ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

1990年比じゃ不公平?―ドイツは日本の主張をどう見ているか

日本の経済界を代表する人たちは、日本の1990年度比で-6パーセントというCO2削減義務に対してよく不公平であるということを言っています。日本はオイルショックの時にかなりエネルギー効率を上げて省エネに取り組んできた。もうこれ以上は無理!という主張ですね。それに対して同じく先進国であり目標の-21パーセントに対し既に18%を削減しているドイツの専門家はどう見ているのでしょうか。

ハインリッヒ・ベル財団イェルク・ハース(Jörg Haas)氏が、気候問題を公平性の切り口から捉えた彼のブログ「公平性の雰囲気Klima der Gerechtigkeit」で日本の姿勢についてコメントしているので、一例としてご紹介します。

日本にも一理ある
ハース氏は言います。

これは、来週からバンコクで開催される気候対策の会合(AWG)を前に、北畑経済産業事務次官が「京都議定書の基準年を1990年ではなく2005年にすべきだ」と発言したことに対するコメントです。

この基準年の設定は確かにヨーロッパには有利だ」とハース氏。

「1990年時点では、ヨーロッパの一部分がまだソ連に属しており、その後システムを変えた結果、排出を急速に減らすことができた。イギリスが石炭を私営化し、天然ガスへ転換したのも1990年以降のこと。それに対し、日本はオイルショックによって随分前から効率的なエネルギー政策を講じてきた。そのため1990年以降は大きな排出削減はできていない。」
ドイツも、旧東ドイツ地域がプラス面に働いたことを承知しつつ、それに甘んじることなく京都議定書の削減義務以上の目標を掲げて更なる取り組みを行っていますが、「日本は乾いた雑巾である」という主張によりそうような発言です。

ならば日本の提案のように2005年にするのがよいかというと・・・。

「基準年を設定するものは、常に無作為で勝手なものになる。だから、日本の提案のように2005年を基準年としてもよくはならないのだ。2005年までまったく気候保護対策をしてこなかった国ばかりが得をするからだ。」

「もっと別の削減義務算出基準が必要なのだ。グランドファザリングgrandfathering)といわれる排出権を分配する原則と同種のものだ。これまで排出した分から、交渉によって決められた削減率を掛け合わせたものを基準とする。排出してきたこれまでたくさん排出してきた企業は、多くの排出権を得て、これまで排出が少なかった企業は、排出権も少ない。」

となると、日本は?

「グランドファザリングのオルタナティブとしては、次の2つの原則に基づく気候保護義務の分配が考えられる。

気候変動に対する責任(Responsibility)
損害を引き起こしたものが、それを片付ける。(汚染者負担の原則)

環境保護に対する能力(capability)
公共の福祉のために負担を負う必要があれば、能力のあるものがないものより多く負担する必要がある。

どちらの原則も気候変動枠組み条約で既に規定されている。共通ではあるが異なる責任とそれぞれの能力に応じて、公平に、今日および将来世代の気候システムを守っていくべきである。」

先日千葉で行われた気候変動、クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する閣僚級対話(G20・グレンイーグルズ対話)のサマリーがちょうど本日出ましたが、ここで確認された「共通だが差異のある責任と各々の能力」を彼も強調しています。

では、それを推し進めるにはどうしたら?
「まずは、昨今出版した『Greenhouse Development Rights Framework』を読んでみてほしい。日本の経済産業事務次官にも送ったほうがいいかな?基準年問題を解決できるように――」

お後がよろしいようで。
ウェブでダウンロードできるので読んでみたい。

NGOで活動していた頃、フィフティ・フィフティプロジェクトを推進している時によく問題になったのと同じことだ。フィフティ・フィフティとは、学校で省エネ活動をして、削減できた費用を半分学校に還元するしくみ。経済的インセンティブと環境教育、さらには自治体の構造改革にもなりうる(?)というベストな組み合わせだと今も思ってる。
でも、「基準年をいつにするのか?活動する前の年か?過去数年の平均値か?」「でも、それまでがんばってなかった学校が得をするじゃないか。」そういう声も多かった。
フィフティ・フィフティでは、環境教育に比重を置くところも強かったし、あの時はまだ学校に削減義務はなかった。でも温対法(地球温暖化対策推進法)が改正されたら、学校も温室効果ガスの削減対象になるのだ。そしたら??

ふぅ。公平性を追求するのは難しいなぁ。
最近勉強しているエコロジー経済学の視点でも考えてみよう。


環境関連のブログランキングに参加しています↓よかったらクリックしていってください♪
にほんブログ村 環境ブログへ
FC2 Blog Rankingエコロジーランキング

[PR]
by yumikov | 2008-03-29 00:47 | 環境のこと

環境経済学とエコロジー経済学

この3月はすっかり学生モードです。

イースターの前から片付けようとしている課題は、
「人為的な気候変動の問題を、エコロジー経済学の3つの視点から論ぜよ。」
という至極シンプルなもの。

さーてと。まずは、次の問いでウォーミングアップです!

♪1 「無料の昼飯などというものはない」という経済学者の常套句は何を意味しているのか。
♪2 代替コスト、機会コストとはなにか。
♪3 消費財の生産と環境の質の関係を表す生産可能性フロンティアを描きなさい。
♪4 パレート最適とはなんであるか。効率と公正さの違いは何か。


♪5 外部性とはなにか。
♪6 公共財はなぜ「公共」と呼ばれるのか。
♪7 ピグー税と基準額を設定する税の大きな違いはなにか。
♪8 課税による解決と比べたときの排出権取引の中心となるメリットはなにか。
♪9 純粋な規制による解決に対して、経済学的手段による環境保護(課税、排出権取引)のメリットとはなにか。
♪10 コースの定理では、どのような点で「汚染者負担原則」の概念が相対化されるだろうか?
♪11 「経済的な総合価値」という概念の下でいえることはなにか。
♪12 公共財の経済的価値判断の手法には基本的にどのようなものがあるか。
♪13 自然の経済的な価値を判断するにあたっての限界はどこにあるか。


♪14 エコロジー経済学と従来の環境経済学との違い(少なくとも目ざすもの)は何か。
♪15 エコロジー経済学の中心となる3つの要素は何か。
♪16 持続可能性(サステナビリティ)のコンセプトにはどのようなものがあるか。
♪17 持続可能性のいわゆる”マネージメント規則”とはどのような内容か。
♪18 貢献度に対する公正さと需要に対する公正さの大きな違いとは何か。
♪19 公正さを”同じであること”と解釈した場合にどんな問題が起きるか。
♪20 エコロジー的な基本権は、どのような点で、公正さについてのあらゆる理論の最低限の妥協として理解できるか。


それにしても、環境経済学とエコロジー経済学が違うものだなんて思ってもみなかった。

エコロジー経済学を勉強すると、たとえばこんなメリットがあります。
環境政策を考えるときに、環境保護のために国が規制を敷くのが良いのか、補助金制度を作るのがいいのか、環境税を課すのがいいのか、そういったことを具体的にシュミレートして判断できる。「排出権取引」なんてするべきなのだろうか?そういったことを自分の頭で考える鍵となる。

f0157115_19262760.jpg経済学。
自分には最も縁がないと思っていた学問だけれど、自分が取り組みたいことのためには必要だということが次第にゆっくりとですがわかってきました。


環境関連のブログランキングに参加しています↓よかったらクリックしていってください♪
にほんブログ村 環境ブログへ
FC2 Blog Rankingエコロジーランキング

[PR]
by yumikov | 2008-03-26 18:28 | 大学院のこと

春到来?クラインガルテンを耕す

前の借主(Pächter)のモヤさんは、このクラインガルテンのあるTreptow地区に住んでいて、奥さんに赤ちゃんが生まれて維持が難しくなったため庭を手放すことにしたそうです。この日は二人のお子さんと奥さんそしておばあさんも一緒で、最後の庭を満喫して帰ってゆきました。

道具はモヤさんからほとんどそのまま譲り受けました。芝刈り機もあります。
でもよく見るとかなり年季が入っていて、あまり使えるのはなさそう。
まずは鎌やスコップがもう少し必要。

小屋の中はほとんど変わっておらず、がらくたも放置されたまま。ひとり途方にくれ、とりあえずドアと窓を開けて空気を通し、埃だらけの布などを天日干しに。(前回の2月の様子はこちら

f0157115_2373061.jpg大事なのは庭です、庭。
この日は鍵をもらってチェックするだけのつもりでしたが、絶好の作業日和なのでちょっと作業することに。

入ってすぐのところに芝に覆われている花壇を発見。今日の目標をこの救出に据えて草と闘っていたら、友人が応援に来てくれました。
f0157115_244249.jpg
花壇にはチューリップや水仙が埋もれていて、土を掘り起こすとミミズがぞくぞく顔を出し、土筆もたくさん。土筆なんて何年も見てなかったことに思い当たりました。こないだ来たときには土が凍っていたけれど、もう大丈夫。耕せます。敷地を流れる小川をカモが泳ぎ、イースターのカラフルな卵が木にぶら下がっている区画も。クラインガルテンのおかげで、都市にいながらにして季節を感ることができそうです。
f0157115_2412210.jpg
どうでしょ?花壇は(!)復活です。

けしの実(Mohn)、キンセンカ(Ringelblumen)、ニンニク、キビ(Hirse)。
先日お隣さんから色んな種を分けていただきました。これらも楽しみ楽しみ。

今日は曇りで始まり、晴れ→吹雪→晴れ→ぼた雪→晴れのベルリンでした。
イースターが過ぎたら本格的に作業できるといいなぁ。

環境関連のブログランキングに参加しています↓よかったらクリックしていってください♪
にほんブログ村 環境ブログへ
FC2 Blog Rankingエコロジーランキング

[PR]
by yumikov | 2008-03-20 02:52 | ベルリン生活のこと

映画 『レボリューション6』 Was tun, wenn's brennt

このYouTubeのインタビューとライブ(英語)を聴いてください。

"We will never wake from the nightmare of climate change
unless our national governments and the European Union act.
They are the only ones who can put the structures in place that
will help us tackle climate change." (Radiohead, Thom Yorke)


f0157115_6401535.jpgレボリューション6』という映画ご覧になりましたか?原題『Was tun, wenn's brennt』というドイツ映画です。ハイライトで使われているあの曲がレディオヘッドRadiohead)のものなんです。右の、あのスローモーションになる場面。上のYou Tubeの最後の曲ですが、さっき気づきました。

このレディオヘッドFoEのキャンペーンBig Askを応援しているんです!あのFoEの不完全な〇を自らの手で描いて・・・。

Big Askとは、温室効果ガスの排出量を少なくとも毎年毎年3パーセントずつ減らすことなどを政府に求めるキャンペーンで、イギリスからヨーロッパに広がっているところです。FoEイギリスの主張はこちらFoE Japanのサイトで読めますが、イギリスでできた2050年までに温室効果ガス排出量を60%削減させるという気候変動法案を、世界のお手本とできるようさらにしっかりとしたものに変えようということです。このキャンペーンのことはFoEイギリスの人が最近来日したり、このブログを読んでくださってるecoloさんも紹介してらっしゃいます。ボーカルのトム・ヨークの記者会見の模様はこちら
f0157115_674321.jpg
トム・ヨークさんは「僕が40秒喋っただけで世の中に影響なんて与えられないよ」と言います。
そうでしょうか?自分が共感する人、あこがれる人、同じ匂いがする人、そうした人の考え方は気になるものです。『レボリューション6』も素晴らしい映画なのでぜひ!

FoEイギリスのキャンペーンページはこちら(英語)。
Big Ask キャンペーンについてはこちら(英語)。

環境関連のブログランキングに参加しています↓よかったらクリックしていってください♪
にほんブログ村 環境ブログへ
FC2 Blog Rankingエコロジーランキング

[PR]
by yumikov | 2008-03-16 05:07 | 環境のこと

モビリティを失った首都

やっぱりこんな状況も珍しいかと思い、書くことにしました。

つぶろぐにはちょこちょこ書いてましたが、ベルリンではここ10日間、地下鉄やトラム、バスが動いていません。ストライキのためです。

これまでドイツ鉄道(DB:Deutsche Bahn)のストライキには何度かあいましたが、2~3日で終わることがほとんど。今回は市街地の交通を担うベルリン交通公社(BVG)が長いことストライキをしているので、街の様子は目に見えて変わりました。

想像してみてください。
東京で地下鉄や私鉄、バスが止まってしまったら?
JRしか動いていなかったら?

ローカル新聞(Berliner Woche)によれば、これを期にダイエット!と徒歩1時間通勤をする女性もいるそうですが、反動でドイツ鉄道はぎゅうぎゅう、車内に自転車を持ち込む人が白い目で見られたり、渋滞が起きたりしてるそう。

高級デパートKaDeWeはシャトルバスを出動。ストが起きると自転車屋が儲かるというのは本当で(?)、レンタサイクル屋さんも桁違いの台数ににんまり。ストライキ割引もあるそうです。タクシーも需要は増えてるけれど、初乗り運賃がほとんどだそうです。mixiでもベルリン在住日本人によるスト情報交換トピが立ったり、なんだか大変です。

ヒッチハイクのマニュアル?も出現。なんと、ベルリン州都市開発局とベルリン・ブランデンブルク交通協会(VBB)の対策というから驚き。乗りたい人はこれをプリントアウトして行き先を書いてボール紙に貼ってね、乗せてあげられる車はこの紙を正面のウィンドウに貼っておいてね、とか――。

来週イースターを迎えるドイツですが、このストライキの目処はたっていません。
街には明らかに歩きや自転車の人が増え、ある意味活気づいてるようにも見えます。
地図を片手にならんで歩くカップル、普段とは違う光景を見つける人、鳥のさえずりに気づいた人。いーじゃないですか♪こうなったら楽しんだもの勝ちでしょう。

f0157115_5205190.jpg私は?と言えば、ベルリンでは旧東を中心にトラムがめぐらされているので、結構影響は大きいはず。とはいえ、仕事も大学も自宅という私にはあまり影響なく、出かけるときもまず自転車なので、ストレスのない日々を送っています。

これを期に自転車生活を始めよう!
[PR]
by yumikov | 2008-03-15 05:27 | ベルリン生活のこと

気候変動とエネルギーセキュリティ

既にオフィシャルな報告(独語)が出ていますが、土曜に出かけてきたイベントの報告を忘れないうちに。緑の党(Bündnis 90/Die Grünen)主催の平和会議の一環で行われたパネルディスカッションです。

中心となったのは、
・気候変動、安定性と安全性の問題としてとらえれば・・・
・中国の気候変動に対する立場を知ろう

という話。

中身に入る前にユニークだったイベント会場の紹介を。開催されたのは我が家の近所の復活教会Die Auferstehungskirche)です。f0157115_6314143.jpg
この教会は第2次世界大戦でほぼ全壊に近い状態となりましたが、2002年に環境フォーラムとして生まれ変わり会議場などとして使われています。一定の湿度を保つための粘土の壁や、壁面・床暖房、コジェネレーション、太陽パネル、セルロース構造の壁など、環境にやさしい建築になっています。またケータリングサービスもオーガニックの食材を使ったものという徹底具合。緑の党のイベントにはうってつけです。

この日のパネラーは、
  ツァン・ハイビン氏(Zhang Haibin) 
  北京大学教授、中国国務院商務部貿易・環境問題担当諮問委員
  サシャ・ミュラー=クレナー氏(Sascha Müller-Kraenner) 
  アメリカの環境団体The Nature Conservancyヨーロッパ代表
  ディルク・メスナー氏(Dirk Messner) 
  ドイツ開発政策研究所所長
  ラインハルト・ビュティコファー氏(Reinhard Bütikofer) 
  緑の党(Bündnis 90/Die Grünen)代表

以下、まずはオフィシャルな報告のyumikov抄訳。ドイツ語のわかる方はこちらをどうぞ。
====================================================

安全性に対する脅威 気候変動

気候変動は国際的な安定性と安全性に大きなリスクをもたらす。この点では、本会議のパネル3の参加者は一致していた。しかし、国際的レベルでの協業は成功するだろうか?そして、中国の気候変動に対する立場やいかに?

「地球のシステムの非常に大きなねじを回しているところだ」とメスナー氏は警告する。
「(温度上昇の読みが)4度違えば、アジアのモンスーン体制が崩壊し、農業へ致命的な影響を与える。その結果起こる食糧不足は、地域全体の安定性に大きな脅威を引き起こしかねない。
だから、”気候変動は社会変動”になりうるのだ。」

ミュラー=クレナー氏は、「気候変動は既存の安全性の問題を悪化させる恐れがある」と言う。「なので、さらに気候政策の手段をしっかりと構築する必要がある」。また、「適応対策のためのリソースがあまりにも不足している」ことを批判。

ハイビン氏は、「中国政府は気候変動により安全性が脅かされる危険があることを受け入れていない」という。「政府は国家的な経済的躍進にとりわけ専心しているところであり、近年で200万人足らずの人々が貧困から開放された見込み。気候保護は経済成長を10パーセント下げる恐れがある」。

さらに、ハイビン氏はEUの気候保護における模範的役割を強調。「我々はドイツやEUから学んでいるところである」。ミュラークレナー氏も先駆者の役割を指摘する。が、「我々は社会的な制限がどうやって埋め合わせられるかを中進国に提案する必要がある」ことを強調。

この点でメスナー氏は、気候変動においての技術やノウハウをよりよくつなげられるよう、欧米と中国との協業に賛成の意見を表明した。ハイビン氏は時折、中国政府がこれまでの交渉において非常に協力的であったことを強調した。

ビュティコファー氏は、気候政策が安全性政策の脅威の克服のための新しいマルティラテラリズム(多国間主義)のプロジェクトとして適しているのではないかと暗示する。
                                                    (以上)
====================================================

注目が集まったのは中国の話。
ハイビン氏は、まず「学生諸君に言いたい。EUの政策を見ろ。ドイツの政策を見ろ」とEUの環境政策に対する褒め言葉で口火を切りましたが、パネル中の発言や質問に対する返答は以下のようなものでした。
「はたして気候変動の問題は安全性の問題だろうか?」
「中国にとっても大きなチャレンジだが、世界にとっての大きな挑戦である」
「中国ができる唯一のことは持続可能な発展だけである」
「これからは市民や政府ではなく、環境NGOが力をつけるだろう。中国にはまだ時間が必要だ」

オフィシャルな報告にはあまり出てきてませんが、ビュティコファー氏の発言は次の通り。
「気候変動は自然やエコロジーの問題ではなく、社会的分配の問題。経済政策と気候政策、安全政策を一緒に考えるべき」
「バリ会議での態度を見ても、中国は自国がどのような影響を与えるかよくわかっている。中国に注目すべきである」
「ドイツは中国に技術や物資を提供できるが、政治的には難しい」
「中国には貧困の問題もあるし、社会問題にもお金がかかる」

エネルギー依存の問題も出てきました。
「EUの再生可能エネルギーにしても、バルト海のパイプラインなど、まだ十分に議論されていない。チェコやスロバキアが第3次エネルギーパッケージに参加したらどうなるだろうか。これは外交の問題であり、各国の利害が異なることによる。」※ドイツはバルト海の海底に天然ガスパイプライン建設する計画をロシアと合弁で推進している

パネルディスカッションの参加者は300名ほど。学生らしい若者も多く見られました。
長期ストライキ中のベルリンで、地下鉄もトラムを動いていない中、参加者にも影響があったと思いますが、そこはドイツ。会場前にはたくさんの自転車がならんでいました。

環境関連のブログランキングに参加しています↓よかったらクリックしていってください♪
にほんブログ村 環境ブログへ
FC2 Blog Rankingエコロジーランキング

[PR]
by yumikov | 2008-03-14 06:28 | 環境のこと

パフコメって知ってますか?

ただいまパブリックコメントの準備をしているところです。

今、日本で学校教育に関係する省令や学習指導要領の改正が予定されています。
対象となるのは、幼稚園、小学校、中学校。
今回の改正が今後の学校教育の方針を決める鍵となるのです。

パブリックコメントとは意見公募手続とも言い、行政が命令などを制定する際に内容を公示して国民の意見を広く募集するものです。行政手続法で定められているそうですよ。
現在意見募集中の案件だけみても、食品に道路に個人情報保護と、私たちの生活と気っても切れない様々な案件があります。

手順は簡単。難しくありません。

インターネット上の電子政府総合窓口で資料を入手

意見提出様式に従って記入

3月16日(日曜日)必着で提出(メール、郵送、FAX)


活用できるツールは活用すべき!ということで、今回の改正案についてひとつ私も意見を出してみようと思っています。

持続可能な発展のための教育(ESDの視点を学校教育に取り入れるとなれば、どうにか関連する文言を学習指導要領に入れたいものです。最近ドイツ各州の学校法をくまなく見ていましたが、環境に対する責任だけでなく、それを次世代につなぐことなど教育の目標として記されていることも少なくありません。

お子さんやお孫さんのいる方も、これからという方も、子どもたちが受ける教育内容を知っていますか?提案のある方、意見を出してみませんか?
とはいえ締めきりは日曜日。週末にかけてが正念場です。
私はやっと一通り資料に目を通したところです。

詳しい応募方法はこちら
ESD-J「持続可能な開発のための教育」推進会議のサイト(私も会員です)も参考にどうぞ。

環境関連のブログランキングに参加しています↓よかったらクリックしていってください♪
にほんブログ村 環境ブログへ
FC2 Blog Rankingエコロジーランキング

[PR]
by yumikov | 2008-03-13 20:39 | 環境のこと

「命あるものの多彩な姿」に目を向ける

先月ベルリナーレ国際映画祭で賑わっていたドイツですが、6月にかけては生物多様性をテーマにいろいろな映画が上映されます。
f0157115_18155740.jpg
http://www.mehrblick-filmtage.de/

これは5月にボンで開催される生物多様性条約締約国会議に向けたキャンペーンで、もっと生物多様性(biologische Vielfalt)に目を向けようというもの。

このスポンサーにもなっているTV放送局arteで、明日モンサント社についてのドキュメンタリー映画が放送されます。こちらはスウェーデンでGMOフリーゾーンの拡大を推進しているアキコさんからのご案内です。ドイツ・フランスにお住まいの方はどうぞ。

arte 3月11日(火) 夜9時(ドイツ時間)

ベルリンは昨日からお天気がよく、いよいよ春に向かってきたなというところです。

f0157115_18314472.jpgこれは中庭に咲き出した花。ベルリンの集合住宅には必ずと言っていいほど中庭(Hof)があり、中庭をぐるりと囲むように、表通りに面した建物、奥の建物、側面の建物があります。私がユニークだと思うのは、お隣の人とも中庭の敷地をシェアするということ。庭を挟んで反対側にお隣さんが住んでいて、でも敷地は区切られている。う~ん、うまく説明できない・・・。

「生物多様性」という言葉も専門的にはだいぶ使われているけれど、ピンとこないのは私だけ?
ということで今日の記事タイトルを上のようにしてみました。でも、言いたいのはそれだけじゃないからやっぱり「生物多様性」みたいになっちゃうのかしら??

環境関連のブログランキングに参加しています↓よかったらクリックしていってください♪
にほんブログ村 環境ブログへ
FC2 Blog Rankingエコロジーランキング

[PR]
by yumikov | 2008-03-10 18:44 | 環境のこと

今日は女性の日だから?

今日3月8日は女性の日だそうで、朝の市場に出かけたらバラの花を一輪もらいました。
f0157115_1432048.jpg
Wikipediaによれば、1904年の3月8日、ニューヨークで女性が参政権を求めてデモを起こしたことに由来して、今日が国際女性の日とされたのだそうです。日本では意識したことはないけれど、フライブルクにいた時も花をもらったことがありました。

市場でバラを配っていたのはSPD(ドイツ社会民主党)。
テンペルホフ(Tempelhof)空港の操業延長反対のビラを配るのが趣意でした。(ベルリンには現在3つ空港があり、市街地にあるテンペルホフの廃止をめぐる対立が起きています。)

午後には緑の党(Bündnis 90/Die Grünen)の開催する、気候変動と資源危機・安全性をテーマとしたパネルディスカッションに参加してきました。最後に質疑応答があったのですが、その場でも「今日は情勢の日なので・・・」と女性が優先的に質問できました。最初から挙手していたのに質問できなかった男性からは抗議のことばが出ていました。

花を贈られるのはうれしいことですが、なにもシンポジウムでの質問の機会を優先してもらわなくてもいいなぁ。
[PR]
by yumikov | 2008-03-09 01:53 | ベルリン生活のこと

日本の環境情報 auf Deutsch

だいぶサボッてしまいましたが、ドイツ語ブログに第1弾の記事を書きました。
第1回目は、一時帰国の時から騒ぎ出された古紙偽装問題です。

ドイツ語ユーザーを対象に、日本の環境政策や問題点、海外でよく聞かれること、話題になっていることを中心に情報を配信する予定です。自分の独作文の能力向上も兼ねているので、更新は遅れるでしょうが、ドイツ語がわかる方はこちらもよろしくおねがいします!
[PR]
by yumikov | 2008-03-09 01:34 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧