一度は魚の日を作っています。魚が週に一度でもドイツでは多いほう?かな?

ほうれん草を食べた日には、おっぱいの色は変わらないのに赤ちゃんのうんちがなんと緑色に!アルコールやカフェインがダメ!程度は知っていましたが、こんなに色々な食べ物が関係があるとは、体って本当に不思議。子を授かってからというもの、体の神秘に魅了されています。日頃から食品の安全性には気を配っていますが、赤ちゃんができるとそこに責任も生まれますね。
[PR]
by yumikov | 2009-05-05 00:12 | ベルリン生活のこと

NGO、初夏の署名集め

新緑の美しい季節になりました。4月に入ってから緑が急にぶわぁーっと広がり、一気に生命が蘇ってくる感じがドイツの春です。このところは初夏といってもよい気温になってきました。Sバーンに乗って街を見下ろすと、「あぁ、都市なのになんと緑が多いのだろう」とつくづく感心してしまいます。この3連休には電車にも自転車を持ち込む人がいっぱい。サイクリングにも持ってこいの陽気です。

この時期になると、植物だけではなく街ゆく人々も生き生きとして、笑顔がこぼれています。暗い冬のあるドイツでは、日暮れが21時にも22時にもなるこの季節には、人々はこぞって公園やオープンカフェなどで日差しを満喫します。私もこのところ連日バーベキューをしたりして、野外で初夏を過ごしています。

昨日クラインガルテンでバーベキューをした際には、ずっと欲しいと思っていたブランコ式の長椅子をお隣さんから譲り受けてしまいました。なんでも新しいのに買い換えるのだそうですが、このお隣さん、平日の昼間から上半身裸でビールを飲んでいたりする見事なビール腹のリタイアしたご夫婦で、昨日はシュナップス(果物の蒸留酒)にまで誘ってくれたりと、やっぱりこの季節みなさんご機嫌のようです。

この陽気ではNGOも署名集めがしやすいのか力を入れているのか、アムネスティにグリーンピースにWWFと、あちこちで署名活動に出くわしました。
f0157115_5452026.jpg
最近はまってしまいよく食べているLandliebe社のグリースプディング。Landliebe社は、グリーンピースのキャンペーンの成果として、大手としてはドイツで初めて、遺伝子組み換え飼料を使っていない酪農家の牛乳だけを使って乳製品を作り始めたそうです。
そうそう、過去の投稿『遺伝子組み換え不使用の卵や牛乳、肉を選ぼう(選べるようにしよう)!』でも書きましたが、ドイツのスーパーには遺伝子組み換え食品は並んでいませんが、遺伝子組み換え飼料を使用した乳製品や肉や卵はそうではなかったのでした。遺伝子組み換え飼料を使用していない場合には、企業は製品に「遺伝子組み換えしていない」との表示ができるようになったものの、実際にはそういった製品がまだまだ少ない上、表示義務もないので消費者としてはまだまだ判断がつかないのです。
署名は他の乳製品メーカーもLandliebe社に続け!ということで、一筆協力してきました。遺伝子組み換え不使用の飼料購入の足しにしてください、と乳製品メーカー(経由で酪農家に?)に1セントを送りつけるアクションです。

BUNDも肉への遺伝子組み換え飼料の使用をやめよ!と大手スーパーEDEKAを相手取ったキャンペーンを貼っていましたが、こちらはまだ手強い模様?
[PR]
by yumikov | 2009-05-03 05:56 | ベルリン生活のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧