ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

【番外編】 屋久島紀行その1 妖怪げじべえに会う

「ギーコーギーコー」闇夜に響くのこぎりの音。

その昔、島の人は山の木を切るときにはお供えをして拝んでから切っていたそうです。それがエネルギー源として木炭の需要が増えて炭焼きが盛んになると、集落の人たちも国有林を払い下げて森をどんどん切ってゆきました。

夜に炭を焼いていると、木を切り倒す音が山に響き渡ってきます。大木がまるで炭窯にいる人々目がけて倒れかかってくるよう。島の人はこれをげじべえの仕返しと考えました。

今でもげじべえは人間の行動を見ています。

====================================================

このようなことが千尋(せんぴろ)の滝のところの立て札に書かれていました。
屋久島の山には色々な妖怪がいるそうですが、げじべえはその妖怪のひとつで、大木や老木に住んでいると言われます。
f0157115_2214649.jpg
(2月の白谷雲水峡)

縄文杉を見に行った後の下山途中、屋久杉について悪い冗談を言った直後に根に足をとられました。これはもしやげじべえ??
f0157115_224969.jpg

ドイツ人は森が好きな国民と言われています。
雪だろうが赤ちゃん連れだろうが、お構いなしで森に散歩にいきます。

しかしさかのぼってみれば、中世のドイツでは暖房用の薪としてかなりの森を切り倒しました。そのため、今残っている森の多くは19世紀に植林した人工林です。ブナなどの落葉広葉樹林も混じる豊かな森が、今はほぼ針葉樹となり多様性は失われました。ドイツにもげじべえのような妖怪がいて、こらしめてあげたらよかったかもしれません。

なお、19世紀なって待ち受けたのが「森の死(Waldsterben)」とよばれる立ち枯れ。これは工業化が進み、大気汚染が引き起こした酸性雨の被害です。この森林破壊から立ち直るために国民が立ち上がったのがドイツの環境保護運動の起こりとも言われています。現在も健康な状態の木は全体の3割にも満たず、乾燥や地下水の水位の沈下による問題も指摘されているそうです。

多くの方に読んでいただけるよう下記ブログランキングに参加しています↓
よかったらクリックしていってください!

にほんブログ村 環境ブログへ

FC2 Blog Rankingエコロジーランキング

[PR]
by yumikov | 2008-02-24 22:31 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧