ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Silvester(ジルベスター)の花火

今年も残すところあと2日。
年の瀬をどのようにお過ごしですか?

ドイツでは、大晦日(ジルベスター)に花火を打ち上げて新年を祝う習慣があります。といっても日本の花火大会のようなものではなく、爆竹やロケット花火を酔いどれた個人が街中で打ち放ち、大騒ぎするというもの。

このジルベスターの花火。
排出されるCO2は2,300トンになるとか!(約1万トンの花火が使用される見込み)
この量は、550人がミュンヘン⇔ニューヨークを飛行機で往復するのに相当するそう。
ちょっとびっくりです。

ところで、自分のフライトによるCO2排出をオフセットするサービスが、ヨーロッパでは数年前から導入されています。

たとえば、
成田⇔ベルリンを往復すると、一人当たり6,500キログラムあたりのCO2を排出することになります。環境に配慮して暮らす人間が1年間に排出する量が3,000キログラムCO2だそうですから、大変な量です。

そこで、CO2を排出して環境に影響を与えた分を帳消しにするために、航空券購入時に環境保全プロジェクト(再生可能エネルギー開発や植林)に寄付をするのです。(寄付額は、例えば成田⇔ベルリンの場合で131ユーロ。)以前、環境シンポジウムを開催する際に海外ゲストをこのしくみで招聘したことがあります。

atmosfairのウェブサイト(英語ページあり)で排出量がチェックできるので、よく利用する便などあれば調べてみてください!そして、できれば活用してみてください。

私も今年ベルリンに飛んだので、この一年で3,250キログラム以上もCO2を排出したことに。さて、その分どうやってオフセットしようかしら・・・と財布をのぞいてみましたが、このところ環境活動に気をとられてお金稼ぎが疎かになってました。。。なので、どうにか自分の行動でオフセットしようと思います!

と、話がちょっとそれましたが、火薬による健康被害も懸念されるジルベスターの花火。
それでも一度は・・・ということで、この目で確かめてきます。
[PR]
by yumikov | 2007-12-30 05:51 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧