ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ドイツの航空税導入と国際連帯税

ドイツ移住者には痛いお知らせですが、ドイツ政府はいよいよ航空税導入に踏み切るようです。まだ正式決定していないのでネーミングも航空税、航空券税と、どうなるかわかりませんが。

2011年から8ユーロ、25ユーロ、45ユーロと、フライトの距離に合わせて3段階での徴収。ドイツ発フライトが対象で、9月に政府が導入決定した時点から既に対象になるため、今後購入する場合は課税されます。

日本でも先日のミレニアム会合を契機に国際連帯税に着目して、まず航空券税をという動きにまさに今なっているようですね。

asahi.com 貧困・温暖化対策へ国際連帯税検討 政府、航空券税想定

NHKニュース “国際連帯税”議論本格化へ

なのでドイツの航空税についてまだリサーチ不足ですがアップします。

ドイツ政府は航空税により年間10億ユーロの税収を期待しており、フライト抑制効果も期待できエコロジーだと主張していますが、国家債務をなんとか減らしたいというのが本音のようです。世界の貧困問題のために国際連帯税をつくろうという議論が進むなか、これは世界で反発を買わないのでしょうか?

ところで、政府は当初はフライト距離2.500kmまで13ユーロ、26ユーロを考えていました。それが上記のように決まったのは、個人的にはちょっと不服です。政府は長距離フライトの環境負荷が高いからと負担額を高く設定していますが、環境対策として考えるなら近距離でのフライト利用を減らすことを優先すべきだと思います。長距離フライトは他の手段で代替することは難しいですが、近距離では電車やバスなど代替手段はいろいろあるからです。陸続きの移動ならなおさら。

たとえば国内移動を飛行機でする場合、8ユーロ+8ユーロと16ユーロが余分にかかります。フライトが16ユーロ値上がりするから電車で行こうという人はどれくらいいるでしょうか。当初の額では13ユーロ+13ユーロですから26ユーロでした。26ユーロのほうが影響が高いのは明らかです。

ドイツでの乗り継ぎ便には影響はないのかしら?たとえばベルリンからフランクフルト軽油で日本にいく場合は、2回ドイツから飛ぶので8ユーロ+45ユーロになるのでしょうか??それとも45ユーロ?

ドイツ南部からはチューリッヒ、西部からはブリュッセルやアムステルダムに出て、そこから飛ぶ人も出てくるだろうという見方もあります。でもそれでコストも時間も節約になるのかな?

この航空税導入に航空会社や旅行会社はもちろん反対しているのですが、いろいろな意見があります。

「エコノミーがファーストクラスとビジネスと同じ税金を払わねばならないのは不公平。」
→すでに航空券税を導入しているフランスではエコノミーとビジネスではビジネスのほうが負担が多いそう。

「チケット代金の何割ではなく、一律料金は不公平。格安チケット購入者のほうが負担が高くなる。」
→うーん、これはどうなのかな??格安チケットは電車で行きやすいような近距離への利用者が多い気がするので、電車へ切り替えて(戻って)くれればいいかな。

「航空税の代わりに灯油税を導入しろ。税収も得られるし、エコファクターもある。」

このドイツの航空税は長期的なものでもなさそうです。EUの排出権取引が航空部門に拡大されれば(2011年からEUの範囲内にて、2012年からは国際便も対象に)、この航空税の税率は下げられるだろうとのこと。でもどれくらい下がるかはまだわかりません。国際連帯税の議論が世界で進んでいずれはそれに統合されるかたちになるのかしら??

いちコンシューマーとしての発想に戻りますが、「あぁ、こうして一時帰国のハードルがさらに高くなるな・・・」とため息がでます。家族での一時帰国はそれだけで大変な出費。3人家族で軽く1万5千円以上負担が増えるわけです。環境負荷のこともあるので、それを相殺すべくも日頃の生活には気を配っているけれど、航空税の発想自体はよいことだけれど、直に影響を受ける身としては痛い話です。。。
[PR]
by yumikov | 2010-09-27 06:22 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧