ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ベルリナーのエコロジカル・フットプリント

この世界地図を見てください。なんだかゆがんだように見えませんか?アフリカ大陸はずいぶんと縮んでいるし、日本もかなり太っちょになっています。これは2003年時点の各国のエコロジカル・フットプリントによって示した地図なのです。
f0157115_20271133.jpg
(出展:WWF、『生きている地球レポート2006年版』)

エコロジカル・フットプリントとは、私たち人間の生活が地球へどの程度影響を与えているかを目に見えるようにするための指標で、どの地域に住んでいる人(一人あたり)がどれくらい自然環境に依存して生活しているか、衣食住のためにどれくらいの地球の資源を使い廃棄物やCO2を生み出しているかを、占有している土地のヘクタールで表したものです。

日本人一人当たりのエコロジカル・フットプリントは2003年時点で4.4ヘクタールです。(WWF、『生きている地球レポート2006年版』)

これから何がわかるかというと、たとえば地球全体の人が日本人と同じ暮らし方をしたら地球がいくつ必要かが見えてきます。2003年時点でのデータによると、地球が2.5個必要となります。つまり地球が足りないのです。世界の人口増加や公平な分配そして地球の限界を考えると、日本人のような生活が今のまま続けられないことを意味しています。

f0157115_19591472.jpgこちらの大きな足はベルリナーのÖfiくん。データが1998年と古いですが、当時のベルリナーのエコロジカル・フットプリントも4.4ヘクタールでした。ベルリン市民の生活にはベルリン168個分の敷地が必要ということになります。ドイツ平均はやや下回りますが、ベルリン市民生活での環境負荷が日本とほぼ同じということがわかります。平均を下回る理由のひとつには、やはり旧東ベルリン地域が含まれることがあります。また、今ベルリンに住んでいて車の多さに辟易してますが、これでも市民一人当たりの車所有はフランクフルトやケルン、ミュンヘン、ケルンなど他の大都市と比べて明らかに少ないとのこと。ちなみに2003年時点のドイツ人のエコロジカル・フットプリントは2003年時点で4.5ヘクタールです。

アジェンダ21ベルリンのウェブサイトでは、ベルリン市民のエコロジカル・フットプリントのデータの説明や計算方法、そしてこの太っちょなÖfiくんがどうやってフィットネスしてダイエットしていくかの対策(例、バイエルンから来る牛乳よりブランデンブルクの牛乳を買おう!エコドライブをしよう!暖房を効率的に使おう!など)が紹介されています。
はてさて、テレビ塔を見下ろしているÖfiくん、少しはダイエットできたのでしょうか?それともさらに太ってしまったのでしょうか?
[PR]
by yumikov | 2008-09-21 20:27 | 環境のこと

シュプレーヴァルト生物圏保護区へ

ベルリンから南へ電車で1時間、自転車を積んで南ブランデンブルクのシュプレーヴァルト(Spreewald)へ行ってきました。
f0157115_564911.jpg
あたりは森に囲まれた湿地帯で、シュプレー川が細く蛇行し湖があちこち点在しており、ユネスコの生物圏保護区(Biosphärenreservat)に指定されています。

私たちはリュッベン(Lübben)駅で下車、自転車で湖をぐるりと北上し、シュレプツィヒ(Schlepzig)という街をめざしました。湖の周りには葦が生え、湖上には白鳥やカモがたくさんいました。夏の間はコウノトリも多く見られるそうです。

シュレプツィヒは水郷にある可愛らしい街で、カーン(Kahn)という船での遊覧やカヌーが人気でした。初夏などはよいでしょうね。
f0157115_494756.jpg
川辺のレストランでホタルジャコ(Zander)、パーチ(Barsch)、カワカマス(Hecht)という3種の地魚料理をいただきました。魚好きとしてドイツの内陸に住むのはなかなかつらいものがありますが、たまに魚を食べる機会があっても、名前がわからずチャレンジしてみるほかないのも実情。調理法にもよるけれどホタルジャコが美味しい。シュプレーヴァルトといえばきゅうり、ということできゅうりのサラダ付き。

このシュプレーヴァルト生物圏保護区は、DDRの国立公園計画の一環で指定されたもので、ユネスコには1991年3月に認定されました。認定の背景には、80年代からこの地域を守ろうと活躍した自然保護ボランティアの功績があったそうです。

現在この4万8千ヘクタールの保護区には自然監視員(Naturwacht)が9人いて、自然保護法を遵守しているかどうか監視したり、情報提供などの環境教育にも寄与しているそうです。
f0157115_4391552.jpg
シュレプツィヒにも州環境局の運営する博物館があり、シュプレーヴァルトに生息する動植物や川の水質汚染状況と生息動物の関連、たゆまぬ自然保護活動などの情報が公開されていました。このあたりはスラブ民族のソルブ人が暮らす地域のため、環境局の看板もドイツ語とソルブ語の両方で書かれています。

食事の後は、シュレプツィヒ北部を自然学習散策路(Naturlehrpfad)に従って進みます。
f0157115_58192.jpg
ところどころにこのような札があり、周辺の自然について解説してくれます。木に巣食うきのこも発見。
f0157115_4501042.jpg
この日は肌寒かったので、戻る前にカフェ(その名もカフェ・アン・デア・シュプレー)にてコーヒーで体を温めてから戻りましたが、ここのケーキのおいしいこと!それほど甘党ではないですが、こんなケーキなら焼いてみたいな。
f0157115_522256.jpg

なお、今回利用したリュッベン駅は安全で環境にやさしい鉄道網の発展を促進する団体アリアンツ・プロ・シーネによって2004年の「利用客が快く利用できる今年の駅」に認定されているそう。清潔さや発着情報、周辺道案内などの情報が充実している点が評価されたそうです。
確かにきれいだった気もするけど、降りた瞬間に「あ!焼き魚」という匂いがして、そっちのほうが印象に残っています(笑)。

そういえばリュッベンの街に着く前に道端のカモミールを摘んで帰ったのですが・・・
f0157115_534858.jpg
花びらの落ちたカモミールだよね?と摘んでいたこの植物、帰って調べてみるとこれはStrahlenlose Kamilleといってカモミールの仲間のコシカギクというもの。お茶にしたら、カモミールとはまた違いますが、新鮮で香りがあってなかなか。
[PR]
by yumikov | 2008-09-17 05:13 | 環境のこと

遺伝子組み換え不使用の卵や牛乳、肉を選ぼう(選べるようにしよう)!

2008年5月からドイツでは、企業が商品に"ohne Gentechnik"(遺伝子組み換え技術不使用)という表示をつけることができるようになりました。

これまで飼料に遺伝子組み換え穀物が使用されているかは闇の中だった牛乳、肉、卵などの動物性食品についても、識別できるようになるチャンスです!
f0157115_1235985.jpg
とはいえ表示をつけるか否かは任意のため、実際どれだけの企業が使用しているかは不明です。だったら消費者から意思表示をしましょう!ということで、BUNDはただいまスーパーマーケットチェーンのEdekaをターゲットにアクションを展開中です。

なぜEdekaか?というと、業界最大手のEdekaが動けば、他のスーパーも遅れを取るなとばかりに動くに違いないからです。それにEdeka Nordでは2003年から豚肉の飼料に遺伝子組み換え穀物を使用するのをやめており(とはいえシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州とハンブルク州、ニーダーザクセン州北部の地域限定)、この地域でできるなら他の地域でもできるでしょう、豚でできるなら他の肉でもできるでしょう、ということです。

アクションでは、お店に直接手紙を持ってってもいいし、簡単にEメールを送ることもできます。
Eメールアクションはこちらから。

早く店頭にお目見えしたらいいな~。
[PR]
by yumikov | 2008-09-13 01:40 | 環境のこと

O2 Worldオープン

明日O2 Worldがオープンします。

アイスホッケー場やバスケットーボールなどのスポーツ観戦施設やコンサート会場、カジノ、映画館にホテル、レストランなどのエンターテイメント設備が入ったマルチ機能型アリーナだそうです。

イーストサイドギャラリーの向かい側、シュプレー河の東側に建ったこのアリーナ、クロイツベルクから自転車で帰るときによく見えるのですが、初めて見たときにはなんじゃこりゃ~?幕張メッセ?東京ドーム?という印象でした。この近代的な建物と背景のギャップが大きくて興ざめです。

オープンを控えた今は、アリーナ壁面の超巨大電光掲示板に広告文が流れて・・・。なんと無駄&品のないエネルギーの使い方だろう!と腹立たしいほど。

ホームページを見ると、
「排出したCO2を屋上緑化で「一部」固定してます、熱供給には天然ガスを使ってます、トイレ洗浄は節水型です、従業員に省エネ行動の研修してます、etc..」

などと、環境面にも配慮してますよと言いたそうですが、あの電光掲示板にどれくらいエネルギーが費やされるかについてはなにも情報がありません。ちょっと問い合わせてみましょう。

とにかく明日はオープン記念で入場無料だそうなので、時間があったら足を運ぼうと思います。
[PR]
by yumikov | 2008-09-10 02:54 | 環境のこと

『環境情報科学』の環境教育特集号のご案内

先月31日に社団法人環境情報科学センターから発行された『環境情報科学』。
今回の特集は環境教育です。

日本の環境教育推進法関連の調査をお手伝いした経由で、今回の号でドイツの持続可能な発展のための教育について書かないかというお話をいただきました。全体としては、環境教育界を代表する面々が環境教育の歴史や世界的な動向や事例を紹介されています。ご興味ある方は最新号案内をご覧ください。

これまで環境系の雑誌や書籍に寄稿したことはあっても、本格的な学術論文はこれが初めて。後で読み直してひゃーという思いをすることがないようベストを尽くしたつもりです。

この歳になってまた学生をやっていて、時には溜め込んだ知識を活用していない、社会に参画していない、と悶々とするなか、アウトプットの場があるのは大変ありがたいことです。自分の理解やスタンスを確認する大事なプロセスにもなります。
[PR]
by yumikov | 2008-09-08 20:41 | 環境のこと

bioが足りない!?

このところプライベートな話題ばかりでしたが、現地情報を少々。
f0157115_4183172.jpg
2007年末にはEU基準によるドイツのオーガニック農業の農地が全農業用地の約5.1%となったそうです。昨年と比べて有機農家は6.5パーセント上昇、敷地面積は4.8パーセント上昇とのこと。(出典ZMP)

先日の南ドイツ新聞にもこの件が記事になっていましたが、オーガニック製品の需要に対し生産が間に合っていない事情についても触れられていました。

ドイツのオーガニック(Bio)ブームについてドイツニュースダイジェストでも取り上げられていました。興味深いのでぜひご一読を!

ところで、ドイツ産とアルゼンチン(?)産だかのリンゴが同じ値段でビオスーパーの店頭に並んでいるのを先日見て、「あーあ」とがっかり&飽きれました。遠くからたくさんの燃料を消費してドイツにやってきたリンゴと、ドイツの旬のリンゴ。なぜ同じ価格で並べられるのでしょうか?同じ値段で売れるのならドイツ産だけでよいのではないですか?皆さんも考えてみてくださいな。
[PR]
by yumikov | 2008-09-08 04:26 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧