ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日本政府、国際的な排出枠の購入をスタート

日本政府がハンガリーとの排出量取引きを決め、交渉に乗り出すそうだ。

2008年の京都議定書の約束期間突入を目前にし、日本政府の焦りがついに国民の目に見えるかたちとなった。

6パーセント削減の目標達成が絶望的な日本。それを税金を使って排出量に余裕のある外国から排出枠を買って相殺しようというもの。日本で削減できないので、排出枠をお金で買って日本で「削減したことにしよう」ということ。

日本が国際的な排出量取り引きに臨むのはこれが初めて。
国内での排出量取引きは一向に進んでおらず、環境NGOなどからは急務であると指摘されている。一方、旧共産圏国などの余剰排出枠は経済活動の一時停滞によるもので、「温室効果ガス削減の実態が伴わない」という懸念がある。

かかる費用は、CO2換算で最大1000万トン分で200億円とのこと。
その負担は税金として国民に。

さて、日本政府はできるだけの削減努力はしたのだろうか?

毎日新聞 2007年11月26日 東京夕刊
asahi.com
環境NGOの要請 「6%削減を担保する京都議定書目標達成計画の見直しを!」
[PR]
by yumikov | 2007-11-27 20:12 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧