ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

原子力発電所を考古学的に撮った映画『Unter Kontrolle』

今年のベルリナーレで観る予定が、息子の急病でドタキャンした映画『Unter Kontrolle』(英訳するとunder control)の上映が始まったのでようやく観てきました。

このドキュメンタリーではドイツ各地とオーストリアの原発施設を次々とめぐります。

私も4月に訪れたグローンデ原発から始まり、福島原発後の措置で1号機が停止となったフィリップスブルク原発、東西ドイツ分断時代に東ドイツぎりぎりに建てられた放射性廃棄物貯蔵地モアスレーベンの地下、旧東にあり廃炉となったがいまだ解体作業の続くグライフスヴァルト原発、運転前にあえなく廃炉となって今は遊園地となっているカルカー高速増殖炉、同じく完成したものの国民投票で操業ストップとなったオーストリア最初で最後の原発ツヴェンテンドルフ原発などなど。

「原子力の考古学」という副題がついたこの映画、一世紀前の機能美というかテクノロジーや建築美といったものを描いているということで話題になっていました。「ユートピアは現実によって挽回された」。皮肉にも今このタイミングでの公開です。トレーラーはこちらから。未来から撮ったようなこの映画、日本でこそ多くの人に観てほしいと思ったし、20年後にもう一度、息子と一緒に観てみたいと思いました。

ところでオーストリアのツヴェンテンドルフ原発は、現在はドイツなど外国の原発作業員研修に使われているとは聞いていたけれど、2年前になんと太陽光発電所に生まれ変わったそう!外壁などにソーラーモジュールを搭載。そして福島第一原発と同時期(70年代初頭)に建てられ構造も同じ沸騰水型軽水炉で、安全に見学できるということからメディア対応に追われているそうです。放射線よりも太陽光を浴びようというのがオーストリアの選択。
[PR]
by yumikov | 2011-06-29 05:07 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧