ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ケータイできるビンが登場します@日本

ドイツの大学生などをみてると、リュックサックに1リットルびんを入れて持ち歩いている人が少なくありません。「なんでこんなかさばるものを・・・」と思っていましたが、そのうちに理由がわかりました。手軽に持ち歩ける小型のペットボトルがあまり売られていないのです。

それ以前に、ペットボトルもリターナブルなものが中心で、使い捨てのペットボトル自体がほとんど出回っていません。それは包装廃棄物政令なる包装廃棄物の発生を抑制するための法律のおかげなのですが、今回は詳しく触れません。

とにかく、ドイツでは基本的に飲料ボトルは飲んだらお店に返すもの
返すとデポジット金(8~25セント)が戻ってくるので、面倒くさがりの人がごみ箱に捨てたびんをあさって生活している人がいるほど。

で、日本のお話。ここ15年でコンビニの様子はがらっと変わりましたね。
飲み物の棚はペットボトルばかりです。
そんななか、このたびRドロップスというくりかえし使えるリターナブルびんが開発されました。
f0157115_3451646.gif
f0157115_441598.jpgかわいいペンギンのデザイン。
これからアンケートで消費者の意見を聞き、それをもとに飲料メーカーにあたるらしいので、販売まではもう少し待つことになりそうです。でも、待っているだけでなく、みなさんもちょっと影響を与えてみませんか?1月末まで、このびんに何をいれたいかというアンケートをウェブサイトで実施しています。

私には、環境負荷や資源の問題だけではなく、飲み物によっては飲み口が大切です。なので、同じ飲み物がPETでなくびんで出まわれば、断然そちらを選ぶでしょう。

ちなみに、私が日本で愛用していたのがアサヒスーパードライのリターナブルびんのビールです。湯上りなどにちょっと飲みたい時にちょうどよく、お店に持っていって「え?返びん?いくらだっけ?」という店の人の反応などをみるのも楽しみのひとつでした。
[PR]
by yumikov | 2007-12-14 04:05 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧