ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

電気を点けよう(でも正しくね!)

昨日は電気を消すイベントの案内をしました。
今日は電気を点けるイベントの案内です。
f0157115_22312491.jpg

森林保護団体Robin Woodをはじめとする市民団体が、5分間のライトダウンイベントに対抗して、今度は正しく電気を点けようというイベントを企画しました。

「5分間電気を消すくらいで環境を守ってるつもりになるな!」
というのが趣旨のようです。

これはけして個人に向けたものではありません。
たとえば、消灯イベント主催のBILDが環境問題に取り組みだしたのはいいけれど、これだけで環境にやさしい企業としての顔を売る(グリーンウォッシュ)なという反発や、イベントに参加を表明している大手車メーカーに石炭火力発電所の新たな建設計画があるのはどうなのかという反発を、主催団体は表そうとしているようです。

それで、主催側が具体的に国民に呼びかけているのが、次の5つ。

1. 消灯してる5分の間に、電気を食う電球から省エネランプに切り替えよう。
2. ふたたび電気を点けたら、グリーン電力への申込書に記入しよう。
3. デモに参加しよう。
4. メルケル首相に、気候変動問題でもっとがんばるよう応援メッセージを送ろう。
5. BILDの編集長に消灯イベントの主催のお礼を書いて、次のステップに進んでくれるよう励まそう。

おかしくって涙が出ます。
ウェブサイトにはちゃんとグリーン電力への申し込みフォームへのリンクが貼られているし、ロゴからウェブサイトの構成まで消灯イベントそっくりのパロディで、ここまでして大丈夫?と思ってしまいます。(3日の記事「8日はキャンドルナイト?」と比べてみてください。)でも団体同士の横のつながりもあるんだろうな。

主催は以下。
die tageszeitung(taz)、南ドイツ新聞の若者のプラットフォーム jetzt.de、自然保護連盟(NABU)、attaccampactRobin WoodGrüne Liga、『Wir Klimaretter』の著者。
[PR]
by yumikov | 2007-12-04 22:34 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧