ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

風車のある風景

f0157115_23162080.jpg
ドイツでよく見る光景だけれど、実は四国カルストです。カルスト(Karst)というのはもともとドイツ語で、石灰岩など岩石でできた大地が侵食されてできた地形のことを指すそうな。石灰岩があちこち地表に見えています。
f0157115_4344385.jpg
高知市内でレンタカーを借りたときにスノータイヤが欲しいか訊かれ、「ご冗談でしょう?サクラサク3月末ですよ?」と思った私たちが馬鹿でした。天狗高原はうっすら白いではありませんか。四国カルストのある標高1400メートル地点はまんまと路面が凍り付いていて、あたりに計6台くらいが停まり、ブレーキなしで前進すべきだの、戻るほかないだのと相談しています。私たちは地芳峠を抜けて松山方面に抜けたかったのだけれど、結局大きくルート変更を余儀なくされたのでした。
f0157115_36577.jpg
話を風車に戻すと、冒頭の写真に写っているのは日本一高い場所にある風力発電所だそう。高知県全体では40基ほど風車があるそうですが、これは都道府県の中では真ん中くらいの位置に相当します。

世界規模で見ると日本は2009年のレポートで第13番目です。もっと少ないのかと思ったというのが私の感想。1位はアメリカ、2位が中国、そして3位がドイツ。アメリカと中国がドイツを抜いて近年でぐぐっと首位に躍り出たようです。ただ設備容量で見たものですから、人口比で考えると風力発電がもっとも盛んなのはドイツだと言ってよいと思います。
f0157115_438632.gif
世界における風力発電の総設備容量

(図:NEDOホームページより、出典:GWEC, Global wind 2009 Report)
f0157115_4455480.jpg
これも四国ですけどドイツで列車に乗ったりするとこのような光景によく出会います。日本でも風力発電が「あっ」と目を引かないほど馴染みあるものになってくれたらよいのですが。
[PR]
by yumikov | 2010-09-01 05:11 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧