ベルリンからローカルな環境政策や草の根NGO・市民活動、サステナブルな暮らしなどをレポート。


by yumikov

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

10万人の人間の鎖

事件発生で色々と振り回されてた今日この頃。
昼下がりにラムスブロイのヴァイツェンを飲んだらちょっとすっきりした。やっぱり投げやりになっちゃいけないなと思わせてくれる美味しいビールと友よ、アリガトウ。

さて、今日はいよいよ全国規模の大きな反原発デモが行われた。
明後日4月26日はチェルノブイリ原発事故の24年後。

ドイツ各地からかけつけた10万人以上の人々でブルンスビュッテルからクリュンメルまでを結び、127キロメートルの道のりを人間の鎖でつなぐことに成功!平和でお祭りのようなデモだった、とTagesschauも報じている。
f0157115_456298.jpg
(写真出典:Reuters)

10万人の人が集まるというのはモノスゴイこと。それほど多くの国民が脱原発の先送りに問題意識を持っているということだ。今回の人間の鎖は、1983年にNATOの軍備増強に反対した市民がシュトゥットガルトとノイウルムの間で作られた以来の規模だという。

こないだ日本に帰った際に古本屋で見つけた本『ドイツの森番たち』。テーマは森と思いきや、予想に反して原発についての本だった。原発の本質的な問題がドイツと日本を比べてわかりやすく書かれているだけでなく、それぞれの立場の人が生の言葉で語っていて、橋口譲二さんの写真がその地に誘ってくれるので、なんだか旅行記や物語を読み進めているようにあっという間に読んでしまった。

この本の中で広瀬隆さんはドイツの世論調査から民意を分析している。この世論調査は1993年に雑誌シュピーゲル誌が行ったものだが、賛成でも積極的な推進派なのか、現状の電力維持ゆえの原発賛成なのか、反対でも15年以内に廃止なのか、即時全面廃止なのか、と分けていて、本当の原発推進派は当時で既に9%しかいなかったことを指摘している。
この世論調査から17年後の今回のデモは、原発を廃止することをやめるのに反対という意味での反対。そのためのデモにまで参加する人が10万人以上。やっぱりすごい数だと思う。

人間の鎖の難しいところは、まんべんなく各所で人が必要なところだと言う。そのため、ベルリンやハンブルクなど大きな都市からは特別列車が出て、ドイツ各地から240本のバスが走り、124ヶ所のポイントに人を集めた。これによって住民の少ないシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州でも無事に鎖をつなげることができたというから、オーガナイズ側の手腕には感心する。各都市で行われた景気づけデモの失敗も生かされているのだろう。(ベルリンのデモでもメガフォンが1個しかなくて、自転車でお兄さんが駆け回っていたし・・・)

こんな楽しそうなデモ。
やっぱり子どもを置いてでも連れてでも出かければよかったかな。
[PR]
by yumikov | 2010-04-25 05:00 | 環境のこと

最新の記事

今後はウェブサイトでお会いし..
at 2011-12-18 22:01
東京FMでドイツのエネルギー..
at 2011-11-09 10:31
グローバルネット記事『“市民..
at 2011-11-04 15:10
さよならベルリン
at 2011-10-25 22:12
グローバルネット記事『都会の..
at 2011-08-24 17:04

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
more...

タグ

(68)
(63)
(49)
(31)
(29)
(28)
(27)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(12)
(12)
(9)
(7)
(5)
(3)

検索

リンク&お知らせ

プロフィールはこちら

月刊環境情報紙グローバルネットにて”ベルリン発サステナブルライフ考”連載中。(2010年5月号〜)

NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)のドイツ地域レポーターをやっています。

ご意見・感想、叱咤激励もお気軽に。
email: yumikov (at) excite.co.jp

写真・記事等、転載ご希望の際はご一報ください。copyright©2007 yumikov all rights reserved.

●リンク●
フリードリヒスハイン周辺map

auf deutsch

「東北関東大震災」支援クリック募金

Stop

一日1クリックで 砂漠緑化に協力しよう

hejdagmo.se

フィフティ・フィフティ

ライフログ

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱

グローバルな正義を求めて

未来は緑―ドイツ緑の党新綱領

市民・地域が進める地球温暖化防止

最新のトラックバック

キャンプ場調査報告
from キャンプ場
ポツダムの地ビールBra..
from 自転車旅行@cyclingl..
Itinerary (I..
from Life is beauti..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧