ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

気候アクションデー@ベルリン

12月8日の国際気候アクションデー。ドイツでは約80団体が参加する気候連盟(Klima Allianz)の主催でベルリンとノイラートの2箇所で実施されました。

ベルリンのデモは14時に、ベルリン大聖堂の前からスタートしました。
1時間ほど前から、ベルリン大聖堂前の公園は数十台のパトカーに囲まれ、続々と参加者が集まってきました。
f0157115_22164855.jpg
道を挟んで反対側には、この時期限定の観覧車とクリスマスの市がたち、観光客や家族連れで賑わっていて、物々しい警官隊と相まってなんともいえない雰囲気です。
f0157115_2218569.jpg
今回大人気はペンギンのコスチューム。上は、FoEヨーロッパ青年部の家をなくしたペンギン。1夜づけで作ったとは思えません(笑)。左下のペンギンの発電講座も見ものでした。右下はドラムに合わせて踊るペンギン。BUND青年部のかっぱとジャケットの手抜きペンギンに、Grüne Ligaのちょっと怖いペンギン。
f0157115_22244883.jpg
f0157115_22253443.jpg
デモの一行はウンター・デン・リンデンを進み、フリードリヒ通りを右に曲がって、シュプレー川に沿って練り歩いてブランデンブルク門の西側に到着。
f0157115_22561173.jpg
ブランブルク門の正面に仮設舞台が設置され、参加団体のブースで囲まれています。目立つのはやはりグリーンピース。G8以来の雪だるま。本物の氷で作ったホッキョクグマ(Eisbär)、うまいなぁ。浮き輪のついた地球のバルーンを持っているのは、大学の仲間でした。彼女は現在は学校の教員ですが、グリーンピースでアクティブに活動していて、将来は仕事としてやってゆきたいとのこと。
f0157115_2226229.jpg
BUNDはBUNDミュンヘン、BUNDボンなど各支部が結集?と思いきや、BUNDバリ、BUND北極などの看板も・・・??2006年にフィフティ・フィフティのシンポジウムで日本に招待した気候バルーンも活躍です!(右下)
f0157115_2227411.jpg
参加団体からのメッセージの後、ヒップホップやレゲエのバンドのライブがあり、ヴァンダナ・シヴァが登場したのは16時過ぎでした。
f0157115_22572846.jpg
彼女のスピーチは20分ほどでしたが、とても惹きつけられるものがありました。「手っ取り早くお金で問題解決して責任を回避しようとしている」と、排出量取引きの優先を明確に非難し、「インドもドイツも民主主義だが、人民の人民による人民のためのはずの民主主義が、企業の企業による企業のための民主主義になっているのではないか。」と真の民主主義を訴えると拍手が鳴り止みませんでした。17時半頃には舞台のプログラムが終わり、主催者が用意した青い提灯に火を灯し、ゆらゆら揺れる青い光を見ながら、参加者みんなで首相官邸まで5分ほど歩きました。
f0157115_22583859.jpg
官邸では政府関係者に気候問題解決のためには石炭火力発電所の新設ではなく抜本的な政策が必要であるという要請文を届けて、提灯を灯したまま皆家路につきました。主催者側によれば、予想をはるかに上回る5,000人がデモに参加したとのこと。
f0157115_2230598.jpg
街がクリスマスに彩られるなか、気候アクションデーのデモは終了しました。
[PR]
by yumikov | 2007-12-09 22:41 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧