ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ドイツのサステナビリティ教育プログラム「トランスファー21」

ドイツ政府が4年がかりで行なってきた、学校での持続可能性(サステナビリティ)教育普及のためのプログラムTransfer 21もまもなく終了です。
先々週に成果を共有する会議があったので参加してきました。

f0157115_613415.gif以前の記事でも少しご紹介しましたが、ドイツ政府は1999年からBLKプログラム21というモデル事業を開始し、学校での持続可能性教育のためのプログラムを戦略的に開発し、各州、各学校で定着させるために尽力してきました。トランスファー21はその後継プログラムです。

参加者の多くは直接このトランスファー21の実施に関わった人々。州のコーディネート事務局担当者や参加校の校長、学校のパートナーとして参加した環境教育センターやNGOそして企業担当者、大学関係者など、合計250名ほど。

トランスファー21の4つの目標はおおかた達成できたようです。

1.各州の参加校を10パーセントまで拡大→12パーセント達成(30パーセントの州が2つ)
2.普及指導員の認定による継続的なサポートシステム構造をつくる→研修により79名が新たに誕生
3.小学校および全日制学校への拡大→ワーキンググループにより様々な教材を作成
4.教員養成へのESDの導入→課題はまだ残るもののセミナーや研修も行い、成人教育の分野でユニークなコンセプトも生まれた

全体発表以外では、私は国連持続可能な発展のための10年(DESD)のためのドイツの取り組みのワーキンググループに参加しました。

事務局を務めるナショナルコミッティー担当者から、まずドイツがこの枠組みでどんな取り組みをしているかの概要説明。専門家・行政・NGOの多くの主体が参加して、活動している人たちのネットワーキングや支援、政策提言などを行なっている様子があらためて確認できました。
連邦政治教育センター(BpB)は関わっていないのか?と質問が出ると、行政内でのコンセンサスを得る難しさや、なかなか国連持続可能な発展のための10年の運営ではリソースが足りない現状も明らかになりました。ドイツDESDの公認プロジェクトは約660件もありますが、トランスファー21校からの応募は20件ほどしかなかったそうです。

参加者からは、9月にハノーファーで行なわれるアクションデーや2009年の3月にボンで行われるESD国際会議でぜひトランスファー21の成果を発表しよう、他の国での取り組みはどうなのだろう?、トランスファー21が終わる今、DESDへ取り組みをつなげていこう、という声があがりました。

また、トランスファー21参加校に終了後も持続可能性のテーマを定着させるため、なんらか認定が必要という声が学校関係者から多くあがり、トランスファー21学校に呼びかけてDESD認定学校に応募してもらうようにしようというかたちでまとまりました。

7月の終了後にまとめられる予定の報告書を楽しみにしたいと思います。

会場では環境問題独立研究所(UfU)のマイケに会いました。彼女はUfUで園児対象の自然エネルギープログラムを担当しているのですが、秋からはパートナー団体のある中国に転勤だそう。大学の同級生ゲオルグにもばったり。同級生といえども彼は50歳くらいで、ラインラント・プファルツ州の森林保護や環境教育の分野で活躍しています。

学生の肩書きで参加しているのは私くらいなものでした。もう慣れてきましたが、肩身がちょっと狭くもあり、熱心ねと思われたり。まぁ、図々しいもの勝ちでしょう。
[PR]
by yumikov | 2008-06-27 06:15 | 環境のこと

6月のクラインガルテン

f0157115_5353712.jpg6月の庭は多彩です。種を撒いたものが苗となりポットから畑に植え替えたり、ハーブは色とりどりの花を咲かせ(写真はサルビア)、徐々に収穫もできるようになってきています。

「どうか雑草が増えてませんように・・・」
庭に到着する度に脳裏にあるのはこの祈りです。

しかし、その甲斐むなしく、にっくきアッカーシャハテルハルム(Ackerschachatelhalm)は毎度ところ構わず繁殖しているのです!日本語で言うところのスギナ、春には土筆と呼ばれる雑草です。これが大変やっかいなもので何10センチもの長さの根を、地中でまさに縦横無尽に張り巡らせるのです。春には「わー土筆だ!」と和んでいましたが、なんだったら食べておけばよかった!

「アブラムシにはやっぱりてんとう虫?」「でもあれも害になることもあるから・・・」「カブがだいぶ膨らんできたんだけど夏に収穫できるの?」日本の実家にいる母は野菜の有機栽培の大先輩なので、困ったことがあるとなんでも聞きます。昨日も母と電話をして、「そうなのよ!あれはまったく・・・」と雑草ネタで盛り上がってしまいました。

今日は植えかえる場所がなくなったので、「よーし」と重い腰を上げて耕しました。
草をぎりぎりのとこで刈って、スコップで表面の根だらけの土を掘り起こして、深く地中から土をおこしてひっくり返してざくざくっと空気と混ぜるようにする。だいぶ時間がたってもやっぱりなかなか進みません。

う~ん、こんなとき男手が欲しい。が、男手たちはロシアに上海にワシントンDCにと今月は出張ラッシュです。
彼らはえんどう豆に大量につくアブラムシを見つけてからは害虫対策に夢中で、検討した結果、シュヴェブフリーゲン(Schwebfliegen)というハエの1種(ハナアブ科ヒラタアブ亜科)の幼虫を注文。「ようし、やっつけろ!」やっぱり男の子なんですね、害虫退治で盛り上がるなんて。私はてんとう虫のほうが可愛いのでよかったのですが、売り切れだったそう。
今は虫までネット販売で宅急便で届く時代です。

白い花が咲いたじゃがいも畑からは、これまた不思議。ルッコラが発見されました!
売られてるものがはかなく思えるほど、この野生化したルッコラはしっかりしています。やわらかい小さな葉をとるのですが味も少々辛口。

先々週には庭にネズミが出没。これいい子?悪い子?
f0157115_53385.jpg
草と虫は除草剤と農薬まけば簡単ですが、そうもいきません。
無農薬では手間は仕方ないし、試行錯誤も勉強のうち。

今日は半日を庭で過ごす心積もりできたので、疲れたら芝生に寝転んで日向ぼっこしながらお勉強。環境セミナーのマネジメントという具体的かつ面白い内容で、自宅で勉強するより進みが早い早い。なんて贅沢な平日の過ごし方だろう。
ラディッシュにルッコラ、カブにえんどう豆を収穫して帰りました。
f0157115_526185.jpg
晩ご飯はカブのペペロンチーノとラディッシュとルッコラのサラダ。ついに収穫で野菜がまかなえるようになりつつあります!(写真は先日のサラダと玄米、揚げカリフラワーのアボカド&クレームフレッシュのわさびソースがけ)
f0157115_5141747.jpg
明日は庭を手伝ってくれてる友人を呼んで収穫物でご飯会をしようと思ったら、EM(ヨーロッパ選手権)のドイツv.sトルコ戦なので、誰も来てくれそうにありません・・・。ドイツで私のようにサッカーを見ない人は友人をなくすかもしれません(汗)。また仕切りなおしです。
[PR]
by yumikov | 2008-06-25 05:32 | ベルリン生活のこと

毒をもって毒を制す

ホメオパシーを試すことにしました。
f0157115_1155588.jpg
ドイツ人医師ハーネマンが始めた、いわゆる代替療法。
"毒をもって毒を制す"なんてちょっと怖そうですが、もっと怖いことは色々やってきました(笑)。
どうせなら本場にいるうちに試してみようと。

回りまわって再会したサティシュ・クマールさんの言葉。
疲れ果てている環境運動家のやれること、作れる社会というのは
大したものではないのです


そう。NGOで全力投入して消耗しきった自分から出てきたのは、燃えカスのようなものだったと思う。持続可能な社会をめざす人間の生活自体が持続不可能では、やっぱりそんな社会は描ききれないし、やってこないのです。

人は誰しもきっとなにかを抱えているのだろうけれど、私もやっかいなものを抱えています。
でも、自分が元気でいないとね。

病や大切な人の死をもってしか心身のありがたみが実感できないというのは人間の哀しいところ。
私が環境問題に取り組もうとしているのは、誰もが心身ともに心地よい生活がしやすい社会を作りたいからというだけのことです。

まずは自らの悪循環の輪を断ち切ることから始めようと思います。
最近いいエネルギーをもらって、いい流れになってきたからきっと大丈夫。
[PR]
by yumikov | 2008-06-24 05:49 | ベルリン生活のこと

100万人のキャンドルナイト in Berlin

明日は夏至ですね。
昨日までいたスウェーデンでは夏至は盛大にお祝いするそうですが、ドイツでは特に祝日だったり、お祝いする日ではありません。

夏至を明日に控えた今晩、なんとベルリンでキャンドルナイトが行なわれるそうです。
f0157115_1501615.jpg
ベルリン在住のsaoriさんの企画によるもの。スバラシイです!
ベルリンにお住まいの方々、BBQもするそうですし、ろうそくを持って足を運んではいかがですか?

Candle Night in BERLIN

日時:2008年6月20日(金)21時~
場所:クロイツベルク GörlitzerPark(真ん中の大きな穴のなか)
最寄り駅:U1 GörlitzerBahnhof

詳しくはsaoriさんのブログ「うたかたの日々」をご覧ください。
[PR]
by yumikov | 2008-06-21 01:24 | 環境のこと

ブログのご縁で南スウェーデンへ

大学院の集中講義の後、ピッピの国スウェーデンへ3日間ほど旅してきました。
ロストックからはデンマーク、スウェーデン、フィンランドなどへの船が出港しています。
2003年にストックホルムに行ったことがありましたが、南スウェーデンは今回が初めて。
f0157115_22112138.jpg
ロストック港から北欧、ロシアへ ― 夜のターミナル ― Skandlineのフェリー

大好きな船旅。乗ったのはトレレボリ(Trelleborg)行きの夜行フェリー。
夜に出港して早朝に着く、25ユーロで宿要らずの素敵な船旅!のはずでした。
窓口のお姉さんは寝袋敷くところもあると言ったのに、リクライニングシートの座席しかない。結局みんなその椅子の間の隙間に横になっているので私も寝袋を広げてみましたが、いびきのひどい人がなーぜか多くて結局どれくらい寝られたのやら・・・。
トレレボリからはマルメ行きのバスに乗車。通勤客が多いのか、バスは満員。
f0157115_2214377.jpg
トレレボリへ上陸 ― トレレボリのアストリッド・リンドグレーン通り ― マルメ中央駅

今回の旅の目的はブログを通じて知り合ったアキコさん宅を訪問することでした。彼女の住むオスビー(Osby)は、人口4千人の湖の多いのんびりした町。スウェーデンの有機生産物やGMOの状況を教えてもらったり、途切れることなくおしゃべりしたり、彼女のグリーンピースでの仕事を垣間見たりしてほんと楽しかった。アキコさんパワーを充電させてもらった感じです。マルメでは、やはりブログでつながっているJakobさんとも予定外にお会いでき、人の縁に感謝です!
f0157115_22131153.jpg
マルメ城 ― 空が抜ける停留所 ― オーガニックハーブガーデン ― 帝国電話ボックス?

一人でわくわく新しい発見をするのも大好きだし、気の置けない友人との旅行も楽しいけれど、誰かを訪ねる旅もいいなぁ。この旅はまったく無計画で、観光らしいことはなし。マルメのお城の周りを散歩して、スウェーデンの伝統的なアキコさん宅や旧市街のJakobさんの雰囲気のある感性が光る家など、その町の人たちの暮らし方が見られて話がきけてよかった。素敵なものが見つかれば・・・と思っていたスウェーデンデザインの壁掛け時計にも出会えました。
f0157115_221451100.jpg
アキコさん宅にて ― マルメ旧市街 ― マルメ中央駅のカフェ

帰りはマルメとベルリンを結ぶ夜行列車で。寝つきが悪い癖に乗り物で眠るのが好きです。
6人寝台のコンパートメントは満員。夏至祭りの盛んなスウェーデンは21日がお休みだそうで、一足先にお休みをとってドイツへ渡る人も多かったようです。

ちなみに、Jakobさんの一言で、私がこれまでこのブログのメールチェックをしていなかったことが発覚!自動受信すると思っていたところが、受信しにいかないとダメだったのです。半年以上も前から色々な方からメールをいただいていたのに、ことごとく無視してしまっていたようです。失礼いたしましたっ!
[PR]
by yumikov | 2008-06-20 22:22 | ベルリン生活のこと

エコメルヘン!?『ふたりのピッピ』

先日タイ料理店で食事をしていたところ、テーブルに本売りがやってきました。
ドイツではレストランに花売りや新聞売り、募金集めなどがまわってくることがよくあります。
f0157115_157756.jpg
差し出した本をみると、『Die doppelte Pippielotta ふたりのピッピとあります。児童文学ピッピシリーズのエコロジーバージョンとのこと。なんのこっちゃ?と思っていたら、「また戻ってくるからめくってみて」と本を置いていきました。

ピッピ??一緒に食事をしたドイツ人は「え!『長靴下のピッピ』を知らないの?」と驚き顔。スウェーデンの有名な児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの代表作で、ドイツでは知らない子供はいないほどだそう。Bildungsllücke(教育の欠落している点)とまで言われてしまいました!

ドイツでもなんでも エコ(öko)とかビオ(bio)とかつければいいような風潮になっているのでうさんくさいなぁとも思いましたが、ぱらぱらっとめくってみると・・・砂漠化や気候変動、熱帯雨林、褐炭の露天掘り(←ドイツっぽい)など環境問題の話題が登場していて、おふざけに書いた様子もありません。というわけで結局購入。

本を売っていたマンフレッド・ヒューバーさん自身が著者で、これまでにもピノキオやカスパールもエコメルヘン(Öko Märchen)としてパロディ化しているようです。

世界一強い女の子ピッピかぁ・・・。今、世界一弱そうな女の子(?)の私には励ましのメッセージみたい。

ウェブサイトにお試し版もあるのでドイツ語のわかる方はどうぞ↓
メルヘン出版 マンフレッド・ヒューバー

※後日談...
大学の仲間のクラウディアに見せたところ、このタイトルはエーリッヒ・ケストナーの『Das doppelte Lottchen ふたりのロッテ』のモジリでもあるね、と。そっか!気づかなかった。ということで本の日本語訳を「ふたりになったピッピ」→「ふたりのピッピ」に変更しました。(6/19)

[PR]
by yumikov | 2008-06-10 15:21 | 環境のこと

ひと味違う古本店 『Café Tasso』

フランクフルターアレー11番地にある『Café Tasso』。
私がベルリン一お世話になっているカフェです。

f0157115_0185992.jpg自分たちで「ひと味違う」と言ってしまうだけある個性的なカフェで、飲み物やケーキなどすべてオーガニック、古本屋とギャラリーを兼ねています。ワイヤレスLANが無料開放されているので、ノートPCを持ち込んで長時間たたずむお客さんも多く、私もネット開通まで1ヶ月以上お世話になりました(左上写真)。夜にはポエトリーリーディングやコンサートなどイベントが。

古本は1ユーロ均一で、蔵書は頻繁に変わります。(1部50セントのものも)
DDR時代やベルリンについての本が多いですが、たまにのぞくとこれは!という本に出会います。
一昨日もフランツ・アルト氏の『Agrarwende jetzt』を入手!BSE後に書かれた『今こそ、農業転換を』といったもの。フランツ・アルトさんといえば、近年、環境ジャーナリストの村上敦さんが精力的に訳書を出して紹介されていますね。数年前の講演会で少しお話したことがあります。

f0157115_1774645.jpg環境関連で手に入れたのは・・・
・"緑のバイブル"と称されるヴッパタール研究所編 『Zukunftsfähiges Deutschland』(邦訳『地球が生き残るための条件』)
・エルンスト・ウルリッヒ・フォン・ワイツゼッカーがエコロジー税制改革への道すじを書いた『Der Weg zur Ökologischen Steuerreform』
・同じくワイツゼッカー、エイモリー・ロビンスらの『ファクター4』

お宝の原書がざっくざくです。

ちょっと前からGoogle マップを活用して、フリードリヒスハイン地区を中心とした独断のお勧めマップを作成しています。(左にリンクあり)
おいしいパン屋さんやお店などのローカルな情報をシェアできるよう、順次、忘備録的に掲載していく予定です。皆さんのお勧めのお店などもぜひ教えてください!
[PR]
by yumikov | 2008-06-06 17:20 | ベルリン生活のこと

若手審の最終報告書を読もう

以前ご紹介した若手審の最終報告書が出ました。

今ざっと読んだところですが、中間報告書に対するパブコメで出した意見を採用してもらった箇所もあり、税制のグリーン化など中間報告書ではまだまとまっていなかった日本の戦略の部分もおもしろかったです。

「CO2 排出に価格を付ける仕組み」
「消費や投資による温暖化への影響が見える仕組み」
「低炭素ビジネス等への投資」など、
タイムリーな話題を含めて個人消費者に対してもわかりやすい説明と提案が書かれています。

枝廣淳子さんの昨日のEnviro-Newsでも紹介されていましたが、この最終報告書を日本の少しでも多くの方に読んでいただきたいと思います。要約版もあるし、第3章の「日本の役割、戦略、政策」では自分にできることが必ず見つかること間違いなし!

ダウンロードはこちらから。
[PR]
by yumikov | 2008-06-04 20:12 | 環境のこと

アウトバーン経由、ペダルをこいで環境フェスティバルへ

6月1日は年に一度のベルリンの環境フェスティバルの日。
f0157115_485952.jpg
ベルリン版アースデーといった感じで、ベルリン最大の環境のお祭りといえばこのUmweltfestivalです。(※ドイツではアースデーはあまり盛んに行なわれていないようです。)

このフェスティバルは、コルヴィッツ広場のエコマーケットや校庭の緑化コンテストなどをオーガナイズしているGRÜNE LIGAという環境団体のネットワークが主催。メインステージではライブあり、ボンの生物多様性会議の結果やモビリティについてのトークあり、エコビールやオーガニック料理のブースには人がたくさん。
f0157115_4112997.jpg
ハーブや野菜などオーガニック農産物の販売や、こどもが遊びながら自然や環境のことなどが学べるブース、環境政党の政治家のQ&Aコーナー(写真は緑の党。「ICE(ドイツの高速鉄道)にも自転車を持ち込めるようにしよう!」)。
穀物の種クイズは難しかった!どれが大麦でどれがキビなのか・・・。食べているものなのにわからないことは多いです。
f0157115_4143932.jpg
天然ガス車のPRに、ドイツ鉄道のカーシェアリングやシティ・バイクレンタル。ドイツ鉄道のサービスも思ったよりも高くないようです。
f0157115_4301789.jpg
ドイツ環境自然保護連盟(BUND)が「自転車で買い物へ行こう」キャンペーンとして、自転車の後ろにひっかける牽引カートを無料貸し出し(お試し用)しているのは初めて知りました。ケースで飲み物を買ったり、重たいものを運ぶときにすごく便利なんですよね、これ。

f0157115_5161152.gif今年のフェスティバルのモットーは「Vielfalt belebt 多様性で活き活きと」でしたが、Sternfahrt(星形走行)という☆状に各地からフェスティバル会場に自転車で集まるアクションも同時開催されていたからか、モビリティ関連のブースもたくさんあり、自転車旅行の地図などなどユニークなものがたくさんありました。
ベルリン市都市開発課はベルリンを自転車の街に!という意向ですが、自転車道への駐車もひどいし道のりはまだ遠いですね。

中央駅などから無料のVelo Taxi(自転車タクシー)も出ていましたが、こういうアクションで会場へ誘致するのもいいアイディア。ニュースによれば、数万人がSternfahrtに参加。なんとアウトバーン(高速道路)でも車を止めちゃって自転車走行できたそう!私もに参加するつもりで家を出たのが、合流地点にちょっと遅れて見失い、無念。。。

ベルリンに来てから今日で丸1年。早いものです。
[PR]
by yumikov | 2008-06-02 04:27 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧