ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

シュプレーヴァルト生物圏保護区へ

ベルリンから南へ電車で1時間、自転車を積んで南ブランデンブルクのシュプレーヴァルト(Spreewald)へ行ってきました。
f0157115_564911.jpg
あたりは森に囲まれた湿地帯で、シュプレー川が細く蛇行し湖があちこち点在しており、ユネスコの生物圏保護区(Biosphärenreservat)に指定されています。

私たちはリュッベン(Lübben)駅で下車、自転車で湖をぐるりと北上し、シュレプツィヒ(Schlepzig)という街をめざしました。湖の周りには葦が生え、湖上には白鳥やカモがたくさんいました。夏の間はコウノトリも多く見られるそうです。

シュレプツィヒは水郷にある可愛らしい街で、カーン(Kahn)という船での遊覧やカヌーが人気でした。初夏などはよいでしょうね。
f0157115_494756.jpg
川辺のレストランでホタルジャコ(Zander)、パーチ(Barsch)、カワカマス(Hecht)という3種の地魚料理をいただきました。魚好きとしてドイツの内陸に住むのはなかなかつらいものがありますが、たまに魚を食べる機会があっても、名前がわからずチャレンジしてみるほかないのも実情。調理法にもよるけれどホタルジャコが美味しい。シュプレーヴァルトといえばきゅうり、ということできゅうりのサラダ付き。

このシュプレーヴァルト生物圏保護区は、DDRの国立公園計画の一環で指定されたもので、ユネスコには1991年3月に認定されました。認定の背景には、80年代からこの地域を守ろうと活躍した自然保護ボランティアの功績があったそうです。

現在この4万8千ヘクタールの保護区には自然監視員(Naturwacht)が9人いて、自然保護法を遵守しているかどうか監視したり、情報提供などの環境教育にも寄与しているそうです。
f0157115_4391552.jpg
シュレプツィヒにも州環境局の運営する博物館があり、シュプレーヴァルトに生息する動植物や川の水質汚染状況と生息動物の関連、たゆまぬ自然保護活動などの情報が公開されていました。このあたりはスラブ民族のソルブ人が暮らす地域のため、環境局の看板もドイツ語とソルブ語の両方で書かれています。

食事の後は、シュレプツィヒ北部を自然学習散策路(Naturlehrpfad)に従って進みます。
f0157115_58192.jpg
ところどころにこのような札があり、周辺の自然について解説してくれます。木に巣食うきのこも発見。
f0157115_4501042.jpg
この日は肌寒かったので、戻る前にカフェ(その名もカフェ・アン・デア・シュプレー)にてコーヒーで体を温めてから戻りましたが、ここのケーキのおいしいこと!それほど甘党ではないですが、こんなケーキなら焼いてみたいな。
f0157115_522256.jpg

なお、今回利用したリュッベン駅は安全で環境にやさしい鉄道網の発展を促進する団体アリアンツ・プロ・シーネによって2004年の「利用客が快く利用できる今年の駅」に認定されているそう。清潔さや発着情報、周辺道案内などの情報が充実している点が評価されたそうです。
確かにきれいだった気もするけど、降りた瞬間に「あ!焼き魚」という匂いがして、そっちのほうが印象に残っています(笑)。

そういえばリュッベンの街に着く前に道端のカモミールを摘んで帰ったのですが・・・
f0157115_534858.jpg
花びらの落ちたカモミールだよね?と摘んでいたこの植物、帰って調べてみるとこれはStrahlenlose Kamilleといってカモミールの仲間のコシカギクというもの。お茶にしたら、カモミールとはまた違いますが、新鮮で香りがあってなかなか。
[PR]
by yumikov | 2008-09-17 05:13 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧